健康に痩せる!朝活ダイエットのやり方4選

 

あなたは朝、ダラダラと過ごしていませんか?

寝起きは悪くありませんか?

実は『朝はダイエットに最適!』と言っても過言ではないほど、健康的に痩せている人は"朝活"を行っているんです!

ということで、今回は"朝活ダイエットのやり方"について詳しく見ていきましょう!

 

朝活とは?

 

そもそも、"朝活"とは一体何なのでしょうか?

まさに、読んで字の如く、とにかく"朝を活動的に過ごす"ということです。

例えば、朝活はダイエットに限らず、朝に読書を行ったり、朝に仕事を行うなど。

全ての成功者は朝活を行っていると言っても過言ではないほど、とにかく朝の活動は非常に有意義な時間を過ごすことができます。

 

朝の時間はダイエットのゴールデンタイム!

 

先程もお伝えしましたが、朝はダイエットに最適の時間帯なんです。

その理由は、朝の時間は"食事誘発性熱産生(DIT)が高い"というのが最大の理由です。

 

食事誘発性熱産生とは?

人がエネルギーを消費する方法の一つ。

 

食事誘発性熱産生は食事をした時の消化・吸収に伴い、熱を発散する時に消費されるエネルギーのことです。

この食事誘発性熱産生が1日の中で最も高いのが午前中と言われており、それによって効率的にダイエットを行えるということです!

『朝はしっかり食べても太らない』と言われていますが、まさにこれこそが食事誘発性熱産生が理由になっているということです。

 

朝活ダイエットのやり方4選

 

以下では、"朝活ダイエットのやり方"について詳しく見ていきましょう!

 

朝活ダイエットのやり方①『軽い有酸素運動』

 

朝起きたら、まずは"軽い有酸素運動"を行いましょう。

特に朝目覚めた後の時間帯は"交感神経"が活発に働くため、夜の時間に全く同じ運動を行うのに比べて、朝の時間帯は"エネルギーを10%も多く消費する"と言われています。

普段は夕方~夜の時間に運動をしているという方は、夜は出来るだけ早く寝るようにして、朝早く起きて運動をするようにしましょう♪

しかし、朝の時間帯は体に大きな負荷を掛けると危険ですので、あくまでも軽い有酸素運動がポイントです!

 

朝活ダイエットのやり方②『ストレッチ』

 

美子さん

の時間に外に出て運動をするのは、ちょっと・・・。

 

中には、美子さんと同じように思う方も多いですよね。

特に女性はすっぴんで外に出るのは恥ずかしかったり、そもそも朝の時間に運動をする時間がないという方も多いはず。

その場合は、家の中で"ストレッチ"をしてみましょう。

朝の時間にストレッチをすると"交感神経"が活発に働きますので、筋肉をしっかり目覚めさせることができます。

 

朝活ストレッチのメリット
  • 寝てる間に凝り固まった筋肉をほぐす
  • 全身の血行を良くする
  • 太りにくい体質作り
  • 1日を代謝の良い状態で過ごせる

 

朝の時間は忙しいという方も、たった数分のストレッチならできますよね。

体がとても気持ちよくなるのを感じられます♪

以下のストレッチ方法はベッドの上でも簡単に行えますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

 

朝活ダイエットのやり方③『コップ1杯の水を飲む』

 

朝起きて直ぐにコップ1杯の水を飲むと、ダイエットだけでなく、便秘解消や美容にも嬉しい効果が期待できます。

実は朝起きてコップ1杯の水を飲むと、交感神経のスイッチを押すことができるんです。

さらに、人は寝ている間に水分を消費していますので、その消費された水分を補うためにも非常に大切です。

 

朝にコップ1杯の水を飲むメリット
  • 内臓の働きが活発になる
  • 代謝が良くなる
  • 全身の血液の流れが良くなる

 

つまり、朝起きて直ぐにコップ1杯の水を飲むことで、体に『朝だよ!起きて!』と教えてあげることができるんです。

そうすると、朝の時間を無駄に過ごすことはなくなりますし、その日1日が非常に有意義なものになります。

ダイエットだけでなく、より良い人生にするためにも、朝のお水は非常に大切です。

 

朝活ダイエットのやり方④『朝食を食べる』

 

あなたは毎日"朝食"をしっかり食べていますか?

実は朝食をしっかり食べないと、むしろ"太りやすく"なってしまうんです!

さらに・・・

 

朝食を食べないデメリット
  • 太りやすくなる
  • 便秘になりやすい
  • 頭が働かない

 

朝食を食べないということは、ダイエットに限らず、その日1日の過ごし方に非常に大きな悪影響を与えてしまいます!

ということで、以下では"より効率的な朝食の摂り方"をご紹介します♪

 

✓ 朝はパンよりもご飯

朝ごはんに食べるのはパンよりもご飯がおすすめ。

朝に、お米を炊いて、オカズを用意してなんてなかなか難しい・・・

という人は、前日の夜におにぎりを作っておいて冷蔵庫に入れておく、あるいは、玄米や雑穀米を普段から多めに炊いておいておにぎりにして、冷凍しておくという方法もいいですね。

パンよりもご飯がいい理由は、よく噛むことで脳の中枢神経に伝わり、脳内物質のヒスタミンが満腹中枢を刺激し、食欲を押さえてくれるという効果が見込めるからです。

パンはパクパクとすぐにたくさん食べられてしまうのに対し、ご飯はよく噛む必要がありますので、量を食べる前に満腹になるというわけです。

特に玄米などがいいですね。

 

✓ 果物を摂る

旬な果物を食べるのが特にオススメ。

バナナやりんごなど一年中摂れる果物もいいですが、その時期にしか食べられない果物をそれにプラスして取り入れるといいですね。

デトックスの効果も期待できる果物を、ご飯の前に食べるのがいいようです。

積極的に摂るようにしましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

『朝活ダイエット』と聞くと、何だか朝が弱い人には辛いイメージしかないかもしれませんが、こうやって見ていくと自分にもできそうなことがありませんでしたか?

私は、ストレッチ、朝の水一杯、朝ごはんをしっかり食べる、ということを実践していますが、極端に太ったりということは今のところありません。

 

こういう風に、自然に取り入れられるようになると太りにくい体質になれるのかもしれません。

今日から、朝活を習慣にして、あなたも痩せ体質になりませんか?

まずは、できることから始めるようにして、無理をせずに続けていきましょう♪

 

前のページ

次のページ