美容に最高!米ぬかの超おすすめの利用法4選

 

このページでは、美容に嬉しい効果が期待できる"米ぬかの利用法"について詳しくご紹介しています!

あなたは米ぬかを捨てていませんか?

実は米ぬかは美容に嬉しい様々な効果が期待できるため、数多くの美容家の方も推奨しているほどなんですよ♪

 

米ぬかに含まれる美容成分が凄すぎる!?

 

あなたは米ぬかに非常に豊富な"美容成分"が含まれていることをご存知でしたか?

そもそも、米ぬかは体に良いと言われている"玄米の良い所"だけを取ったものですので、玄米以上に様々な嬉しい成分が含まれているんです!

 

米ぬかに含まれる美容成分

✓フィチン酸

  • これは抗癌作用や抗腫瘍作用があるといわれる優れた成分です。尿路結石や腎結石の予防にも効果が期待でき、歯垢をつかないようにする効果も見込めるそうです。

✓ イノシトール

  • セロトニン異常が原因で起こるうつ病やパニック障害、強迫神経症に効果が期待できると言われています。その他、脂肪肝や高脂血症の予防としても。

✓ フェルラ酸

  • 米ぬかに特別に含まれている成分で紫外線吸収や酸化防止機能があるので化粧品や食品に使われています。

✓ γ-オリザノール

  • こちらも米ぬかに特別に含まれ、主にコレステロールの吸収を抑えたり、更年期障害などの不定愁訴に効用があると言われています。実際に医薬品として使われています。こちらの成分も紫外線防止のために化粧品に使われています。

✓ 食物繊維

  • 言わずと知れた、超有名な美容成分です。

✓ ビタミンB1

  • お肌の新陳代謝を活発にしてくれます。

✓ ビタミンB2

  • 美肌のビタミン。お肌をツヤツヤにしてくれます。

✓ ビタミンE

  • アンチエイジングのビタミン。若返りのサポートをしてくれます。

✓ 鉄

  • 皮膚の弾力を保ち、新陳代謝を促してくれます。

✓ マグネシウム

  • マグネシウムの不足は肌の健康を悪化させてしまい、様々な肌トラブルを招きやすい状態にしてしまいます。

✓ マンガン

  • マンガンの不足は肌や髪の毛の状態を悪くしてしまいます。

 

とにかく、米ぬかが体に良いのは間違いなしです!

特に日々の生活の中で美容や健康に気を遣っているのなら、米ぬかは必須食材と言っても過言ではありません!

 

米ぬかの超おすすめの利用法4選

 

美子さん

そもそも、米ぬかってどうやって使えばいいの?

もしかして、そのままムシャムシャ食べるの!?

 

たしかに、米ぬかの利用法っていまいち分かりにくいですよね。

そもそも、米ぬかといえば、主に"ぬか漬け"として使うのが一般的です。

しかし、それだけでは勿体無い!

ということで、以下では"米ぬかの超おすすめの利用法4選"について詳しく見ていきましょう!

 

米ぬかの利用法①『米ぬか洗顔』

 

美子さん

あの、ニオイのきつい米ぬかを顔に??

勘弁してよ・・・。

 

そんなこと言わないで、騙されたと思って米ぬかで洗顔をしてみてください!

まずは、こちらの動画を見てみてください。

 

 

なんと、油性マジックとマスカラをいとも簡単に落としていますよね♪

それほど、米ぬか洗顔は非常に洗浄力が高いだけでなく、しかも肌に優しいんです!

 

米ぬか洗顔のやり方
  1. 小さじ2杯程度の米ぬかを手に取ります。
  2. お水を適量加える。(顔に伸ばせる程度)
  3. そのペーストを使ってスクラブ洗顔の要領でマッサージ
  4. 綺麗に洗い流す

 

たったこれだけで、本当にお肌がピカピカになるんです♪

例えば、敏感肌の方やオーガニックの化粧品を使いたい方は米ぬか洗顔がおすすめです。

しかし、ペーストはザラザラとしているので、マッサージの際はあくまでも優しく撫でるようにして洗います。

特に小鼻の周りを念入りにやると、黒ずみやザラつきが取れますよ♪

中には、『洗面所の排水口のつまりが心配!』と思う方も多いかもしれませんが、その場合は"糠袋"を使いましょう!

 

 

こちらの動画を見ると分かりやすいですが、米ぬかを糠袋に入れて、それを洗面器のお湯の中で揉みほぐし、そのお湯で洗顔をするというもの。

お湯が非常にまろやかになりますので、敏感肌の方にもおすすめです♪

 

関連記事

 

米ぬかの利用法②『米ぬかパック』

 

先程の『米ぬか洗顔』に慣れてきたら、次は"米ぬかパック"もしてみましょう♪

中には、『米ぬか洗顔を試してみたけど、やっぱりニオイが苦手』という方も多いかもしれませんが、実は何度も繰り返しているとニオイに慣れてくるんです。

人間の慣れって恐ろしいものですよね。

この独特の香りが、香ばしく感じてくるのです(個人談)

 

米ぬかパックのやり方
  1. 洗顔の時と同様かやや多めの米ぬかを準備
  2. 水で伸ばし、はちみつ、ヨーグルトを加えます
  3. ペーストを肌にまんべんなく伸ばします
  4. 5分~10分放置
  5. 蒸しタオルを乗せて優しく拭き取るようにぬぐいます
  6. ぬるま湯で流して完了

 

米ぬかだけでも効果的ですが、ザラザラしているので、はちみつやヨーグルトなどのお肌に良い材料と組み合わせてみるのもオススメです。

とっておも塗りやすくなりますよ。

ヨーグルトにはピーリング効果、はちみつには保湿効果が期待できます。

米ぬかにも保湿効果が期待できるので、相乗効果でしっとりとした肌に仕上がります。

毎日はお肌に負担がかかりますので、2日~3日おきくらいにやるのがベストです。

 

関連記事

 

米ぬかの利用法③『米ぬか風呂』

 

米ぬかの利用法として、実は"入浴剤"の代わりにも使えるんです!

もちろん、一人暮らしではない人は、事前に家族の了承を得てくださいね!(笑)

米ぬか風呂は顔はもちろんのこと、全身がツルンツルンになりますので、特に乾燥肌の方におすすめ!

高い入浴剤を買うより、自然にも優しく、お財布にも優しい、米ぬか入浴が一番です。

 

米ぬか風呂のやり方
  1. 袋に米ぬか500~600gを入れる。
  2. お風呂に浮かべてモミモミする
  3. しっとりすべすべ肌になれる、簡単!!

 

これだけでとっても簡単なのですが、袋というのが問題ですね。

どんな袋を使えばいいの?

 

  • 木綿で、手作りのぬか袋を作る
  • 100均で売っているお茶パックを使用(ひと袋が小さいので何個も浮かべないといけませんが手軽ではあります)
  • 使い古したストッキングを再利用

 

色々と工夫して、オリジナルのぬか袋を作ってみてくださいね。

 

米ぬかの利用法④『米ぬかを食べる』

 

米ぬかの利用法として、やはり一番簡単なのは"食べる"ということ!

そもそも、江戸時代に白米が主食として食べられるようになると"脚気"という病気が一気に流行りました。

脚気はビタミンB1が不足して起こる疾患であり、全身の倦怠感・食欲不振・足のむくみ・しびれなどの症状が出ます。

 

つまり、米ぬかを食べる機会が減ったことが脚気を流行らせてしまったのですが、今度はそれを予防するために"ぬか漬け"が作られたのだそう。

なんと、米ぬかに含まれるビタミンB1が野菜に吸収され、それを食べて脚気の症状が和らいだということです。

とはいえ、毎日のように米ぬかをたくさん食べるのは難しいですので、まずは"ちょい足し"をしてみましょう。

 

  • クッキーを作るときにひとさじプラス
  • ふりかけを作ってみる
  • ヨーグルトにきなこがわりにかけて食べる

 

などなど、日々の生活の中で食べているものに米ぬかをプラスする方法が一番取り入れやすいです。

いつまでも若々しく、美しい女優の十朱幸代さんがヨーグルトにかけて食べていることでも話題になりました。

とにかく、毎日、少しずつ摂ることが大切です。

しかし、注意点がひとつありまして、"無農薬の米ぬか"を選ぶようにしてくださいね♪

農薬を使用している米ぬかは、それをそのまま食べてしまうと、農薬も摂取することになってしまうので気をつけてくださいね。

 

まとめ

 

今回は"米ぬかの超おすすめの利用法"について詳しくご紹介してきました!

早速、米ぬかを買ってきて、洗顔やパック、お風呂、食事に使ってみてくださいね♪

 

次のページ