急性胃腸炎の症状と原因|ストレスが原因?人にうつるの?

 

美子さん

お、お腹が痛い・・・。

 

あなたも美子さんと同じような経験がありませんか?

特に腹痛や嘔吐下痢の症状って、本当に辛いですよね。

そして、これらの症状を伴う病気といえば・・・

 

"胃腸炎"

 

中でも、"急性胃腸炎"という病気は多くの人が知っていると思います。

というよりも、過去に発症した経験がある人も多いはず。

急性胃腸炎といえば、度々芸能人に発症しニュースになることがありますよね。

例えば・・・

 

急性胃腸炎を患った芸能人
  • 篠田麻里子
  • 菊川怜
  • 赤西仁
  • カンニング竹山
  • スギちゃん

 

などなど、他にも急性胃腸炎になった経験がある芸能人は多くいます。

中でも、スギちゃんは完治後に『死にかけたぜぇ』とコメントしており、篠田麻里子さんに関しては二日間も寝込んだのだそう。

いくら辛い症状だからといって2日間以上も休んでしまうと、仕事や学校など色々と後になって面倒になってしまいます。

ということで、今回は以下の項目についてまとめていきます。

 

今回の注目ポイント
  • 急性胃腸炎の原因とは?
  • 急性胃腸炎とストレスの関係とは?
  • 急性胃腸炎は人にうつる?
  • 急性胃腸炎の治し方

 

胃腸炎とは?

 

あなたは"過食・過飲・緊張・不安"などが原因となって、胃腸を悪くした経験はありませんか?

まさに、胃腸のトラブルは私達の生活に身近なものとなっています。

しかし、"胃腸炎"についてあまり詳しく知らない人が多いみたい・・・。

ということで、ここで簡単に説明します。

 

胃腸炎とは?

主に胃や腸などの消化管に炎症が起こる病気のこと。

 

つまり、胃腸炎の症状は名前の通りなのですが、実は人によって症状や完治までの期間が異なるというのが大きな特徴です。

さらに、ひとくちに『胃腸炎』と言っても、実はその種類は様々あるんです。

 

胃腸炎の種類
  • 急性胃腸炎
  • 慢性胃腸炎
  • 感染症胃腸炎
  • ウイルス性胃腸炎
  • 細菌性胃腸炎
  • 逆流性胃腸炎
  • ストレス性胃腸炎

 

中には、『胃腸炎ってこんなに種類があるんだ!』と思う人も多いはず。

しかし、やはり聞き馴染みのあるのは"急性胃腸炎"ですよね。

ということで、次は急性胃腸炎について詳しく見て行きましょう。

 

急性胃腸炎とは?

 

その名の通り、急性胃腸炎は突然胃腸炎の症状が起こる病気です。

急に腹痛や嘔吐下痢などの症状が出るわけですから、特に外出中の場合はかなり辛い・・・。

そんな急性胃腸炎ですが、実は大きく2つに分かれます。

 

急性胃腸炎の種類
  • 感染症胃腸炎(ウイルス・細菌)
  • 非感染症胃腸炎

 

中でも、急性胃腸炎のほとんどが"感染症胃腸炎"によるもので、特にウイルス性のものが多いのだそう。

では、どういった経路で感染してしまうのかというと。

 

急性胃腸炎の感染経路
  • 食事
  • 飲水
  • ペット 等

 

感染症胃腸炎は主に普段の生活の中で感染することが多く、そのほとんどが食事なのだそう。

他にも、海外旅行に行った際にその土地にある食材や飲水により、急性胃腸炎に感染することもあるようです。

原因となるウイルスは主に大人だとノロウイルス、子供だとロタウイルスによる急性胃腸炎が多いとのこと。

ちなみに、食べ物による急性胃腸炎は"食中毒"という言い方もします。

そして、非感染症胃腸炎は主にアレルギーが原因なのだそう。

他にも、稀にストレス性の急性胃腸炎もあるとのこと。

 

急性胃腸炎は人にうつる?

 

どんな病気でも人に感染しうつるのかというのは、非常に大きな不安要素です。

例えば、家族1人が病気になりドミノ倒しのように家族全員がダウンしてしまってはかなりマズイですよね。

そして急性胃腸炎ですが・・・

 

"人にうつる可能性あり"

 

先程もお伝えしましたが、急性胃腸炎の多くはウイルス感染によるものです。

ですので、ウイルスが人にうつると急性胃腸炎を起こしてしまう可能性があります。

しかし、細菌性による急性胃腸炎は人にうつることはないのだそう。

つまり、急性胃腸炎になったら、まずは二次感染を防ぐという考慮が必要になります。

 

急性胃腸炎の二次感染を防ごう!
  • 手袋
  • マスク
  • 消毒液
  • 塩素系漂白剤

 

特に注意が必要なのは、子供が急性胃腸炎になった場合。

もし親である自分まで感染してしまうと、子供の面倒を見ることができなくなります。

さらに、急性胃腸炎を患ったまま学校や仕事に行くと、周りの人が次々と感染してしまう可能性もあります。

 

急性胃腸炎の原因とは?

 

急性胃腸炎の原因
  • ウイルス
  • 細菌
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
  • 薬の摂取

 

急性胃腸炎の主な原因はウイルスによるものです。

しかし、他にも原因はあると言われており、中には病院に行っても原因不明と言われることもあるのだそう。

そして、急性胃腸炎に限らず、胃腸炎は人によって症状や期間など個人差があります。

遅い人だと、1週間ほど症状が続くというケースもあるのだとか。

その個人差に大きく関係しているのが・・・

 

急性胃腸炎を早く治すためには?
  • ストレスを解消する
  • 生活習慣を整える

 

過度なストレスや生活習慣の乱れは、ウイルスや細菌に感染しやすい体になってしまいます。

しかし、現代社会といえば、何かとストレスを感じることが多いですよね。

そのため、ストレス性の急性胃腸炎は年々増えているのだそう。

そして、ストレスによる急性胃腸炎と大きく関わっているのが・・・

 

"自律神経"

 

過度なストレスにより自律神経が乱れ、急性胃腸炎を引き起こす可能性があるのだそう。

ストレスを受けると、まず影響が出るのが胃腸ですよね。

その結果、以下の様な症状が出てしまいます。

 

ストレスの影響
  • 胃酸過多
  • 胃腸の働き低下
  • 胃腸の痙攣

 

しかも、これらは体内で起きているため目で確認することができず、知らず知らずのうちに症状が進行する場合もあります。

さらに、ストレスが続くと胃腸だけでなく全身に悪い影響が出始め、自律神経失調症のような症状になるケースも・・・。

ですので、日頃からストレスが少なく生活習慣が整っている人の方が、急性胃腸炎の症状は軽く比較的早く完治します。

 

急性胃腸炎の主な症状

 

急性胃腸炎の主な症状
  • 血便
  • 嘔吐
  • 下痢

 

急性胃腸炎の主な症状は上の3つです。

特に嘔吐下痢の症状が多いイメージがありますよね。

そして、これらに加えて、人によって他の症状が出る場合も多いのだそう

 

急性胃腸炎の症状
  • 発熱
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 倦怠感
  • 胸やけ
  • 過呼吸
  • 関節痛

 

などなど、どれも辛い症状ばかり・・・。

急性胃腸炎は基本的に重症化し入院することは少ないみたいですが、人によっては症状が重くなることがあるのだそう。

ですので、人によっては上にあげた以外にも症状が出る場合があります。

そして、ストレス性胃腸炎の場合は、感染症胃腸炎とまた違った症状が出るのだそう。

 

ストレス性胃腸炎の症状
  • 食欲不振
  • みぞおちの痛み
  • 便秘
  • 薬が効きにくい

 

感染による急性胃腸炎は下痢を引き起こしますが、ストレスによる急性胃腸炎は真逆の便秘といった症状に。

そして一番ネックなのが、ストレスが大きな原因のため薬が効きにくいというところ。

しかも、その原因であるストレスを対処しない限り症状は治まらず、長く続くと慢性化する恐れもあります。

 

急性胃腸炎の治し方

 

やはり、病気に対して一番いいのは、発症する前に未然に予防するということ。

しかし、急性胃腸炎の場合は原因が感染など様々ですので、発症してしまったら仕方がない・・・。

ですので。その場合は早めに治療をするということが大事です。

ということで、ここでは4つの治し方をご紹介。

 

急性胃腸炎の治し方
  • 食事
  • 水分
  • ストレス

 

どれもお金をかけず行える治療法です。

特にストレスと上手く付き合うというのは、早めの治療にもなりますし再発を予防するポイントにもなります。

急性胃腸炎は症状が辛いですから、もう二度となりたくないと思いますよね。

ですので。予防をするという意味でも。以下の4つをよく見て行きましょう!

 

急性胃腸炎の治し方①『食事を見直す』

 

風邪を引いた時といえば、特に『栄養を摂らなきゃ!』と考えがち。

たしかに、栄養をとって病気を治すというのは非常に大事な意識です。

しかし、急性胃腸炎の場合は・・・

 

"絶食"

 

もちろん、絶対とは言いませんが、特に症状が辛い時は何も食べず絶食する方が早く治るケースがあります。

先程もお伝えしましたが、急性胃腸炎は胃腸の炎症が大きな原因です。

しかし、食事をしてしまうと炎症を起こしている胃腸に負担をかけてしまいます。

ですので、なるべく食事は控えるようにしましょう。

しかし・・・

 

"タイミングが重要"

 

絶食をすると言っても、それを長く続けてしまうと、今度は栄養失調で回復が遅れてしまいます。

ですので、絶食をする時は特に症状が辛い時など限定です。

症状が辛くて大変かと思いますが、タイミングを見計らって行いましょう。

 

急性胃腸炎の治し方②『水分補給』

 

急性胃腸炎の時は食事を摂らない代わりに、普段よりも多く水分を摂るようにしましょう。

特に何も食べていない時の水分補給は大事です。

しかし、急性胃腸炎の際の水分補給は普通の水ではなく電解質液を精神的に飲むようにしましょう。

 

美子さん

電解質液なんて家にないよ!

しかも、結構高いし・・・。

 

美子さんの言う通り、たしかに市販の電解質液は500mlで200円ほどのお値段です。

しかし、電解質液は自宅にある材料で同じ効果のものを作ることができます。

 

電解質液の作り方
  • 水 1リットル
  • 塩 3~5g
  • 砂糖 40g
  • レモン果汁 適量

 

必要な材料は水と塩と砂糖ですから、どの家庭にでもありますよね。

もし、これだけで飲みにくい場合は、レモン果汁などを入れると風味が加わり飲みやすくなります。

中には・・・

 

美子さん

これって、スポーツドリンクでも良いの?

 

このように思う方もいるかもしれませんが、どうやらスポーツドリンクと電解質液は少し違うのだそう。

スポーツドリンクは浸透圧が高すぎたり、Na濃度が低いという場合があります。

ですので、スポーツドリンクは胃腸炎には適しません。

 

急性胃腸炎の治し方③『病院に受信する』

 

やはり、急性胃腸炎に一番効果的なのは、早めに病院に行き受診することです。

詳しい検査により原因が分かりますし、点滴によって早期の完治も期待できるでしょう。

そして、症状に合った薬も処方されますので、薬を飲んで体を休めれば早く治ります。

しかし、中には・・・

 

美子さん

病院に行きたくない・・・。

 

美子さんと同じように病院嫌いな方も多いですよね。

というよりも、一人暮らしの方や仕事で忙しい方の場合、病院に行きたくても症状が辛くて行けないというケースもあります。

そんな方に2つ注意点があります。

 

急性胃腸炎のNG行動
  • 下痢止めを飲む
  • 吐き気止めを飲む

 

この2つは厳禁です!

急性胃腸炎の主な症状は嘔吐下痢ですので、たしかに下痢止めや吐き気止めを飲みたくなりますよね。

しかし、嘔吐下痢も意味なく起きているのではなく、体内のウイルスを体外に排出するための防衛反応です。

ですので、嘔吐下痢を薬で止めてしまうとウイルスが体外へ出ず、症状がいつまで経っても収まらないという場合があります。

 

急性胃腸炎の治し方④『ストレスを解消する』

 

『ストレスは万病の元』と言われるように、過度なストレスは体に多くの悪い影響を与えます。

特に免疫力を下げることにより、急性胃腸炎を始め多くの病気にかかりやすい体に。

ですので、急性胃腸炎に限らずストレスは様々な病気を招いてしまう原因になります。

そうならないためにも、自分なりのストレス解消法を持っておきましょう。

 

あなたのストレス解消法は?
  • 会話
  • 運動
  • 趣味
  • 食事

 

などなど、自分の好きなことがストレス軽減に繋がります。

とにかく、自分が癒やされたり、楽しいと思える物を1つでも見つけて置くことが大事です。

 

まとめ

 

急性胃腸炎は辛い!

 

急性胃腸炎は何もできず動けなくなるほど辛い症状を伴う病気です。

ですので、その症状を早く治すためにも、できるだけ早く治療を行うことが大事です。

現代人は自分の体の症状を無視して、仕事などを頑張ってしまう傾向にあります。

そしてなにより・・・

 

この2つに注意!
  • ストレスの溜め過ぎ
  • 生活習慣の乱れ

 

この2つを見直すことにより、胃腸炎とは無縁の生活を手に入れるようにしましょう。

特に冬場はウイルスが繁殖し多くなるため、急性胃腸炎を発症する人が多くなります。

他にも、季節の変わり目など体調の変化が大きい時も注意が必要となるでしょう。

 

次のページ