成長ホルモンをドバっと分泌させる5つのコツ

 

このページでは、"成長ホルモンをドバっと分泌させる5つのコツ"について詳しくご紹介しています!

成長ホルモンは、"美容・アンチエイジング・ダイエット・健康"などの全てに非常に大きく関わっています

そのため、『いつまでも若々しくいたい!』と思っている方には、非常に重要なポイントになります!

 

成長ホルモンとは?

 

美子さん

成長ホルモンってなに?

 

中には、美子さんと同じように『成長ホルモンってなに?』と疑問に思う方は多いかもしれませんね。

ということで、まずは"成長ホルモン"について簡単に説明しますね。

その名の通り、成長ホルモンは"子供が大人に成長するために分泌されるホルモン"です。

しかし、成長ホルモンは他の作用もあるんです。

 

成長ホルモンの作用
  • 代謝を促進する
  • 疲労を回復する
  • 細胞を新しくする

 

そもそも、成長ホルモンは大人も分泌されているのですが、実は"30代以降"は分泌量が一気に減少してしまうんです。

例えば、若い人は疲れにくいですし、たとえ怪我や病気をしても直ぐに治りますよね。

まさに、これこそが成長ホルモンの分泌のおかげなんです。

 

成長ホルモンをドバっと分泌させる5つのコツ

 

以下では、"成長ホルモンをドバっと分泌させる5つのコツ"について詳しく見ていきましょう!

先程もお伝えしましたが、私たちは"30代"を過ぎると、一気に成長ホルモンの分泌が少なくなってしまいます。

ですので、特に現在30代以降の方はもちろんのこと、まだ10~20代の方も参考にしてみてくださいね♪

 

成長ホルモンを分泌させるコツ①『睡眠の質を高める』

 

先程もお伝えしましたが、若い人は成長ホルモンの分泌が活発になっています。

しかし、30代を過ぎると"就寝中"しか成長ホルモンが分泌されなくなると言われています。

つまり、30代以降の方が成長ホルモンをドバっと分泌させるためには、とにかく"睡眠"が非常に重要なポイントになるということです。

 

そもそも、成長ホルモンは日中に傷付いた細胞を修復し、さらに新しく生まれ変わらせる働きがあります。

さらに、脂肪燃焼効果を高めてくれたり、お肌の代謝を促してくれるなど、まさに"健康・美容・アンチエイジング・ダイエット"に非常に大きな影響を与えているんです。

しかし、30代を過ぎると成長ホルモンの分泌が衰えてしまうため、細胞を修復&新しく生まれ変わらせる力も衰えてしまいます。

そこで、成長ホルモンをドバっと分泌させるためにも、以下のポイントを意識して睡眠を取るようにしましょう!

 

成長ホルモンの分泌を促す睡眠
  • 最低でも夜12時までに寝る
  • 寝る前にスマホ・パソコンの画面を見ないようにする
  • 寝る前にゆっくりと湯船に浸かる
  • 寝室は真っ暗にする
  • 寝る前のアルコール・カフェインの摂取は控える

 

特に寝る前にスマホ・パソコンを使うと、それによって脳が覚醒してしまい、深い眠りを妨げてしまいます。

そして、寝る直前にお風呂に入ってしまうと、自律神経の"交感神経"が刺激されて、なかなか眠れなくなってしまうこともあります。

そして、ご存じの方は多いかもしれませんが、寝る前のアルコール・カフェインは脳を覚醒するだけでなく、成長ホルモンの分泌自体を抑えてしまいます。

このように、私たちの何気ない日々の習慣が、実は成長ホルモンの分泌を抑えてしまう原因になるんです!

 

成長ホルモンを分泌させるコツ②『筋トレ』

 

成長ホルモンがドバっと分泌させるタイミング。

それは、ズバリ・・・

 

  • 筋肉が傷付いた時
  • 筋肉が破壊された時

 

中には、『そんな怖いことしたくない!』なんて思う方もいるかもしれませんが(笑)

ご安心してください。

筋肉の損傷と破壊は細胞の一部で起こることですので、『激痛に我慢する必要がある!』というわけではありません!

そもそも、筋トレは"筋肉を傷付ける行為"であり、それによって"超回復"などの筋肥大効果を得ることができます。

そして、筋肉の細胞が傷付いたり、破壊されると、私たちの脳は・・・

 

脳くん

やばい!

筋肉の細胞が傷付いてる!

早く治さないと!!!

 

このように全身に司令を出して、成長ホルモンをドバっと分泌させるんです。

つまり、筋トレは筋肉量が増えて健康な体になるだけでなく、美容やアンチエイジングにも嬉しい効果が期待できるということ!

筋肉の"超回復"については、以下の関連記事で詳しくご紹介しています!

 

関連記事

 

成長ホルモンを分泌させるコツ③『有酸素運動』

 

以前までは、『有酸素運動は成長ホルモンの分泌を促さない』と言われていましたが、それはもう古い情報です。

どうやら、アメリカの研究者によると、"1日に10分間の有酸素運動を3回に分けて行う"と、成長ホルモンの分泌が促進されるとのこと。

中には、『筋トレが苦手』という方も多いと思いますので、その場合はウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をおすすめします!

 

成長ホルモンを分泌させるコツ④『空腹状態を保つ』

 

実は"空腹状態"というのも、成長ホルモンをドバっと分泌させる非常に重要なポイントです。

そもそも、私たちが空腹を感じている時というのは、体内の血糖値が下がっている状態です。

そして、体内の血糖値が下がると・・・

 

成長ホルモンの分泌の仕組み

血糖値が下がる

  • 成長ホルモンの分泌が促される

血糖値が上がる

  • 成長ホルモンの分泌を妨げる

 

しかし、だからと言って、まるで我慢大会のように空腹を堪えるのは良くありませんので、あくまでも"お腹が空いていない時は食べない"ということを意識しましょう。

 

関連記事

 

成長ホルモンを分泌させるコツ⑤『食生活を整える』

 

上記では、成長ホルモンをドバっと分泌させる4つのコツをご紹介しました。

しかし、どんなに成長ホルモンの分泌を促そうとしたところで、成長ホルモンの材料となる栄養をしっかり摂らないと、それは無駄になってしまいます。

ですので、日々の生活の中で成長ホルモンの原料となる"良質なアミノ酸"をしっかり摂るように意識しましょう。

 

良質なアミノ酸とは?
  • 肉類
  • 魚介類

 

つまり、成長ホルモンは"たんぱく質"が原料となっており、日々の生活の中でたんぱく質を豊富に含む食材をしっかり摂ることが非常に大切です!

ですので、空腹時にアミノ酸を豊富に含む食事を摂って、良質な睡眠と適度な運動をすることで・・・

 

成長ホルモンが大量分泌!

 

ということです♪

つまり、言ってしまえば、成長ホルモンをドバっと分泌させるためには、"生活習慣を整える"ということが重要なんですね。

 

まとめ

 

私は2人の息子がいるのですが、まだ未就学児のため、本当に羨ましいくらいのエネルギーで溢れています。

もちろん、体は日に日に大きくなっていますし、寝る時はまるでスイッチが切れたようにコトンと寝てしまいます。

そして、目を覚ますと突然走り出して、たとえ転んで怪我をしてもあっという間に治ってしまいます。

 

残念ながら、30代を過ぎてしまうと、このような体を手に入れることは難しいですが・・・。

しかし、今回ご紹介した成長ホルモンをドバっと分泌させる5つのコツを実践すれば、今以上に若々しくて健康な体を取り戻せるはず!

成長ホルモンを味方につければ、中学や高校の同窓会で独り勝ち、なんてちょっとした野望も叶っちゃうかも・・・!

 

前のページ

次のページ