【完全版】白湯ダイエットの効果&正しいやり方

 

このページでは、"白湯ダイエットの効果&正しいやり方"について、詳しくご紹介しています。

今現在、『白湯ダイエットを始めたい!』と思っている方は、今回の記事を参考にしてみてください。

 

白湯ダイエットとは?

 

まずは、白湯ダイエットの簡単な説明を見ていきましょう。

白湯ダイエットは数多くの芸能人が実践しており、女優の深田恭子さんは白湯ダイエットで"マイナス13kg"のダイエットに成功したと言われています。

深田恭子さんといえば、まさに"マシュマロボディ"が人気の秘訣であり、世の多くの男性に高い評価を得ていますよね。

 

 

しかし、深田恭子さんは非常に"太りやすい体質"だそうで、これまでに数多くのダイエット方法を試してきたのだそう。

さらに、深田恭子さんは"甘いもの"が非常に好きだそうで、ダイエットを始める前は朝晩欠かさず"ジュース"を飲んでいたのだとか。

ですが、朝晩のジュースを"白湯"に変えたところ、それだけで"マイナス5kg"のダイエットに成功し、その後も順調に体重を落とすことに成功したそうです。

白湯ダイエットは"白湯を飲むだけ"の非常に簡単なダイエット方法でありながら、それと同時に"本格的なダイエット"を行うこともできるというのが最大の特徴です。

 

白湯ダイエットの4つの効果

 

1.基礎代謝アップ

 

当たり前のことかもしれませんが、白湯を飲むことで、身体の"体温"が高くなりますよね。

そうすると、"基礎代謝""通常の約10%以上"も高くなると言われており、そして"基礎代謝アップ"はダイエット成功の非常に重要な鍵を握っています。

そもそも、ダイエットの基本は"消費カロリーを摂取カロリー以上に増やす"ということであり、そして1日の消費カロリーの約7割は"基礎代謝"が占めていると言われています。

つまり、基礎代謝が高い人は寝ている時も脂肪が勝手に燃えてくれますので、基礎代謝を高くするということは、まさに"痩せやすく太りにくい体質"を手に入れるために絶対に欠かせないことです。

 

2.便秘解消

 

白湯ダイエットは"便秘の解消"に非常に効果的と言われています。

白湯は"余分な成分"が一切含まれていないため、白湯を飲むことで"胃腸を洗浄する効果"が期待できると言われています。

胃腸をキレイな状態に保つということは、まさに"便秘の解消"に絶対に欠かせないことですし、さらに白湯は内臓の冷えを解消し、内臓の働きを高めるという効果も期待できます。

さらに、便秘の症状は"水分不足"が原因で起こることも少なくありませんので、まさに白湯は便秘の解消に非常に嬉しい効果をたくさん持っています。

 

関連記事

即効性重視の便秘解消法!今すぐ出したい人は必見!

2017.12.30

 

3.血行促進

 

あなたは"冷え性"で悩んでいませんか?

現代女性が"太りやすく痩せにくい体質"になっている最大の原因は、"体の冷え"にあると言われています。

そもそも、体の冷えは"基礎代謝"を著しく下げてしまい、どんどん"太りやすく痩せにくい体質"を悪化させてしまいます。

 

しかし、白湯は全身の体温を高めることができるだけでなく、"体内の温度"を高めることができるため、血液の流れをサラサラにしてくれるという働きもあります。

血行が良くなると、冷え性を始め、"肩こり・首こり・肌荒れ・免疫力の低下"などの様々なトラブルを改善することができます。

まさに、白湯はダイエットだけでなく、日々の健康や美容にも非常に嬉しい効果を期待することができます。

 

4.食欲を抑える

 

空腹の時や食前に白湯を飲むことで、より効率的に"無駄な食欲"を抑えることができます。

近年、"食べ順ダイエット"が非常に大きな話題となっており、食事の最初に"汁物"を飲むことで、簡単にダイエットをすることができると言われていますよね。

それと同じように、空腹の時に白湯を飲むことで、自然と食欲を抑えることができ、無駄なカロリー摂取を事前に防ぐことができます。

さらに、白湯は"糖質・カロリー"が一切ありませんので、何も気にすることなく飲むことができるというのも非常に嬉しいですよね。

 

関連記事

生理中の体重増加の原因&対処法

2017.12.28

生理前の食欲を抑える3つの方法

2017.05.11

食欲を抑える7つの方法!あなたの食欲が止まらない原因は?

2017.05.06

 

白湯ダイエットの正しいやり方

 

1.白湯を飲む量

 

白湯ダイエット中は、1日に"800ml"の白湯を飲むと良いとされています。

中には、『800mlって多くない?』と思う方も多いかもしれませんね。

しかし、実際は800mlの白湯を数回に分けて飲みますので、1回200mlを1日4回となります。

先程もお伝えしましたが、白湯は内臓の冷えを改善したり、胃腸の働きを良くするなど、数多くの嬉しい効果が期待できます。

ですが、白湯は水分ですので、過度に飲んでしまうと、"むくみ""疲労"を引き起こす原因になってしまいますので、その点は注意するようにしましょう。

 

2.白湯を飲むタイミング

 

白湯ダイエットを確実に成功させたいという方は、"白湯を飲むタイミング"をしっかりと意識するようにしてください。

先程もお伝えしましたが、白湯は1日に数回に分けて飲むということが非常に重要であり、1度に大量の白湯を飲むというのはあまり意味がありません。

実際に白湯ダイエットを行う際は、以下の"タイミング"で白湯を飲むようにしましょう。

 

白湯を飲むタイミング
  • 起床後
  • 朝食の30分後
  • 昼食の30分後
  • 夕食の30分後

 

特に"起床後"の白湯は非常に嬉しい効果があると言われています。

朝の時間は"内臓の温度"が低くなっていますので、起床後に白湯を飲んで、全身の体温を高くすることで、"胃腸の働き"を高めることができます。

そもそも、朝の時間は"排泄の時間"と言われていますので、起床後に白湯を飲むことで、"デトックス効果""便秘解消の効果"を期待することもできます。

 

そして、白湯は"食事中"ではなく、"食事の30分後"に飲むように心がけましょう。

食事中に白湯を飲んでしまうと、胃の中の"胃酸の力"が薄くなってしまいますので、食べ物の消化・吸収の時間が長くなってしまい、結果的に胃腸に負担を掛けてしまいます。

 

3.白湯の温度

 

実際に白湯を飲む際には、白湯の温度を"40~50℃"を目安にしましょう。

そもそも、白湯は"人肌よりも少し高い温度"が適温と言われており、これくらいの温度が最も体に摂り入れやすいとされています。

白湯の温度が高すぎると、体内に非常に大きな負担を与えてしまいますし、白湯の温度が低すぎると、白湯の胃腸の働きを良くする効果やデトックス効果を失ってしまいます。

 

4.白湯ダイエットの期間

 

白湯ダイエットの効果を実感するためには、最低でも"1週間"くらいの時間が掛かると言われています。

中には、『白湯を飲み始めて3日目に便秘が解消された!』という方もいますが、まずは"1週間"を目安に白湯ダイエットを始めてみましょう。

白湯ダイエットの最大の特徴は"基礎代謝を高める"ということですので、他のダイエット方法と比べると、比較的短期間でダイエット効果を実感できます。

 

5.白湯の飲み方

 

より効率的に白湯ダイエットの効果を実感するためには、"白湯の飲み方"というのも非常に重要なポイントです。

基本的に白湯は"ゆっくりすするように飲む"と言われており、1回あたり約20~30分くらいの時間を掛けて、ゆっくり白湯を味わうように飲むということが大切です。

さらに、白湯を"美味しく飲みたい"という場合は、白湯に"レモンの果汁""生姜"を入れるというのも非常におすすめです。

特に生姜は冷え性の解消に最適な食材と言われていますし、レモンはクエン酸が豊富に含まれているため、より効率的に疲れを解消してくれます。

 

 

中には、『白湯は味気がなくて飲みにくい』という方も多いかもしれませんね。

その場合は、白湯に"はちみつ""レモン"を入れて、"はちみつレモン白湯"にするというのもおすすめです。

しかし、はちみつは"糖質"が非常に高いですので、はちみつの入れすぎは控えるようにしましょう。

 

白湯の作り方(アーユルヴェーダ式)

 

"白湯が体に良い"ということは、既に世間的に知られていますが、実は白湯の効果は"アーユルヴェーダ"の考えが由来になっているんです。

アーユルヴェーダは"インドの伝統医学"であり、5000年以上の歴史を持つ"世界最古の伝統医学"と言われています。

そのため、白湯の効果を最大限に発揮させるためには、アーユルヴェーダの考えを元に白湯を作るということが非常に大切とされています。

アーユルヴェーダ式の白湯の作り方は"鍋"を使って、水を沸騰させるということから始まります。

少し面倒くさいと感じる方も多いかもしれませんが、白湯ダイエットを本格的に始めたいという方は、以下の"アーユルヴェーダ式の白湯の作り方"を参考にしてみてくださいね。

 

1.お湯を沸かす

by kirin

 

まずは、鍋に水を入れて、お湯を沸かします。

この際に鍋に蓋をして、さらに"換気扇"を回すようにしましょう。

 

2.沸騰後も10分以上沸かし続ける

by kirin

 

お湯が沸騰したら、蓋を取りましょう。

しかし、直ぐに火を止めるのはNG!

大きな泡がブクブクしているくらいの火加減にして、沸騰後も"10~15分間"は沸かし続けましょう。

 

アーユルヴェーダでは、沸騰後も水に火を入れることによって、白湯の中に"風のエネルギー"が入るとされています。

そうすると、白湯を飲んだ時に体内に風のエネルギーが充満し、体内の"消化機能・デトックス効果"を高めることができると言われているようです。

沸騰後も火を入れ続けると、次第に水の量が少なくなってしまいますので、最初は多めに水を入れた方が良いかもしれませんね。

 

3.温度を冷ます

 

お湯を10~15分間沸かし続けたら、次は白湯をマグカップに入れて、温度が"40~50℃"になるまで冷ましましょう。

先程もお伝えしましたが、白湯は"人肌よりも少し高い温度"が適温とされており、白湯が冷えすぎてしまうと、白湯のデトックス効果が低下してしまいます。

より効率的に白湯ダイエットを行いたいという方は、白湯の温度調節をしっかりと意識するようにしましょう。

 

白湯の作り方(簡易版)

 

美子さん

いちいち、お湯を沸かすのは面倒くさい!

もっと簡単に白湯ダイエットを始めたい!

 

中には、美子さんと同じように『もっと簡単に白湯を作りたい!』と思う方も多いはず。

その場合は"電気ポット""電子レンジ"を使って、簡単に白湯を作るという方法でも問題ありません。

先程の"アーユルヴェーダ式の白湯の作り方"は、あくまでも"アーユルヴェーダ"の考えを元にしていますので、そういったことを気にしないという方は電気ポットを使った方が簡単でしょう。

しかし、実際に白湯ダイエットで減量に成功した方の多くは、アーユルヴェーダ式の白湯の作り方を行っていた方が多いようです。

ですので、忙しい時は電気ポットで構いませんが、時間がある時はアーユルヴェーダ式の白湯の作り方を実践してみてください。

 

まとめ

 

このページでは、"白湯ダイエットの効果&正しいやり方"について詳しくご紹介しました!

以下の"関連記事"も参考になると思いますので、そちらも併せて、ご覧になってみてくださいね!

 

関連記事

即効性抜群の5つの顔痩せ体操!たった3日で小顔に!

2018.01.01

豆乳は生理前に飲むべし!豆乳で生理中も効果的にダイエット!

2017.12.26

プロテインダイエットの正しいやり方4つ

2017.07.25

【完全保存版】1週間で確実に小顔になる方法を徹底解説!

2015.07.12