乳首がかゆい!その原因と対処法について

 

このページでは、"乳首のかゆみの原因と対処法"について詳しくご紹介しています。

今現在、『乳首がかゆい!』と悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

乳首のかゆみの原因

 

1.乳首の乾燥

 

乳首のかゆみの原因として、まず最初に考えられるのが"乳首の乾燥"です。

当然ですが、乳首も皮膚の一部ですので、他の皮膚と同じように"乾燥"が起こります。

乾燥は皮膚に"刺激"を与えてしまうため、それによって"乳首のかゆみ"が起こっているというケースは少なくありません。

特に人間は年齢を重ねるに連れて、"皮膚の水分保持力"がどんどん低下してしまいます。

そのため、乳首のかゆみだけでなく、全身の皮膚のトラブルを解消するためには、日々の生活の中で"皮膚の潤いを保つ"ということが非常に大切です。

 

2.ブラジャーのサイズが合っていない

 

特に女性の場合。

日々の生活の中であなたが身に着けている"ブラジャーのサイズ"は、あなたの体にしっかりと合っているでしょうか?

自分の体のサイズに合っていないブラジャーを身に着けていると、それによって乳首付近に"摩擦""蒸れ"などの刺激を与えてしまいます。

特にブラジャーを外した時に、自分の体に"ブラジャーの跡"が残っているという場合。

自分の体のサイズに合っていないブラジャーを身に着けているという証拠になりますので、思い当たる節がある方は早急に対応しましょう。

 

3.乳首の汚れ

 

あなたは入浴時に体を洗う際に"乳首付近"をしっかりと洗えているでしょうか?

乳首のかゆみの原因として、"乳首付近が汚れている"というのも十分に考えられます。

特に乳首が"埋没"しているという方は、乳首付近に"汚れ・バイ菌"が溜まりやすいだけでなく、それらの汚れを落としにくいという特徴があります。

さらに、乳首の汚れは"炎症"などの皮膚トラブルを引き起こす原因になりますので、思い当たる節がある方は早急に対応するようにしてください。

 

4.ホルモンバランスの乱れ

 

あなたは日々の生活の中で"規則正しい生活習慣"を意識しているでしょうか?

先程もお伝えしましたが、乳首のかゆみは"皮膚の乾燥"が非常に大きく関係しており、皮膚の乾燥は"ホルモンバランスの乱れ"によって引き起こってしまいます。

特に現代人は"食生活の乱れ・運動不足・睡眠不足"などの生活習慣の乱れが非常に顕著に現れていますよね。

『この頃、やけに乳首がかゆい』と悩んでいる方は、まずはあなたの最近の生活習慣を見直してみるということも非常に重要です。

 

5.乳腺の異常

 

特に"生理の前後"に乳首がかゆくなるという場合は、乳腺症などの"乳腺の異常"が原因になっているのかもしれません。

乳腺症の主な症状は"胸のしこり・胸の痛み"と言われていますが、中には"乳首のかゆみ"を訴える方も多いようです。

さらに、"乳腺炎"という病気もあり、こちらも胸の痛みと同時に"乳首のかゆみ"が起こることもあるのだそう。

特に乳腺症は"30代後半~閉経期"の女性に多い病気と言われていますので、心配な方は早急に医師の診察を受けるようにしましょう。

 

6.乳がん

 

フリーアナウンサーの"小林麻央"さん、タレントの"北斗晶"さん、女優の"南果歩"さんなど。

近年、日本女性の"乳がん"の発症は非常に増えており、特に小林麻央さんは乳がんが原因で亡くなられています。

実は乳首のかゆみというのは、"乳がんの症状の1つ"でもあるんです。

もちろん、"乳首のかゆみ=乳がんの証拠"ということにはなりませんが、心配な方は早急に医師の診察を受けるということも大切です。

 

7.妊娠

 

もし、あなたが"妊娠初期"の妊婦さんの場合は、乳首のかゆみの原因は"妊娠"が大きく関係しているのかもしれません。

実は乳首のかゆみは"妊娠初期症状"の1つと言われており、出産後に赤ちゃんに"母乳"を飲ませるために、あなたの乳腺はどんどん発達し、それと同時に胸も大きくなります。

そうすると、乳首付近の皮膚が引き伸ばされるため、それによって"乳首の乾燥""乳首の刺激"を招いてしまい、結果的に"乳首のかゆみ"を引き起こしてしまいます。

 

8.乳首の傷

 

例えば、赤ちゃんに母乳を飲ませる時に乳首に傷ができてしまったり、乳首の掻き過ぎが原因で乳首に傷ができてしまうなど。

乳首のかゆみは"乳首の傷"が原因で起こることもあり、特に傷の治りかけは最もかゆみが起こりやすい時期でもあります。

今現在、乳首に傷があるという方は、それこそが乳首のかゆみの最大の原因になっているのかもしれません。

 

乳首のかゆみの対処法

 

1.乳首を保湿する

 

先程もお伝えしましたが、乳首のかゆみは"乳首の乾燥"が原因で起こることが非常に多いです。

ですので、日々の生活の中で"乳首を保湿する"ということを意識してみましょう。

例えば、お風呂上がりに乳首に化粧水や保湿クリームを塗ったり、敏感肌用のボディーソープに変えるなど。

その他にも、加湿器で部屋の乾燥を防ぐというのも、乳首の乾燥の予防に非常に効果的な方法です。

 

2.乳首を清潔にする

 

先程もお伝えしましたが、特に乳首が埋没しているという方は、それこそが乳首のかゆみの最大の原因になっている可能性があります。

ですので、入浴時に体を洗う際に乳首の汚れを念入りに落としたり、乳首に汚れやバイ菌が付かないように心がけるということも非常に大切です。

特に夏の暑い時期は汗をかきやすく、普段以上に汚れやバイ菌が溜まりやすくなっていますので、まずは"常に乳首を清潔に保つ"ということが、乳首のかゆみを効率的に解消するためには欠かせません。

 

3.乳首に触れない

 

そもそも、"かゆみ"というのは、あなたが掻けば掻くほど、どんどん症状が悪化してしまいます。

ですので、最初は辛いかもしれませんが、乳首のかゆみを感じた時は、出来るだけ"乳首に触れない"ということも非常に大切です。

特に乳首は非常にデリケートな部分です。

そのため、強い刺激を与えてしまうと、それによって"乳首の怪我"を引き起こしてしまったり、最悪の場合は"乳首が取れてしまう"ということも考えられます。

 

4.乳首に刺激を与えない

 

先程の『乳首に触れない』と同じように、出来るだけ"乳首に刺激を与えない"ということも非常に大切です。

先程もお伝えしましたが、自分の体のサイズに合わないブラジャーを身に着けていると、それだけで乳首付近に大きな刺激を与え続けることになってしまいます。

 

5.生活習慣を整える

 

より効率的に乳首のかゆみを解消したいという方は、日々の生活の中で"規則正しい生活習慣を心がける"ということも非常に大切です。

先程もお伝えしましたが、乳首のかゆみは"ホルモンバランスの乱れ"が原因で起こってしまうことは少なくありません。

そして、ホルモンバランスの乱れは"食生活の乱れ・運動不足・睡眠不足"が原因で起こってしまいます。

特に食生活の乱れは乳首のかゆみに限らず、その他にも様々な病気やトラブルを招いてしまいます。

『最近、生活習慣が乱れている』と思い当たる節がある方は、まずは"生活習慣を整える"ということから始めてみてください。

 

まとめ

 

このページでは、"乳首のかゆみの原因と対処法"について詳しくご紹介しました。

今現在、特に『乳首がかゆい!』と悩んでいる方は、今回ご紹介した対処法を実践してみてくださいね。

 

関連記事

浜崎あゆみの現在の姿がヤバい!激太り&劣化の原因は!?

2018.03.18

西川史子の現在の姿がヤバい!激痩せの原因は病気!?

2018.03.14

17キロ痩せた!浜田ブリトニーのダイエット方法を徹底解説!

2018.03.12

7キロ痩せた!春香クリスティーンのダイエット方法を徹底解説!

2018.03.10

綾瀬はるかのビューティーコロシアム時代の体重がヤバい!?

2018.03.08