やる気スイッチを押せ!やる気が出ない時に即効でやる気を出す方法

 

美子さん

やる気が出ない・・・

 

昨日まではやる気に満ち溢れていたのに、なぜか今日は全くやる気が起きない・・・。

ここ1週間ずっとやる気が出ない・・・。

こんな経験をされたことがある方は非常に多いと思います。

 

特に原因は思い当たらないけど、とにかく無気力で何もする気が起きない時ってありますよね。

仕事や勉強、家事などなど。

やらなきゃいけないと分かっていても、やる気がなければ一向に物事は進みません。

そして開き直って『もうやらなくていいや!』と思っても、後になって我に返り後悔してしまうという負のループ・・・。

なぜ人間は急にやる気がなくなってしまうのだろう・・・?

 

今回の注目ポイント
  • やる気が出ない原因とは?
  • やる気を出す方法とは?

 

今回はやる気が出なくて困っている人に向けて、以上の2つのポイントを主にまとめていきたいと思います。

私自身も前までは全くやる気が出なくて、何日も無気力になってしまうことがありました。

しかし、対処法をいくつか持っておきそれを実践すれば、意外とすんなりやる気は出てくれるものです!

 

美子さん

やる気スイッチを押そう!

 

美子さんの言う通り、あなたのやる気スイッチを押す時は、まさに今です!

早速、見ていきましょう!

 

やる気が出ない原因とは?

 

『やる気、出てこい!』なんて思っても、なかなか出てきてくれないのが"やる気"の厄介なところですよね。

やる気がある時は全く意識していなかったけど、いざやる気がなくなってそう気づく方も多いことでしょう。

では、なぜやる気は急に出なくなってしまうのでしょうか。

その原因として、以下の2つが挙がります。

 

やる気が出ない原因
  1. 季節の変わり目
  2. 上がったら下がる

 

もちろん、人によって他に様々な原因が考えられますが、おそらくこの2つが大きな原因となると思います。

ということで、この2つを詳しく説明したいと思います。

 

やる気が出ない原因①『季節の変わり目』

 

日本は春夏秋冬の4つの季節があり、季節が変わる度に気温や天候など大きく変化しますよね。

その中でも、特に"春""冬"の季節にやる気が出なくなる人が多いようです。

最近は"プチうつ"という言葉も誕生しており、もしかすると春や冬の時期にやる気が無くなったり、無気力になる人は"プチうつ状態"になっているかも。

特に初春や初冬などの季節の変わり目は、心身ともに大きなストレスとなります。

寒さに適応したり暑さに適応するために体は大きな変化をするため、特に"自律神経のバランス"が崩れやすくなると言われています。

 

やる気が出ない原因②『上がったら下がる』

 

投資家

上がった株は必ず下がる。

 

こんな言葉を聞いたことがあるでしょうか?

株式投資をしている方はもちろん知っていると思いますが、永遠に上がり続ける株というものは存在しません。

これは人間も同じで、やる気をずっと保つということは非常に困難なことです。

 

そもそも、やる気が高くなれば、いつかは必ず下がります。

頑張り過ぎれば、それだけ後に疲れとして心身に影響が出ます。

しかし、しっかりと体を休めれば、前よりももっと頑張れる体になるでしょう。

このようにやる気には大きな波があります。

 

やる気スイッチを押せ!やる気が出ない時にやる気を出す方法とは?

 

美子さん

インターネット上で色々と調べてみたけど、どれも全然聞かない・・・。

 

やる気を出す方法を実践しても全く効果がなく、『全然効かない!』と思った経験がある方は多いことでしょう。

今はインターネットが多く普及していることから、すぐに簡単にやる気を出す方法を知ることができます。

私自身もどうしてもやる気が出ない時にネットで調べて実践しました。

しかし・・・

 

全然効果なし( ;・`д・´)

 

やる気を出す方法は数え切れないほどありますが、その多くが全く効果がないように感じました(笑)

例えば、こんな方法・・・

 

全く効果がなかった方法
  • 小さな目標を持つ
  • 時間制限を設ける
  • 名言を学ぶ
  • 理想の自分をイメージする
  • 目標を書き出す

 

もちろん、これらの方法が効果的だと考える方もいます。

しかし、個人的には、全く効果がなく無駄のように感じました。

これらに共通しているのは、とにかく"精神論"ということ。

やる気が出ないのは気持ちの問題と考える人も多いですが、本当にやる気が出ない時は気持ちどうこうの問題ではありません。

ということで、以下では"やる気が出ない時にやる気を出す方法7選"について詳しく見ていきましょう!

どれも私自身が実際に効果を実感した方法ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

やる気を出す方法①『とにかく体を動かす』

 

やる気が出ない原因として、まず体を動かせるスタート地点に立っていない可能性があります。

やる気が出ない時は、ランナーの足が完全に止まっているのと同じ状態。

そこからスピードを出して走るのには、ある程度の助走が必要となります。

そこで効果的なのが、とにかく"体を動かす"ということです!

 

仕事や勉強などをする前に、少しでも体を動かし助走をつけることによって、やる気がどんどんスピードを増して出てくるでしょう。

そもそも、やる気が出ない時は頭が動いていません。

頭と体は心身一体ですので、体を動かせば自然と頭も回転するようになります。

 

体を動かす=やる気スイッチ
  • ジョギング
  • ウォーキング
  • 掃除

 

とにかく体を動かすことが大事ですので、運動でも掃除でも好きなことをまずはやりましょう!

その中でも、特におすすめなのが"日光を浴びながらのジョギング"です!

日光を浴びると、幸せホルモンと呼ばれる"セロトニン"が分泌されます。

セロトニンは不足すると"うつ病"などの大きな原因となりますので、やる気を出すことにも深く関わっています。

まさに、体を動かすことが"やる気スイッチ"になるはずです!

 

やる気を出す方法②『15分の昼寝』

 

あなたは日々の生活の中で"昼寝"をしていますか?

中には、『そんなの時間がもったいないよ!』という方もいると思います。

しかし、最近では学校や会社でも"昼寝タイム"を設けているところは多くあります。

それだけ、適度な昼寝は様々なメリットがあるということ。

 

昼寝のメリット
  • やる気アップ
  • 記憶力アップ
  • 作業の効率アップ
  • 健康促進

 

適度な昼寝はやる気を出してくれる他にも、仕事や勉強などの効率をアップしてくれる効果があります。

これはもう生活に取り入れるしかない!

イメージとして、昼寝を例えるなら・・・

 

"昼寝=再起動"

 

あなたはスマホやパソコンの調子が悪くなった時に、まずは"再起動"をしますよね?

再起動をすると、ほとんどの問題は解決しますので、正常な動作に戻って一安心します。

これは人間も同じで昼寝をしてシャットダウンし、再起動することで疲労をリセットすることができます。

しかし、実際に昼寝をする際には、いくつか注意点があります。

 

昼寝の注意点
  • 時間は10~15分厳守
  • 15時以降の昼寝はしない
  • 昼寝の前に1杯のコーヒーを飲む

 

人間は15時以降の睡眠や30分以上寝てしまうと熟睡モードに入ってしまいます。

そうなると夜の睡眠にも支障が出てしまい、最悪の場合だと夜眠れなくなる睡眠障害になってしまいます。

ですので、15時以降と30分以上の睡眠は避けましょう。

さらに、昼寝後のケアとして寝る前にコーヒーを1杯飲む事をおすすめします。

これはコーヒーでなくてもカフェイン類ならOK。

昼寝前にカフェイン類を摂ることで、目覚めが良くなり頭がスッキリとします。

 

やる気を出す方法③『満腹を避ける』

 

美味しいものをお腹いっぱい食べると、とても幸せになりますよね。

しかし、その満腹感がやる気を低下している可能性があります。

そもそも、人は空腹時のほうがやる気が出やすいのだそう。

 

食事方法=やる気スイッチ
  • 満腹を避ける
  • 腹八分目を意識
  • 半日断食

 

午前中にやる気がなかった場合は、昼食を抜いてみたり腹八分目を心がけるなど対策が必要です。

しかし、空腹過ぎて栄養失調になってしまうと、やる気が出ないどころの問題ではありません。

ですので小、腹が空いたくらいを意識してみてください。

 

ちなみに!

 

これは私自身の経験談なのですが、たしかに半日の断食はやる気と集中力アップに効果的だと感じました。

しかし、これ以上の断食は逆に頭が回らなくなり、ちょっとしたミスを連発しやくすなります。

腸のリセットとして断食は効果的ですが、自分の体に合わせた条件で行いましょう。

 

やる気を出す方法④『笑う』

 

やる気が出ない時は、とにかく気分がブルーになりがちです。

そのため、ここ1週間の間は心の底から笑えていないという方も多いと思います。

たしかに、やる気がなく無気力だと何をしても楽しくないですよね。

しかし、人は笑うことで様々なメリットを得ることができるのだそう!

 

笑う=やる気スイッチ
  • 脳の活性化
  • 自律神経の調整
  • 幸福感を得る
  • 血行促進

 

まさに、笑うことは健康になるために大切なことです。

中でも、脳の活性化や自律神経の調整は、やる気を出す大きなポイントとなります。

特に季節特有のプチうつ状態によるやる気の低下は、笑うことで一気にやる気が出る可能性が十分あります。

 

しかし!

 

笑うといっても、ただ笑えばいいというわけではないみたい。

ここでポイントとなるのが、"心の底から笑う"ということ。

むしろ、作り笑いは精神面に良くない影響を与えるという情報もあります。

 

やる気を出す方法⑤『明日のために今日を生きる』

 

美子さん

明日のために今日を生きる?

 

どうしてもやる気が出ない時は、"諦める"というのも1つの手です。

しかし諦めるといっても、その日1日だけ限定。

ですので、明日やる気を出すために、今日を捨てる覚悟で生活するというのも秘策です。

その中で、やる気が起きたら儲けものですしね!

例えば・・・

 

  • ダイエット中なら今日一日だけ好きな物を好きなだけ食べる。
  • 仕事や勉強のやる気が出ないなら1日中好きなことをする。

 

これは諸刃の剣にも思えるかもしれませんが、ある道のプロたちはこれを日頃から行っています。

そのプロというのが・・・

 

"ボディビルダー"

 

ボディビルダーの用語で、"チートデイ"という言葉があります。

普段から食事制限を徹底しているボディビルダーですが、1週間に1度のペースで好きな物を好きなだけ食べる日を設けています。

このチートデイを上手く取り入れることにより、マンネリ化した日々の食事制限を180度変えることができるというもの。

 

ボディビルダーだって、1年中食事制限をすることは非常に困難です。

それと同じで、私たちも1年中やる気を保つことはほぼ不可能でしょう。

ですので、チートデイのように1日くらい堕落した生活を過ごすのも良いかもしれません。

しかし、次の翌日はしっかりと行動しましょう!

 

やる気を出す方法⑥『真・やる気スイッチ』

 

某テレビCMみたいに、私たちの体のどこかにやる気スイッチがあればいいですよね。

しかし、あれはただのCM・・・。

そんなスイッチなんて、どこを探しても・・・

 

あるんです!( ´,_ゝ`)

 

もちろん、私たちの体に物理的なスイッチはありませんが、やる気スイッチと同じようなものがあるんです、

それは何かというと・・・

 

"後悔"

 

なんと、人は後悔することによって、やる気が生まれると言われます。

普段の生活の中で後悔することってよくありますよね。

例えば・・・

 

  • ダイエット中なのにお菓子を食べてしまった。
  • 勉強不足でテストの点数が悪かった。
  • もっと頑張ればビッグビジネスを成功できた。

 

人は心底後悔することで脳が活性化され、やる気がどんどん湧いてくるのだそう。

また、他人の後悔を見たり聞いたりし感銘することで、真のやる気スイッチが押された状態にもなると言われています。

『本当なの?』と思う方もいるかもしれませんが、実際に本当に後悔した直後ってやる気が満ち溢れてきます。

まさに失敗は成功のもと。

しかしここでポイントとなるのが、上辺だけでなく本当に後悔を実感することです。

 

やる気を出す方法⑦『生活習慣を整える』

 

これはやる気を出すことに限らず、人間が健康で長生きするために一番大事なことです。

心身は一体です。

体の具合が悪くなれば精神的にも落ち込んでしまいます。

ですので心身の健康を味方につければ、やる気が出ないと悩むことと無縁になります。

 

生活習慣を整える=やる気アップ!
  • バランスの良い食生活
  • 睡眠の質が良い
  • 適度な運動

 

生活習慣を整えるポイントとして、主に上の3つがあります。

この3つを意識することが大事ですので難しいですが、実現したら大きな見返りとなるでしょう。

この中でも、特に大事なのが"睡眠の質"です。

睡眠は、その日の疲れを癒やす大切なことです。

ですので、睡眠の質を高めるためにも、寝る前にストレッチやお風呂に入るなどリラックスすることを意識しましょう。

 

まとめ

 

負のループから脱出!

 

一度やる気が出なくなると、その状態からなかなか抜け出せなくなってしまいます。

しかし、その負のループから抜け出すためにも、上の7つのどれかを実践すると意外と簡単に脱出できるかもしれません。

この中でも、個人的に一番効果があったのは"後悔"です。

なかなか、心底後悔するという事は少ないかもしれませんが、その時はチャンスですので是非行動してみましょう!

 

関連記事