後頭部の痛みを伴う頭痛の原因と対処法7つ

 

このページでは、"後頭部の痛みを伴う頭痛の原因と対処法"について詳しく見ていきましょう。

今現在、後頭部の痛みを感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

後頭部の痛みを伴う頭痛の原因と対処法①『緊張型頭痛』

 

緊張型頭痛の症状

  • 頭痛
  • 頭重感
  • 肩こり
  • 首こり
  • 目の疲れ

 

緊張型頭痛の原因

  • 長時間のデスクワーク
  • 長時間の車の運転
  • 同じ姿勢を長時間続ける
  • ストレス

 

緊張型頭痛の特徴

 

日々の生活の中で"スマホ・パソコン"を長時間使用しているという方は、"緊張型頭痛"が原因で後頭部の痛みが発生している可能性があります。

緊張型頭痛は同じ姿勢を長時間続けたり、デスクワークや車の運転を長時間続けることで、それによって"肩周り・首周りの血行不良"を引き起こし、次第に後頭部の頭痛・肩こり・首こりなどの症状を招きます。

特に現代人はスマホ・パソコンは必要不可欠のアイテムですので、頻繁に後頭部の頭痛が起きるという場合は、これらの付き合い方を見直す必要があるかもしれません。

 

緊張型頭痛の対処法

 

緊張型頭痛が原因で後頭部の痛みが発生している場合は、まずは"肩周り・首周りの血行"を良くしてあげることで、次第に症状が緩和されていきます。

例えば、上の動画のストレッチ方法を行ってみたり、肩周り・首周りを温めるというのも非常に効果的です。

緊張型頭痛の治し方については、以下の"関連記事"で詳しくご紹介していますので、そちらも併せてご覧になってみてください。

 

関連記事

~準備中~

 

後頭部の痛みを伴う頭痛の原因と対処法②『偏頭痛』

 

偏頭痛の症状

  • 脈を打つように痛む
  • こめかみ部分が痛む
  • 頭の片側が痛む
  • 頭の両側が痛む

 

偏頭痛の原因

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 寝過ぎ
  • 空腹
  • 疲労

 

偏頭痛の特徴

 

『ズキンズキン』『ガンガン』と脈を打つように後頭部の痛みが起きているという場合は、"偏頭痛"の可能性が考えられます。

偏頭痛は"脳の血管の拡張"が最大の原因と言われており、脳の血管は"ストレス・空腹・睡眠不足"など、人によって様々な原因によって拡張されてしまいます。

 

偏頭痛の対処法

 

偏頭痛の症状を早く治すためには、まずは"脳の血管の拡張"を抑える必要があります。

例えば、痛い部分を冷やしてみたり、カフェインを摂るなど。

偏頭痛の治し方については、以下の"関連記事"で詳しくご紹介していますので、そちらも併せてご覧になってみてください。

 

関連記事

偏頭痛の原因は食べ物?偏頭痛を招く意外な食材5つ

2017.11.29

偏頭痛の5つの治し方!即効で痛みを緩和させる方法!

2017.11.27

 

後頭部の痛みを伴う頭痛の原因と対処法③『後頭神経痛』

 

後頭神経痛の症状

  • キリキリとした鋭い痛み
  • ピリッと電気が走るような感じ

 

後頭神経痛の原因

  • 肩こり
  • 首こり
  • ストレス

 

後頭神経痛の特徴

 

『キリキリ』とした鋭い痛みや『ピリッ』と電気が走るような感じがある場合は、"後頭神経痛"の可能性が考えられます。

後頭神経痛は"緊張型頭痛"と同時に起こることが多いと言われており、後頭神経痛と緊張型頭痛の原因は非常に似ています。

さらに、後頭神経痛は"くも膜下出血""椎骨動脈解離"の症状と似ていますので、思い当たる節がある方は、早急に病院に受診することをおすすめします。

 

後頭部の痛みを伴う頭痛の原因と対処法④『くも膜下出血』

 

くも膜下出血の症状

  • 激しい頭痛
  • 吐き気

 

くも膜下出血の原因

  • 脳の血管にコブができる
  • 脳の血管のコブが破裂する
  • 血管の破裂

 

くも膜下出血の特徴

 

これまでに経験したことのないような"激しい頭痛の症状"が起きているという場合は、"くも膜下出血"の可能性が考えられます。

くも膜下出血は『後頭部に雷が落ちたような激しい痛み』『バットで頭を殴られたような激しい痛み』と表現されることが多いです。

ちなみに、"脳の血管のコブ(脳動脈瘤)"が破裂してしまうと、生存率は"60~70%程"になると言われていますので、思い当たる節がある方は"救急受診"が必要となります。

 

関連記事

頭痛い!危険な頭痛の種類と見分け方

2017.11.21

 

後頭部の痛みを伴う頭痛の原因と対処法⑤『脳出血』

 

脳出血の症状

  • 頭痛の症状が徐々に強くなる
  • 吐き気
  • 嘔吐

 

脳出血の原因

  • 高血圧
  • 過度の飲酒
  • 食生活の乱れ

 

脳出血の特徴

 

後頭部の痛みが徐々に強くなっているという場合は、"脳出血"の可能性が考えられます。

脳出血は頭痛の症状と同時に、"片方の手足のしびれ・呂律が回らない"などの症状が起こりやすいですので、この場合も思い当たる節がある方は、早急に病院に受診することが非常に重要です。

ちなみに、脳出血の生存率は発症から1ヶ月以内の場合は"84%"と言われており、発症直後の20分以内に病院で正しい治療を受けることができれば、生存率は"90%"に上がると言われています。

 

後頭部の痛みを伴う頭痛の原因と対処法⑥『髄膜炎』

 

髄膜炎の症状

  • 後頭部の激しい痛み
  • 高熱
  • うなじ部分の凝り

 

髄膜炎の原因

  • ウイルス感染
  • 細菌感染

 

髄膜炎の特徴

 

後頭部の激しい痛みに加え、"38~39℃以上の高熱"が出ている場合は"髄膜炎"の可能性が考えられます。

髄膜炎は"体を動かした時・頭を振った時"に後頭部の痛みが強くなるといった特徴がありますので、思い当たる節がある方は早急な対応を行う必要があります。

特に"細菌性の髄膜炎"は治療が遅れてしまうと"命の危険"に関係しますので、早急に病院で受診をすることをおすすめします。

 

後頭部の痛みを伴う頭痛の原因と対処法⑦『椎骨動脈解離』

 

椎骨動脈解離の症状

  • めまい
  • 手足のしびれ
  • 目の前が真っ暗になる

 

椎骨動脈解離の原因

  • スマホ・パソコンの長時間使用
  • 首の骨を鳴らす

 

椎骨動脈解離の特徴

 

日々の生活の中で"スマホ・パソコン"を長時間使用していたり、"首の骨を鳴らす癖"がある方は"椎骨動脈解離"の可能性が考えられます。

椎骨動脈解離は"スマホ首・テキストネック・ストレートネック"の方に急増しており、まさに現代人が注意すべき病気の1つと言っても過言ではありません。

 

まとめ

 

このページでは、"後頭部の痛みを伴う頭痛の原因と対処法"について詳しくご紹介してきました。

特に"緊張型頭痛・偏頭痛以外の5つの原因"は、どれも早急に病院で正しい治療を受ける必要があります。

というよりも、普段と違う後頭部の痛みや頭痛の症状が現れてしまった場合は、出来るだけ信頼できる医師の診察を受けるという意識を持っていた方が安全です。

 

前のページ

頭痛の主な原因6つ|あなたのタイプはどれ?

2017.11.15

次のページ

頭痛い!危険な頭痛の種類と見分け方

2017.11.21