溶連菌感染症(大人)の症状とは|辛い発疹や咳を抑える治療法3つ

病院

 

喉の痛みや38℃以上の高熱ってとても辛いですよね(´・ω・`)

体調を崩した時にこういった症状が出るケースが多く、特に季節の変わり目などに症状を訴える方が多いかと思います。

しかし一見するとただの風邪の症状に思えますが、もしかすると実は“溶連菌感染症”が原因の可能性もあるのだとか・・・!?

 

溶連菌感染症は“特に子供に多い病気“だそうですが、最近では大人でも溶連菌感染症に罹る方が多いのだそう。

しかも大人の溶連菌感染症は普通の風邪と症状が似ているため、知らず知らずのうちに発症してしまうケースもあるみたいです(´・ω・`)

ということでこのページでは“大人の溶連菌感染症の症状&発疹や咳を抑える治療法”についてまとめてみました(・∀・)!!

溶連菌感染症は人にうつす可能性がある病気ですので、このページを参考にして早めの対処を考えましょう!

 

◆溶連菌感染症(大人)の症状とは?◆

バイキン

 

先ほど溶連菌感染症は特に子供に多い病気とお伝えしましたよね。

具体的には“5~15歳“くらいの年齢の子供に多く見られる病気だそうです。

しかし溶連菌感染症は”人にうつる可能性がある病気”のため、大人でも罹るケースが多いようです(´・ω・`)

 

◆溶連菌感染症(大人)の主な症状◆
・喉の痛み
・高熱
・発疹
・頭痛
・微熱
・咳
・嘔吐

 

大人の溶連菌感染症の主な症状は上記となっております。

子供の溶連菌感染症の症状と比べ、大人の場合は比較的“症状が軽い”ケースが多いようです。

そのため風邪の症状と似ているため、自分が溶連菌感染症だと気づかない人も多いのだとか。

しかし溶連菌感染症の悪化が進むと“他の合併症を引き起こす可能性“があるため注意は必要です。

 

◆合併症の危険性◆
・伝染性膿痂疹
・壊死性筋膜炎
・猩紅熱
・リウマチ熱
・中耳炎
・副鼻腔炎
・肺炎

 

溶連菌感染症の合併症として代表的なのが“リウマチ熱”だそうです。

症状が軽いというのは良い事のように思えますが、逆に“放置”してしまう可能性が高くなってしまいます。

そのため溶連菌感染症が発症して数週間後に、合併症としてリウマチ熱を引き起こしてしまうケースが多いのだそう。

 

大人の場合ですと仕事などの関係で、風邪くらいでは仕事を休めないというケースは多いです。

しかしそれがただの風邪なら多少の無理は効きますが、溶連菌感染症の場合は合併症などの不安も出てきてしまいます。

症状だけでは病気の判断が難しいですので、日頃から“溶連菌感染症や風邪に罹らない意識“が重要となりそうです(・∀・)!!

 

溶連菌感染症は人にうつる?

悩み(女性)

 

先程もお伝えした通り、溶連菌感染症は“人にうつる可能性がある病気“です。

もし溶連菌感染症に罹ってしまった場合は、仕事などを休まなければいけないケースが出てきます。

ちなみに溶連菌感染症は主に“咳やくしゃみなどの飛沫”による感染が多いのだそう。

ですのでどうしても仕事が休めないという場合は、必ず“マスク“を着用するようにしましょう(・∀・)!!

 

◆家族間の感染率(目安)◆
・兄弟間:50
・姉妹間:50
・親子間:20

 

あるデータによると家族間での溶連菌感染症の感染率は上記となっていました。

特に子供が2人以上いる家庭は要注意みたいですね・・・(´・ω・`)

最悪の場合、家族全員が溶連菌感染症になってしまうということも可能性としては考えられます。

ちなみに溶連菌感染症のピークは“11~12月頃の冬場”と言われていますが、春から夏の間にも多くなるそうで1年を通して警戒が必要となりそう(´・ω・`)

 

◆溶連菌感染症の治療方法とは?◆

症状

 

溶連菌感染症は人に感染させてしまう可能性があり、さらには悪化が進むと合併症を引き起こす可能性もある怖い病気です。

そんな溶連菌感染症の主な治療方法ですが、まずは“病院に行く“ということが重要です(`・ω・´)

病院で受診することによって病状が詳しく分かりますし、抗生剤なども手に入れることができます。

 

しかし当然ながら病院に行くだけでなく、“自宅での生活”も普段以上に気を付けなければいけません。

それに溶連菌感染症に罹った方の中には、自宅療養で“自然治癒のみ“で完治させた方もいるのだとか。

ですので溶連菌感染症に罹っている疑いがある方などは、以下の3つのポイントをしっかり踏まえて生活していきましょう(・∀・)!!

 

ポイント①『食事方法』

うどん

 

まず溶連菌感染症に限らず、病気を早く治すために重要なのは“食事内容”についてです。

しっかりとした栄養を体に与えることにより、病気を早く治すためのエレルギーを蓄える必要がありますよね(`・ω・´)

しかし溶連菌感染症は人によって喉に症状が出る可能性があります。

ですのでポイントとしては“栄養たっぷり・喉越しが良い・消化が良い”といった食生活を意識してみましょう(・∀・)!!

 

◆食事内容の意識◆ 
・うどん
・おかゆ
・ゼリー
・ヨーグルト
・のど飴

 

特におすすめなのが“ヨーグルト“です(`・ω・´)

ヨーグルトは溶連菌感染症以外の病気にも罹りにくくする免疫力を高める効果が期待できます。

免疫力を高めるということは自然治癒力を向上するサポートにもなりますので、日頃からヨーグルトは積極的に摂取したいですね(・∀・)!!

 

ポイント②『睡眠』

睡眠

 

病気を早く治すために一番大切と言っても過言ではないのが“睡眠”についてです(`・ω・´)

睡眠不足は自然治癒力や免疫力を著しく低下させてしまう原因になるのだそう。

特に大人が溶連菌感染症に罹ってしまう一番の原因と言われているのが“免疫力の低下“だそうです(´・ω・`)

 

しかしだからといって睡眠時間をただ増やせばいいというわけではなく、重要なのは“睡眠の質”に関してです。

睡眠は溶連菌感染症に限らず多くの病気の治療を助け、さらには病気を予防するという大きな効果があります。

ですので日頃から睡眠の質を高めるように意識しましょう(・∀・)!!

 

◆睡眠の質を上げるには?◆
・お風呂にゆっくり入る
・寝る直前に食事をしない
・ホットミルクを飲む
・アロマを上手く活用
・早寝早起きを心がける←

 

睡眠の質を向上するポイントはいくつかありますが、特に重要なのが日頃の“早寝早起き“を心がける意識です(`・ω・´)

中でも太陽と共に目を覚ます“早起き”が重要で、さらには“太陽の光を浴びる“という事も大切です。

朝早く起きて太陽の光を浴びると“セロトニン”という脳内物質の分泌を促し、このセロトニンの分泌によって睡眠に重要な“メラトニン”を多く生成することができます。

このメラトニンは日頃の睡眠の質に深く関わる重要な物質です(・∀・)!!

 

早寝早起きのサイクルを習慣にすることによって、溶連菌感染症や風邪などに対抗する免疫力を高める効果が期待できます。

しかし実は太陽の光を浴びるだけでなく、朝起きて明るい光を“5~30分”ほど浴びるとセロトニンの分泌を促すことができるのだそう(`・ω・´)

中には『光目覚まし時計』といった商品などを上手く使い、日頃の睡眠の質を調整している方も多いようです!

 

ポイント③『体温調節』

マフラー

 

免疫力や自然治癒力を高めるためには、“体を冷やさない”ということが大切とよく言われていますよね。

たしかに体を冷やさない意識は非常に重要ですが、溶連菌感染症に罹っている場合は注意が必要かもしれません(`・ω・´)

溶連菌感染症は人によって“発疹・発熱”といった症状が現れます。

 

これらの症状が出ている時は、体を温めすぎると症状が酷くなるケースがあります。

特に発疹は体を温めすぎると痒みがさらに酷くなってしまうのだそう・・・(´・ω・`)

ですので体を冷やさず温めすぎないという“適度な体温調節“が重要となりそうです。

 

◆まとめ◆

ハート

 

溶連菌感染症は場合によっては非常に怖い病気になる可能性があります。

特に仕事などに追われ毎日忙しい生活を送っている、大人の方々には注意が必要となりそうですね(´・ω・`)

それに溶連菌感染症には“5種類“あると言われており、最高で“5回の再発の可能性”があるとのこと。

 

ですのでやはり日頃からの“正しい生活習慣や免疫力を高める意識”が重要となってきます。

私自身も“光で起きるタイプの目覚まし時計”を使っているのですが、毎日の睡眠で『ぐっすり眠れた!』という体感があります(`・ω・´)

質の高い睡眠は健康のために非常に重要ですので、一度『光目覚まし時計』といった商品を試してみても良いかもしれませんね(・∀・)!!