偏頭痛の5つの治し方!即効で痛みを緩和させる方法!

 

このページでは、"偏頭痛の治し方"について詳しく見ていきましょう。

特に偏頭痛は"若い世代の女性"に急増していると言われており、その数は"男性の4倍以上"というデータも出ているようです。

中には、『自分の頭痛が偏頭痛なのか分からない!』という方も多いと思いますので、まずは以下の"関連記事"を参考にして、今起きている自分の頭痛の種類をしっかり見極めてください。

 

関連記事

頭痛の主な原因6つ|あなたのタイプはどれ?

2017.11.15

 

偏頭痛の特徴

 

偏頭痛の症状

 

偏頭痛の症状

頭部・こめかみ部分の片側、もしくは両側が脈を打つように『ズキンズキン』『ガンガン』と痛む。

 

偏頭痛の症状は『ズキンズキン』『ガンガン』と脈を打つように痛みが起こるというのが特徴的です。

さらに、偏頭痛は"吐き気・嘔吐"を伴う場合もあるだけでなく、症状が悪化してしまうと"動けなくなるほどの痛み"に襲われることもあります。

 

偏頭痛の頻度

 

偏頭痛の頻度
  • 月に1~2回の頻度
  • 多い人は週1~2回の頻度で起こる

 

偏頭痛は月に1~2回の頻度、多い人は週1~2回の頻度で症状が起こります。

さらに、偏頭痛は"4~72時間以上"も症状が続く場合がありますので、人によっては3日間以上も偏頭痛の痛みと闘わないといけないことも少なくありません。

 

偏頭痛の前兆

 

偏頭痛の前兆
  • ほとんどなし

 

偏頭痛は"前兆がほとんどない"と言われていますので、偏頭痛に悩まされる多くの方が"急に症状が起こる"という状態です。

しかし、中には"視界の一部が見えにくい・目の前にチカチカとした光が現れる"などの前兆が起こる場合もあるようです。

 

偏頭痛の原因

 

偏頭痛の原因
  • ストレスの溜め過ぎ
  • 睡眠不足
  • 寝すぎ
  • 空腹
  • 疲労
  • ホルモンバランスの乱れ

 

先程もお伝えしましたが、偏頭痛は"若い世代の女性"に急増しており、さらに"偏頭痛の原因"は人によって大きく異なります。

より効率的に偏頭痛の症状を治すためには、まずは"あなたの偏頭痛の原因"をしっかり見極めて、その原因に合う治し方を行う必要があります。

特に『自分の偏頭痛の原因が分からない!』という方は、今の内にあなたの偏頭痛の原因をしっかり見極めましょう。

 

偏頭痛の5つの治し方

 

偏頭痛の治し方①『患部を冷やす』

 

基本的に頭痛の症状は"患部を温める"ことで痛みを和らげることができるのですが、偏頭痛の場合は"患部を冷やす"ことで痛みを緩和することができます。

そもそも、偏頭痛は"脳の血管が拡張"が原因で症状が起こりますので、患部を温めてしまうと、それによって偏頭痛の症状を悪化させてしまう恐れがあります。

しかし、急激に患部を冷やしたり、長時間冷やしてしまうと、それによっても"偏頭痛の症状の悪化"に繋がります。

特に外出中は患部を冷やすのが難しいと思いますので、その場合は"冷たいペットボトル・冷たい缶ジュース"を代用してみてください。

 

偏頭痛の治し方②『カフェインを摂る』

 

先程もお伝えしましたが、偏頭痛は"脳の血管の拡張"が原因で症状が起こります。

そのため、逆に血管を収縮させる働きを持つ"カフェイン"を摂るのも非常に効果的です。

しかし、中には"体質的にカフェインが合わない方"も多いと思いますので、その場合は無理にカフェインを摂らずに、他の偏頭痛の治し方を試してみてくださいね。

 

偏頭痛の治し方③『適度な運動』

 

偏頭痛が頻繁に起こるという場合は、"適度な運動"を積極的に行って、偏頭痛の予防を目指しましょう。

あなたは日々の生活の中で"運動"を行っているでしょうか?

先程もお伝えしましたが、偏頭痛は"ストレス"が原因で症状が起こるケースが多く、特に現代は"ストレス社会"と言われていますよね。

適度な運動は"ストラス解消・肩こり&首こりの緩和・睡眠不足の解消"などの嬉しい効果が期待できますので、まずは"ウォーキング・ジョギング"などの軽い運動を始めてみてはいかがでしょうか。

 

偏頭痛の治し方④『アロマテラピー』

 

先程もお伝えしましたが、偏頭痛は"ストレス"が原因で症状が起こるケースが非常に多いと言われています。

ですので、日々の生活の中でストレスを溜め込んでいる方は"アロマテラピー"などのストレス解消法を積極的に実践してみてください。

アロマテラピーは"医療の現場"で使用されているほど、非常に強力な"リラックス効果"が期待されています。

 

関連記事

超おすすめのアロマオイルの使い方3つ

2017.03.01

 

偏頭痛の治し方⑤『ツボ押し』

 

先程もお伝えしましたが、偏頭痛は"前兆がない"というのが非常にネックですので、いつどんな状況の時に偏頭痛の症状が起こるのか予測することができません。

そのため、中には"外出中・仕事中・授業中"に偏頭痛の症状が起きてしまった経験がある方は多いと思います。

そこで、あなたの好きな時に好きな場所で直ぐに偏頭痛の症状を和らげることができるのが"ツボ押し"なんです。

ツボ押しは"ツボを押すだけ"で偏頭痛の緩和をしてくれますので、偏頭痛の症状が起きてしまった時は"以下の3つのツボ"を押してみてください。

 

偏頭痛に効くツボ①『百会(ひゃくえ)』

by www.youtube.com

百会の場所
  • 頭頂部の中心
百会の効果
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 眼精疲労
  • 自律神経の調整

 

偏頭痛に効くツボ②『風池(ふうち)』

風池の場所
  • 首の後ろの髪の毛の生え際
風池の効果
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 首こり
  • 鼻づまり
  • のぼせ

 

偏頭痛に効くツボ③『合谷(ごうこく)』

by www.youtube.com

合谷の場所
  • 親指と人差指の骨が交わる部分
合谷の効果
  • 頭痛
  • 首こり
  • 肩こり
  • 精神不安

 

頭痛の症状に効果的なツボに関しては、以下の"関連記事"で詳しくご紹介しています。

そちらも併せて、ぜひご覧になってみてください。

 

関連記事

頭痛を和らげる13のツボ

2017.11.25

 

偏頭痛の時に絶対にやってはいけないこと

 

以下では、"偏頭痛の時に絶対にやってはいけないこと"について詳しく見ていきましょう。

先程もお伝えしましたが、偏頭痛は"脳の血管の拡張"が原因で症状が起きてしまいます。

つまり、偏頭痛の時に脳の血管を拡張させる行為をしてしまうと、さらに偏頭痛の症状を悪化させてしまうことに繋がります。

 

脳の血管が拡張する原因
  • 寝過ぎ
  • 空腹
  • 飲酒
  • 長風呂

 

上記は脳の血管を拡張させる行為ですので、偏頭痛の症状が起きている時は出来るだけ避けるようにしてください。

 

まとめ

 

このページでは、"偏頭痛の治し方"について詳しくご紹介しました。

今現在、偏頭痛の症状が頻繁に起こると悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

前のページ

【種類別】頭痛の治し方6選

2017.11.23

次のページ

頭痛を和らげる13のツボ

2017.11.25