ダイエット&産後に効果的な骨盤矯正ストレッチ7選

 

今回はダイエット&産後に効果的な"骨盤矯正ストレッチのやり方"について、詳しく見ていきましょう。

今現在、『骨盤が歪んでいる!』と感じている方は、今回の記事を参考にしてみてください。

 

『骨盤矯正』とは?

 

まずは、"骨盤矯正とは、いったい何なのか?"ということについて、詳しく見ていきましょう。

その名の通り、骨盤矯正は"骨盤が歪んでいる状態を正しい位置に戻す"ということが最大の目的です。

特に女性は"妊娠""出産"の影響で骨盤が歪みやすくなってしまいますので、それによって、以前よりも"太りやすい体質"になってしまったり、ダイエットをしても"痩せにくい体質"を引き起こしてしまうことがあります。

しかし、骨盤矯正を行って、骨盤を本来の正しい位置に戻すことで、体内の巡りがスムーズになり、以前よりも"痩せやすく太りにくい体質"を手に入れることができます。

 

骨盤矯正のメリット

 

骨盤矯正のメリット
  • 痩せやすく太りにくい体質を手に入れられる
  • 姿勢が美しくなる
  • ポッコリお腹が解消される
  • 便秘が解消される
  • 見た目年齢が若々しくなる

 

日々の生活の中で骨盤矯正を積極的に行うことによって、上記の様々な"嬉しいメリット"を期待することができます。

特に骨盤矯正は"見た目年齢の低下"に非常に嬉しい効果が期待できますので、『最近、見た目が老けてきた』と感じている方は、もしかすると、骨盤の歪みがどんどん悪化しているのかもしれません。

思い当たる節があるという方は、今回の"骨盤矯正ストレッチのやり方"を参考にして、今日から骨盤矯正を実践してみてくださいね。

 

骨盤矯正ストレッチ7選

 

1.骨盤矯正ストレッチ

 

骨盤矯正ストレッチのやり方
  1. 仰向けに寝る
  2. 両足を肩幅くらいに広げる
  3. 右膝を立てる
  4. 足の裏を外に向けて、右膝が床につくように、ゆっくりとストレッチする
  5. 右足を元の位置に戻して、左足も同じように行う

 

こちらの"骨盤矯正ストレッチ"は寝ながら行うことができますので、就寝前や起床後にベッドの上で継続的に行ってみましょう。

上の動画の中で解説されていますが、"どちらかの足が床につきにくい"と感じる場合もあると思います。

その場合は、床につきにくい方の足を"20秒"、床につきやすい方の足を"10秒"を目安にストレッチを行ってみてください。

たった数分で骨盤矯正ストレッチを行うことができますので、とにかく"継続的"にストレッチを続けるということが非常に大切です。

 

2.足ひねりエクササイズ

 

足ひねりエクササイズのやり方
  1. 坐骨を立てて座る
  2. 片側にお腹をひねる
  3. その状態で30秒キープ
  4. 元の位置に戻して、反対も同じように行う

 

こちらの"足ひねりエクササイズ"は骨盤矯正と同時に"くびれ作り"も行うことができますので、特に『くびれが欲しい!』と思っている方は日々の生活の中で継続的に行ってみてください。

さらに、こちらの骨盤矯正ストレッチはテレビを見ながら、パソコンで動画を見ながら行うこともできますので、簡単に続けられるというのも嬉しいポイントです。

 

3.体揺らし

 

体揺らしのやり方
  1. 仰向けに寝る
  2. 骨盤を左右に揺らす
  3. 30秒間行う

 

こちらの"体揺らし"は骨盤矯正に加えて、"生理不順""生理痛"の改善に嬉しい効果を期待することができます。

ですので、特に『生理痛で悩んでいる』『生理不順で悩んでいる』という方は、日々の生活の中で積極的に体揺らしを行ってみてください。

 

4.合蹠のポーズ

 

合蹠のポーズのやり方
  1. 仰向けに寝る
  2. 両膝を立てる
  3. 両足の裏を合わせる
  4. その状態で腰を持ち上げて、1分間キープする

 

こちらの"合蹠のポーズ"は最初は非常にきついかもしれませんが、骨盤矯正に嬉しい効果が期待できるストレッチですので、日々の生活の中で積極的に行ってみましょう。

おそらく、最初は腰を持ち上げた状態を1分間キープするのが難しいと思いますので、まずは"30秒"くらいから始めてみるのもおすすめです。

骨盤矯正ストレッチは"継続的に行う"ということが非常に大切ですので、最初に無理をしないというのも重要なポイントになります。

 

5.産後の骨盤引き締めストレッチ

 

産後の骨盤引き締めストレッチのやり方
  1. 仰向けに寝る
  2. 両膝を立てる
  3. かかとをお尻に寄せる
  4. 左右交互に膝を床に倒し、これを10~20回行う
  5. 次に両膝を床に倒し、その状態をキープする
  6. 次に両足の裏を合わせて、息を整える

 

その名の通り、こちらの"産後の骨盤引き締めストレッチ"は産後の骨盤の引き締めに非常に効果的なストレッチです。

最初は『かかとがお尻につかない!』『両膝がくっつかない!』という方も非常に多いと思いますが、日々の生活の中で継続的に骨盤矯正ストレッチを行うことで、次第に体が柔らかくなっていき、以前よりもストレッチがやりやすくなってきます。

 

6.産後の骨盤引き締めストレッチ

 

産後の骨盤引き締めストレッチのやり方
  1. 足を大きく開いて、かかとをお尻に寄せるようにして、床に座る
  2. その時につま先を外側に向ける
  3. 交互に膝を内側に倒す
  4. 次に両膝を揃えて、前に倒す
  5. その状態で前に膝を倒して、お尻を揺らす

 

こちらは先程の『産後の骨盤引き締めストレッチ』"座って行うバージョン"となっています。

こちらはテレビを見ながら行うこともできますので、何かをしながら骨盤矯正ストレッチを行いたいという方は、こちらのバージョンの産後の骨盤引き締めストレッチを実践してみてください。

 

7.お掃除しながら骨盤矯正

 

お掃除しながら骨盤矯正
  1. 掃除用具を持ちながら、腹部に力を入れる
  2. 左足を後ろに下げて、足を開く
  3. 右足の膝を曲げる
  4. その状態で手だけを動かして掃除をする
  5. 反対の足も同じように行う

 

その名の通り、こちらの"お掃除しながら骨盤矯正"は掃除をしながら骨盤矯正ストレッチを行うことができるというのが最大の特徴です。

普段の掃除の時間を骨盤矯正の時間に有効活用して、より効率的に骨盤矯正ストレッチを行いましょう。

 

骨盤矯正ストレッチの注意点

 

1.骨盤矯正ストレッチの期間

 

先程もお伝えしましたが、骨盤矯正ストレッチの効果を実感するためには、とにかく"骨盤矯正ストレッチを継続的に行う"ということが非常に大切です。

そもそも、ストレッチは"即効性"があまり期待できませんので、まずは"1~3ヶ月"を目安に毎日欠かさず行うということを忘れないようにしましょう。

 

2.骨盤矯正ストレッチのタイミング

 

より効率的に骨盤矯正ストレッチを行いたいという方は、"1日の中でどのタイミングで骨盤矯正ストレッチを行うのか"というのも非常に重要なポイントになります。

特に骨盤は"起床後""就寝前"に開きやすいと言われていますので、そのタイミングを狙って、骨盤矯正ストレッチを行ってみてください。

さらに、入浴後や運動後などの筋肉がほぐれている時に骨盤矯正ストレッチを行うというのも非常に効果的です。

 

まとめ

 

今回はダイエット&産後に効果的な"骨盤矯正ストレッチのやり方"について、詳しくご紹介しました。

以下の"関連記事"も参考になると思いますので、そちらも併せて、ご覧になってみてくださいね。

 

関連記事

マイナス12kg!深田恭子のダイエット方法が凄い!

2018.01.17

【完全版】下半身太りの原因&ダイエット法4選

2018.01.13

下半身がみるみる痩せる!下半身痩せに効果的な7つの運動

2018.01.11

【完全版】セルライトの原因&除去の仕方

2018.01.07

妊娠線予防クリームのおすすめ10選

2017.08.17