【保存版】水泳ダイエットの効果的な方法まとめ

 

今回は"水泳ダイエットの効果的な方法"について、詳しくご紹介したいと思います。

特に『水泳を始めようと思っている!』という方はもちろんのこと、『水泳ダイエットに興味がある!』という方は、今回の記事を参考にしてみてください。

 

水泳ダイエットの方法

 

1.泳ぎ方

 

その名の通り、水泳ダイエットは"泳いで痩せる"ということがメインですので、まずはとにかく"泳ぐ"ということが非常に重要になります。

しかし、ひとくちに『泳ぐ』といっても、水泳ダイエットは"泳ぎ方"によって、ダイエットの効率が大きく変わりますので、まずは"水泳ダイエットに効果的な泳ぎ方"について、詳しく見ていきましょう。

 

おすすめの泳ぎ方①『クロール』

 

こんな人におすすめ!
  • 二の腕を細くしたい
  • 足を細くしたい
  • 全身の筋肉を効率的に鍛えたい

 

特に『腕を細くしたい』『美脚になりたい』と思っている方は、"クロール"を積極的に行いましょう。

クロールは手足の筋肉をしっかりと動かすことができるため、より効率的に腕や下半身の筋肉をキュッと引き締めることができます。

しかし、特に水泳経験がない方はクロールで長く泳ぎ続けることが難しく、さらに"無酸素運動"になりやすいですので、他の泳ぎ方と併せて行うようにしましょう。

 

おすすめの泳ぎ方②『平泳ぎ』

 

こんな人におすすめ!
  • 消費カロリーを増やしたい
  • 全身をバランス良く細くしたい
  • 楽に水泳を続けたい

 

特に水泳経験があまりない方や水泳を長く続けたいと思っている方は、"平泳ぎ"を積極的に行うようにしましょう。

平泳ぎはクロールよりも消費カロリーが高いため、より効率的に水泳ダイエットを行うことができます。

さらに、平泳ぎはクロールよりも圧倒的に楽に泳ぐことができるため、水泳が苦手な方でも長時間泳ぐことができるというのも非常に大きな特徴です。

 

おすすめの泳ぎ方③『背泳ぎ』

 

こんな人におすすめ!
  • 楽に水泳を続けたい
  • 肩こり・首こりを解消したい
  • お腹周りを引き締めたい
  • 背中の脂肪を落としたい

 

背泳ぎは常に呼吸ができるため、先程のクロールや平泳ぎに比べて楽に泳ぐことができるといったメリットがあります。

さらに、背泳ぎは肩甲骨周りの筋肉を効率的に動かすことができるため、肩こり&首こりの改善に繋がります。

さらに、背泳ぎは"腹筋"を使う泳ぎ方ですので、お腹周りを引き締めたいという方にもおすすめです。

 

おすすめの泳ぎ方④『水中ウォーキング』

 

こんな人におすすめ!
  • 水泳が苦手な方

 

水泳経験が全くない方や水泳が苦手な方は、まずは"水中ウォーキング"から始めてみましょう。

そもそも、水中は全身に1トン以上の水圧が掛かると言われており、なかなか前に進むことができないことから、水中ウォーキングは普通のウォーキングに比べて"消費カロリー"が高いと言われています。

つまり、水泳ダイエットは水泳が苦手な方にも非常におすすめのダイエット方法ですので、より効率的に痩せたいと考えている方は参考にしてみてください。

 

2.泳ぐ頻度

 

次は水泳ダイエットの"頻度"について、詳しく見ていきましょう。

当然ですが、水泳ダイエットは長く継続的に行うことが非常に大切であり、そもそも、水泳は短期間のダイエットにあまり向いていません。

そのため、水泳ダイエットの効果を実感するためには、最低でも"週2~3回"の水泳を定期的に行う必要があります。

とはいえ、水泳ダイエットは毎日泳がなければいけないというわけではありませんので、平日は仕事をされている方も土日の空いている時間を利用してプールで泳いだり、仕事帰りに泳ぐというのもおすすめです。

 

3.泳ぐ時間

 

次は水泳ダイエットの"時間"について、詳しく見ていきましょう。

ダイエットの経験がある方は既に知っているかもしれませんが、有酸素運動は20分以上継続して行うと、より効率的に体脂肪が燃焼されやすくなると言われています。

ですので、実際に泳ぐ際は1回あたり最低でも20分以上は続けるようにして、出来れば"40分~60分"くらいは続けるようにしましょう。

とはいえ、水泳は他の有酸素運動と比べて、非常に心地よさを感じられるだけでなく、汗で体がベトベトになることもありませんので、気持ちよく長い時間を泳ぎ続けることができると思います。

特に水泳ダイエットの時間をあまり取れないという方は、1回の水泳にしっかりと集中するようにして、出来る限り長く続けるということを意識しましょう。

 

4.水泳ダイエットの期間

 

先程もお伝えしましたが、水泳ダイエットは短期間のダイエットにはあまり向いておらず、とにかく長く継続して行うことで、ジワジワと効果を実感することができます。

ですので、最低でも"1ヶ月~3ヶ月"は水泳ダイエットを継続してみて、確実に水泳ダイエットの効果を実感できるようにしましょう。

そもそも、水泳は全身運動ですので、日々の生活の中で水泳を積極的に行うことによって、ダイエットだけでなく"健康""美容"にも非常に嬉しい効果を実感することができます。

実際に水泳選手の体型を見てみると分かりますが、全員が非常に美しい体型をしており、まさに全身に余分な脂肪が一切付いていないような方が多いですよね。

運動不足は様々な病気やトラブルを引き起こしてしまいますので、たとえ水泳ダイエットに成功したとしても、出来る限り水泳を長く続けるようにしましょう。

 

5.食事の摂り方

 

その名の通り、水泳ダイエットは"泳いで痩せる"ということがメインのダイエット方法なのですが、そもそも、ダイエットの基本は"食生活の改善"です。

そのため、毎日のようにどんなに水泳を行っていたとしても、これまでと同じような食生活を続けていれば、水泳ダイエットの効果をあまり実感することができません。

より効率的に水泳ダイエットを成功させるためにも、日々の水泳に加えて"バランスの良い食生活"を意識するようにしてください。

当サイトでは、今回の水泳ダイエットだけでなく、その他にも数多くのダイエット方法についても詳しくご紹介していますので、以下の"関連記事"も併せて、ご覧になってみてくださいね。

 

関連記事

【保存版】脂肪燃焼スープダイエットの効果&方法まとめ

2018.02.18

【保存版】1週間で確実に痩せるダイエット方法まとめ

2018.02.15

【完全保存版】やしろ優が21kg痩せたダイエット方法まとめ

2018.02.14

 

水泳ダイエットの注意点

 

1.水分補給を忘れない

 

水泳は他の有酸素運動と違い、汗で体がベタベタになったり、体が暑くなるということが少ないため、ついつい"水分補給"を忘れてしまいがちです。

しかし、水泳は消費カロリーが非常に高く、それと同時に非常にハードな運動ですので、水泳を長く続ければ続けるほど、体内の水分が汗として排出されていきます。

そのため、水分を全く摂らずに水泳を何時間も続けてしまうと、次第に脱水症状のような状態を引き起こしてしまい、体調不良を招いてしまうことも少なくありません。

ですので、安全に水泳ダイエットを行うためにも、必ずスポーツドリンクなどの水分を用意しておきましょう。

 

2.髪の毛のケアを忘れない

 

既にご存じの方は多いと思いますが、プールの水には"塩素"が含まれています。

そのため、プールに入った後にしっかりと髪の毛のケアを行わないと、髪の毛がどんどん傷んでしまったり、最悪の場合は"抜け毛""薄毛"を引き起こしてしまうこともあります。

ですので、水泳後はすぐに真水で塩素を洗い流し、トリートメントなどで髪の毛をケアを行うように心がけましょう。

 

まとめ

 

今回は"水泳ダイエットの効果的な方法"について、詳しくご紹介しました。

以下の"関連記事"も参考になると思いますので、そちらも併せて、ご覧になってみてくださいね。

 

関連記事

【完全保存版】1ヶ月で5kg痩せる方法まとめ

2018.02.12

【保存版】グリーンスムージーの効果7選

2018.01.25

炭水化物抜きダイエットは危険!正しいやり方を教えます!

2018.01.23