こめかみの痛みを伴う頭痛の原因と対処法

 

このページでは、"こめかみの痛みを伴う頭痛の原因と対処法"について詳しく見ていきましょう。

今現在、こめかみの痛みを伴う頭痛でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

こめかみの痛みを伴う頭痛の種類

 

こめかみの痛みを伴う頭痛①『偏頭痛』

 

偏頭痛の特徴

頭部・こめかみ部分の片側、もしくは両側が脈を打つように『ズキンズキン』『ガンガン』と痛む。頭痛の症状が"4~72時間以上"も持続する。

 

片側のこめかみ、もしくは両側のこめかみが脈を打つように『ズキンズキン』『ガンガン』と痛む場合は、もしかすると"偏頭痛"の可能性があります。

当サイトでは、『偏頭痛の原因と治し方』を以下の"関連記事"で詳しくご紹介していますので、そちらの方も併せてご覧になってみてください。

 

関連記事

偏頭痛の原因は食べ物?偏頭痛を招く意外な食材5つ

2017.11.29

偏頭痛の5つの治し方!即効で痛みを緩和させる方法!

2017.11.27

 

こめかみの痛みを伴う頭痛②『緊張型頭痛』

 

緊張型頭痛の特徴

両側のこめかみが何かに締め付けられるように痛みが生じる。スマホ・パソコンの長時間作業の後、車の運転を長時間行った後に起こりやすい。

 

特に"長時間のデスクワークの後・長時間の車の運転の後"に、こめかみの痛みを伴う頭痛の症状が起きるという場合は、もしかすると"緊張型頭痛"の可能性があります。

日々の生活の中で長時間のデスクワークや長時間の運転をされている方は、以下の"関連記事"を参考にしてみてください。

 

関連記事

~準備中~

 

こめかみの痛みを伴う頭痛の原因

 

こめかみの痛みを伴う頭痛の原因①『肩こり』

 

日々の生活の中で"肩こり・首こり"などの症状が頻繁に起こるという方は、それこそがこめかみの痛みを伴う頭痛の原因になっているのかもしれません。

特に"肩こり""頭痛"は非常に深い関係があると言われており、先程の"緊張型頭痛"の最大の原因は、まさに肩こりです。

デスクワークで長時間同じ姿勢を続けることが多いという方、"スマホ・パソコン"を長時間使用するという方は、以下の"関連記事"も併せてご覧になってみてください。

 

関連記事

肩こり&首こりに効く7つのツボ

2017.06.17

肩こりさよなら!1分で肩こりが解消する魔法のストレッチ

2017.06.11

 

こめかみの痛みを伴う頭痛の原因②『目の疲れ』

 

先程の『肩こり』と同じく、"目の疲れ"が原因でこめかみの痛みを伴う頭痛が起きてしまうケースも少なくありません。

特に"スマホ・パソコン"を長時間使用していると、次第に目の周りの筋肉が凝り固まってしまい、それによって"緊張型頭痛""眼精疲労"などの症状を招いてしまいます。

さらに、"メガネ・コンタクト"が合っていない場合も、目に非常に大きな負担を掛けてしまいますので、思い当たる節がある方は早急に対応をしてください。

 

関連記事

失明の危険を防ぐ!カラコンの安全な付け方&外し方について

2015.03.28

 

こめかみの痛みを伴う頭痛の原因③『睡眠不足』

 

"睡眠不足"が原因でこめかみの痛みを伴う頭痛が起きてしまうケースは非常に多いです。

睡眠不足は"脳の血管"を緊張させてしまうため、それによって脳の血液の流れが悪くなってしまい、最終的に"頭痛"の症状を引き起こしてしまいます。

さらに、睡眠不足は頭痛だけでなく、その他にも"様々な病気やトラブル"を招いてしまいますので、注意しましょう。

 

こめかみの痛みを伴う頭痛の原因④『寝過ぎ』

 

先程の『睡眠不足』と反対に、"寝過ぎ"が原因でこめかみの痛みを伴う頭痛が起きてしまう場合もあります。

あなたは休日にお昼頃まで寝てしまったり、昼寝を長くとってしまうことはありませんか?

寝過ぎは脳の血管を"拡張"させてしまい、それによって血管の周りの神経を刺激し、最終的に頭痛の症状を引き起こします。

 

関連記事

眠い時はツボ押し!眠気が取れない原因&眠気を覚ます方法3選

2015.05.03

 

こめかみの痛みを伴う頭痛の原因⑤『ストレス』

 

さらに、こめかみの痛みを伴う頭痛は"ストレスの溜め過ぎ"が原因で起こってしまうケースもあります。

あなたは日々の生活の中で"ストレス"を溜め込んでいませんか?

私たちはストレスを感じると、脳が緊張してしまい、それによって血管を"収縮"させてしまいます。

これは"偏頭痛"の非常に大きな原因になりますので、特に偏頭痛持ちの方は注意したいですね。

 

関連記事

偏頭痛の原因は食べ物?偏頭痛を招く意外な食材5つ

2017.11.29

偏頭痛の5つの治し方!即効で痛みを緩和させる方法!

2017.11.27

 

こめかみの痛みを伴う頭痛の対処法

 

こめかみの痛みを伴う頭痛の対処法①『冷やす』

 

こめかみの痛みを伴う頭痛の原因が"偏頭痛"の場合は、患部を"冷やす"ことで比較的短時間で症状を緩和させることができます。

そもそも、偏頭痛は脳の血管の拡張が最大の原因ですので、逆に血管を冷やして"収縮"させてあげることで症状を抑えることができます。

例えば、冷たいタオルで痛い部分を冷やしてあげたり、外出中の場合は冷たいペットボトルや缶ジュースを上手く利用しましょう。

しかし、この方法はあくまでも"偏頭痛"の方に効果的ですので、あなたの頭痛の症状が偏頭痛の場合のみ実践してください。

 

こめかみの痛みを伴う頭痛の対処法②『温める』

 

こめかみの痛みを伴う頭痛の原因が"緊張型頭痛"の場合は、患部を"温める"ことで症状を和らげることができます。

先程の『偏頭痛』は脳の血管の拡張が最大の原因でしたが、緊張型頭痛は"筋肉の緊張"が原因ですので、その部分を温めて凝りをほぐしてあげることで、次第にこめかみの痛みを伴う頭痛の症状が緩和されてきます。

このように、『偏頭痛』『緊張型頭痛』の対処法は"真逆"ですので、必ず事前にあなたの頭痛の種類がどれなのかしっかりチェックしておきましょう。

 

関連記事

【種類別】頭痛の治し方6選

2017.11.23

 

こめかみの痛みを伴う頭痛の対処法③『カフェインを摂る』

 

こめかみの痛みを伴う頭痛の原因が"偏頭痛"の場合は、"カフェインを摂る"というのも非常に効果的です。

カフェインは"血管を収縮させる働き"がありますので、偏頭痛の最大の原因である"脳の血管の拡張"を解消することができます。

しかし、中には"カフェインが体質的に合わない"という方も多いですので、その場合は無理にカフェインを摂らずに、他の対処法を実践しましょう。

 

こめかみの痛みを伴う頭痛の対処法④『ツボ押し』

 

こめかみの痛みを伴う頭痛の原因が分からないという方、自分の頭痛の種類が分からないという方は、まずは"ツボ押し"を行ってみてください。

私たちの体には"600種類以上"のツボがあると言われており、その中には"頭痛の症状に効果的なツボ"がたくさん存在します。

そこで、以下では"こめかみの痛みを伴う頭痛に効果的な3つのツボ"をご紹介します。

 

おすすめのツボ①『百会(ひゃくえ)』

by www.youtube.com

百会の場所
  • 頭頂部の中心
百会の効果
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 眼精疲労
  • 自律神経の調整

 

おすすめのツボ②『風池(ふうち)』

風池の場所
  • 首の後ろの髪の毛の生え際
風池の効果
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 首こり
  • 鼻づまり
  • のぼせ

 

おすすめのツボ③『合谷(ごうこく)』

by www.youtube.com

合谷の場所
  • 親指と人差指の骨が交わる部分
合谷の効果
  • 頭痛
  • 首こり
  • 肩こり
  • 精神不安

 

この3つのツボだけでなく、その他にも頭痛の症状に効果的なツボはたくさんあります。

『頭痛に効くツボをもっと知りたい!』という方は、以下の"関連記事"も併せてご覧になってみてください。

 

関連記事

頭痛を和らげる13のツボ

2017.11.25

 

こめかみの痛みを伴う頭痛の対処法⑤『ストレス解消』

 

先程もお伝えしましたが、こめかみの痛みを伴う頭痛は"ストレス"が原因で起こってしまうケースが非常に多いです。

ですので、こめかみの痛みを伴う頭痛の症状を引き起こさないためにも、日々の生活の中で"ストレスを溜め込まない"という意識も非常に重要となります。

当サイトでは、"おすすめのストレス解消法・ストレス発散方法"についても詳しくまとめていますので、今現在ストレスを溜め込んでいるという方は"以下の関連記事"も併せてご覧になってみてください。

 

関連記事

即効スッキリ!超おすすめのストレス解消法&発散方法12選

2017.11.11

 

まとめ

 

このページでは、"こめかみの痛みを伴う頭痛の原因と対処法"について詳しくご紹介しました。

ひとくちに『頭痛』と言っても、その中には"危険な病気が隠れている頭痛"もあります。

特に『自分の頭痛の種類が分からない!』という方は、必ず以下の"記事"も併せてご覧になってみてください。

 

関連記事

頭痛い!危険な頭痛の種類と見分け方

2017.11.21