【保存版】チアシードの超おすすめの食べ方15選

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%ef%bc%92

 

美子さん

美容・健康・ダイエットのためにチアシードを買ってみたけれど、いまいち食べ方が分からない・・・。

 

あなたも同じように悩んでいませんか?

チアシードには、"豊富な栄養素"がたっぷり詰まっており、あなたに様々な嬉しい効果を期待させてくれます。

しかし、その効果を実感するためには、最低でも"1ヶ月くらい"は食べ続けたいところ。

 

ただし、チアシードは"無味無臭"”の食べ物ですので、1週間も毎日食べ続けていれば、その味に飽きてしまうでしょう。

それに、せっかくチアシードを食べるのなら、"毎日食べても飽きないほど美味しい食べ方"で効果的に摂取したいですよね。

 

そこで本日は、"チアシードの効果的なオススメの食べ方"をご紹介します。

どれも実際に私が試した方法で、『これはおすすめ!』と感じた食べ方のみを厳選してお伝えしています。

ぜひ参考にしてみてください。

 

目次

 

  1. チアシードのおすすめの食べ方10品(飲み物編)
  2. チアシードのおすすめの食べ方5品(食べ物編)
  3. チアシードのおすすめの食べ方ランキングTOP3
  4. チアシードの正しい食べ方
  5. チアシードの効果的な食べ方

 

チアシードのおすすめの食べ方10品(飲み物編)

 

以下では、チアシードを毎日美味しく食べられる、"おすすめの食べ方"についてまとめています。

まずは"飲み物編"として、チアシードを美味しく摂取できる飲み物を10品ご紹介します。

主に以下の10品は飲み物にチアシードを加えるだけですので、非常に簡単に食べられるというのが一番のメリットです。

 

チアシード&グリーンスムージー

%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab%e9%85%b5%e7%b4%a0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%bc%ef%bc%93

 

おすすめ:★★★★★

 

このレシピは"健康・美容・ダイエット"など、様々な目的の方に特におすすめしたいチアシードの食べ方です。

グリーンスムージーはチアシードに負けないくらい、栄養価が高く満足感のあるドリンクです。

そこにチアシードを加える事で、まさに健康・美容・ダイエットに嬉しいスーパードリンクが完成します。

たった1杯飲むだけで満腹感を得られますので、朝食代わりやおやつ代わりに飲むことで、置き換えダイエットとしての効果も期待できます。

 

◆ チアシード&グリーンスムージーのレシピ♪

レシピ①『用意するもの』
%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab%e9%85%b5%e7%b4%a0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%bc%ef%bc%95
用意するもの
  • 水に戻したチアシード 適量
  • 粉末グリーンスムージー 大さじ1杯
  • シェイカー
  • 水 300ml
  • 計量スプーン

 

私はこの食べ方でチアシードを摂取する時、"粉末状のグリーンスムージー"を使っています。

食材とミキサーを用意し、自宅でグリーンスムージーを手作りするのも良いのですが、何より材料費と手間が掛かってしまいます。

粉末グリーンスムージーの場合、仕事前の忙しい朝食の時間にも手軽に飲めますので、とてもおすすめです。

 

レシピ②『10秒間シェイクする』
%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab%e9%85%b5%e7%b4%a0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%bc%ef%bc%92

 

水に戻したチアシードと粉末グリーンスムージー、水をシェイカーに入れます。

そして10秒間ほどシェイクすれば、チアシードスムージーの完成です。

"たった10秒"で美味しいグリーンスムージーが完成しますので、時間がなく忙しい時でも手軽に飲めます。

私が実際に飲んでいる粉末状のグリーンスムージーの公式サイトを載せておきますので、気になる方はご覧になってみてください♪

 

公式サイト

⇒ http://naturalhealthystandard.com/

 

チアシード&コーヒー

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc

 

おすすめ:★★★★☆

 

アイスコーヒーにチアシードを入れて飲むと、まるで"コーヒーゼリー"を飲んでいるかのような食感を楽しめます。

普段と違った食感でコーヒーを楽しめるため、日頃からよくコーヒーを飲むという方は、ぜひ一度この食べ方を試してみてください。

ただチアシードは熱に弱いですので、なるべく"アイスコーヒー"に入れて飲むのがおすすめです。

私はコーヒーが苦手で、普段からあまり飲むことはないのですが、チアシード入りのコーヒーは、食感が楽しくて美味しく感じました。

 

チアシード&牛乳

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e7%89%9b%e4%b9%b3

 

おすすめ:★★★☆☆

 

チアシードを牛乳に入れて飲むと、これ1杯でかなりの"満腹感"を得られます。

ですので、特にダイエット中の方にはおすすめの食べ方ですね。

チアシードをしっかり噛むようにして飲むことで、牛乳本来の自然な甘みを楽しむことができます。

 

ちなみに先ほどの『チアシード&グリーンスムージー』のレシピに、水ではなく牛乳を入れて作ることで、まるで"シェイクのような甘みの強いチアシードスムージー"が完成します。

自宅にチアシードと牛乳、粉末状のグリーンスムージーがあるという方は、ぜひ一度試してみてください。

 

チアシード&豆乳

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e8%b1%86%e4%b9%b3

 

おすすめ:★★★☆☆

 

豆乳が好きで普段からよく飲むという方は、ぜひ豆乳にチアシードを入れてみてください。

豆乳は特に女性に嬉しい働きがありますので、そこにチアシードを加える事で、日々の健康や美容のサポートをより効率的に行ってくれます。

こちらも"粉末グリーンスムージー"を入れると、より甘さが際立つ非常に美味しいスムージーが完成します。

 

チアシード&スープ

 

チアシードを温かいスープに入れる食べ方も非常に人気が高いです。

今回は"和・洋・中"の3種類のスープにチアシードを入れてみました。

 

◆ トマトスープ

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%97

 

おすすめ:★★★★★

 

これは実際に食べてみて驚いたのですが、チアシードとトマトスープの相性は"抜群"です。

元々チアシードは無味無臭の食べ物ですが、酸味の強いトマトスープに入れることで、ほぼチアシードを食べているという食感は一切ありませんでした。

ただチアシードは熱に弱いですので、大事な栄養素が壊れやすいというのがデメリットですね。

この記事を書くにあたって、私は初めてトマトスープにチアシードを入れて飲んだのですが、今後もトマトスープを飲む際には積極的にチアシードを入れたいと思えました。

 

関連記事

 

◆ 中華スープ

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e4%b8%ad%e8%8f%af%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%97

 

おすすめ:★★☆☆☆

 

中華スープ自体にとろみがあるため、そこにチアシードを入れることで、さらにスープのとろみが増してしまいます。

私的にはちょっととろみが強すぎるせいか、飲んでいて気持ち悪いと感じてしまいました。

それに味的にもトマトスープの方が、チアシードとマッチしている印象です。

 

◆ 味噌汁

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e5%91%b3%e5%99%8c%e6%b1%81

 

おすすめ:★★★★☆

 

一見すると合わなそうな組み合わせですが、これが"意外"と美味しいんです。

中華スープよりも味噌汁に入れた方が、チアシードを美味しく食べられるというのはビックリ。

ただ写真のような具沢山の味噌汁だからこそ、チアシードの食感を感じにくいため、美味しく食べられているのかもしれないですね。

ぜひ一度は試して欲しい食べ方の1つです。

 

チアシード&紅茶

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e7%b4%85%e8%8c%b6

 

おすすめ:★★★★☆

 

紅茶自体が全く癖のない飲み物ですので、こちらも非常にチアシードとの相性が良いです。

特に甘いスイーツを食べた後など、口の中をサッパリさせたい時におすすめです。

こちらの"ルイボスティー"も相性抜群ですので、おすすめです!

 

関連記事

 

チアシード&ミルクティー

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc

 

おすすめ:★★★☆☆

 

甘いミルクティーにチアシードを入れると、まるで"タピオカ入りのミルクティー"を飲んでいるかのような食感になります。

それにミルクティー自体の色が濃いため、見た目的にもチアシードが気になるようなことはありません。

ただ私が飲んだミルクティーは香りが弱かったせいか、ブラックチアシードを入れたところ、若干ですがチアシード独特の種の匂いを感じました。

もしチアシードの香りが気になるという場合は、比較的ブラックチアシードよりも香りの弱い、"ホワイトチアシード"を選ぶのをおすすめします。

ホワイトチアシードについては、以下の"関連記事"を参考にしてみてください♪

 

関連記事

 

チアシード&飲むヨーグルト

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e9%a3%b2%e3%82%80%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%88

 

おすすめ:★★★★☆

 

この食べ方は、特に"便秘"でお悩み中の方におすすめです。

チアシードに含まれる豊富な食物繊維と、飲むヨーグルトに含まれる乳酸菌の力によって、より効率的に便秘解消の効果を期待させてくれます。

味的にも非常に組み合わせが良いですので、特に女性に試して欲しい食べ方です。

 

チアシード&緑茶

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e7%b7%91%e8%8c%b6

 

おすすめ:★★★★☆

 

スッキリとした味わいの緑茶にも、意外とチアシードはマッチするんです。

特にホッと一息つきたい時などに、この食べ方は非常におすすめ。

 

チアシード&青汁

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e9%9d%92%e6%b1%81

 

おすすめ:★★★☆☆

 

栄養バランスを整える目的や、日々の健康を意識している方にとっては、チアシードを青汁に入れて飲む方法は非常におすすめ。

ただ青汁自体に苦味があり、非常に"癖の強い飲み物"ですので、味を楽しみながら美味しくチアシードを食べるのは難しいかも。

しかし、チアシードと青汁の豊富な栄養素をたった1杯で摂れるのが嬉しいですね。

『青汁が苦手!』という方は、以下の"フルーツ青汁"を選ぶのもおすすめです!

 

関連記事

 

チアシードのおすすめの食べ方5品(食べ物編)

 

次は"食べ物編"として、チアシードを美味しく摂取できる料理5品をご紹介します。

どれもチアシードを混ぜるだけの簡単な料理ですので、ぜひ気になる食べ方がありましたら試してみてください。

 

チアシード&ヨーグルト

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%88

 

おすすめ:★★★★☆

 

チアシードをヨーグルトに混ぜる食べ方は非常に有名ですよね。

私も最初はこの食べ方でチアシードを摂取していたのですが、さすがに毎日続けていると味に飽きてしまいます。

ただ相性は非常に良いですので、一度は試して欲しい食べ方です。

 

もし味に飽きてきた時は、フルーツやハチミツなどを入れるのがおすすめ。

ちなみに私は、よく"オリゴ糖"を入れてチアシードヨーグルトを食べていました。

 

チアシード&サラダ

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%80

 

おすすめ:★★★★☆

 

日頃からサラダをよく食べるという方は、ぜひそこにチアシードをトッピングしてみてください。

サラダのシャキシャキした食感に負けて、一切チアシードのプチプチ感は感じられません。

ですので普段通りのサラダを食べている感覚で、チアシードも合わせて摂取することができます。

もしくはドレッシングの中にチアシードを入れれば、"ジュレドレッシング"のようにしてチアシードを摂取することもできます。

 

関連記事

 

チアシード&ご飯

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%94%e9%a3%af

 

おすすめ:★★★☆☆

 

ご飯を炊く時に生のチアシードを入れることで、プチプチとした食感が楽しい"チアシードご飯"がふっくら炊きあがります。

普通の白米よりもヘルシーになるだけでなく、チアシードの豊富な栄養素も一緒に摂取できます。

 

写真ではチアシード以外にも様々なスーパーフードが入っている、市販の"スティックタイプの商品"を使ってみました。

雑穀米のような味と香りが楽しめますが、やはり白米と比べるとやや癖があります。

それに熱によってチアシードの栄養素も壊れやすくなりますので、その辺もややデメリットかも。

 

関連記事

 

チアシード&シリアル

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%ab

 

おすすめ:★★★★★

 

チアシードのプチプチ感が、シリアルのサクサク感と非常に"マッチ"して美味しいです。

朝食にシリアルをよく食べるという方は、ぜひチアシードを混ぜて食べてみて欲しいですね。

特に成長期のお子さんやダイエット中の方におすすめで、これ1つで豊富な栄養素が摂取出来るだけでなく、かなり腹持ちが良く満腹感を感じられます。

 

チアシード&クッキー

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc

 

おすすめ:★★★☆☆

 

今回はチアシードクッキーを手作りするのではなく、コンビニ等でも販売されている"市販のチアシードクッキー"を食べてみました。

1枚の大きさが小さめのクッキーですが、中にはたっぷりのチアシードが入っています。

味はココアとキャラメルの2種類があり、どちらも甘さが控えめで、チアシードのプチプチ感とクッキーのサクサク感が楽しいですね。

 

今回は市販のチアシードクッキーを選びましたが、実際に自分で手作りするとなると、やはり調理の手間が掛るのがネックです。

それにチアシードクッキーには、生の状態のチアシードを使います。

ですのでチアシードクッキーを食べる時は、なるべく飲み物と一緒に食べるようにしましょう。

チアシードの水分を吸収する働きによって、体内の水分を吸収してしまう恐れがあります。

 

チアシードのおすすめの食べ方ランキングTOP3

 

上記では、チアシードの効果的なおすすめの食べ方15品をご紹介しました。

その中でも特におすすめだと感じたのが、以下の3つの食べ方です。

 

%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab%e9%85%b5%e7%b4%a0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%bc%ef%bc%93

 

第1位『チアシード&グリーンスムージー』

美味しさ:★★★★★
手軽さ :★★★★★
栄養素 :★★★★★
腹持ち :★★★★★
総合評価:★★★★★

 

第2位『チアシード&シリアル』

美味しさ:★★★★★
手軽さ :★★★★☆
栄養素 :★★★★☆
満腹感 :★★★★★
総合評価:★★★★☆

 

第3位『チアシード&トマトスープ』

美味しさ:★★★★★
手軽さ :★★★★☆
栄養素 :★★★☆☆
満腹感 :★★★☆☆
総合評価:★★★★☆

 

美味しさ・手軽さ・含まれる栄養素・満腹感など。

総合的に考えても特におすすめなのが、"グリーンスムージー"にチアシードを混ぜる食べ方です。

私はもう2年ほどチアシードを食べ続けていますが、この食べ方を行うまでは、継続的に食べ続けることが出来ていませんでした。

 

やはり毎日のようにチアシードを食べていると、次第に飽きてしまい、もう食べたくないと思ってしまうんですよね。

チアシードには様々な効果が期待できますが、薬やサプリと違って自然食品ですので、その効果を実感するためには、長く食べ続ける必要があります。

そういった意味でも、"毎日飽きずに食べ続けられる"というのは大きなポイントです。

 

%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab%e9%85%b5%e7%b4%a0%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%bc%ef%bc%94

 

ぜひチアシードを毎日継続的に食べたいと思っている方は、"チアシードスムージー"を試してみてください。

ちなみに私は、ナチュラルヘルシースタンダードの『ミネラル酵素グリーンスムージー』を愛用しています。

このグリーンスムージーはとにかく味がおいしく、たった1杯にミネラルや酵素が"約200種類"入っているのが嬉しいポイントです。

 

%e3%83%8a%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%98%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%89

 

ちなみに味は"7種類"から選べるのですが、中でも私はマンゴー味が特におすすめです。

酸味と甘さのバランスが程よく、おやつ代わりに毎日でも飲みたくなる美味しさです。

ぜひあなた好みのスムージーを見つけて、チアシードと混ぜて飲み続けてみてください。

 

公式サイト

⇒ http://naturalhealthystandard.com/

 

チアシードの正しい食べ方

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%ae%e6%88%bb%e3%81%97%e6%96%b90

 

以下では、"チアシードの正しい食べ方"について詳しく見ていきましょう。

チアシードは、生の状態でも食べることができますが、基本的には"水に戻す"という下処理を行ってから食べるようにします。

この下処理を行うことによって、チアシードが水分をしっかり吸収し、ぷるぷるとしたゼリー状に変化すると、生の状態よりもチアシードの効果をより発揮させることができるんです。

 

関連記事

 

そしてチアシードを水に戻す際に、一番気を付けたいのが"水の量"です。

チアシードは水を吸収すると、生の状態と比べて"約8~14倍"にも膨張します。

ですのでチアシードを水に戻す際には、しっかりとチアシードに水分を吸収させるためにも、用意したチアシードの約10倍の量の水を使うようにしましょう。

 

チアシードを生の状態で大量に食べたり、しっかりと水に戻さずに食べると、むしろ身体に悪い影響を与える可能性があります。

安全にチアシードを食べるためにも、以下のチアシードの正しい水の戻し方をしっかり覚えておきましょう。

チアシードの副作用や危険性については、以下の関連記事を参考にしてください。

 

関連記事

 

チアシードの正しい水の戻し方

戻し方①『用意するもの』

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%ae%e6%88%bb%e3%81%97%e6%96%b920
用意するもの
  • チアシード 大さじ1杯(約10~15g)
  • 水 150ml
  • スプーン
  • 容器(タッパーなど)

 

先程もお伝えしましたが、チアシードを水に戻す際には、チアシードの"約10倍の量の水"を用意します。

『ちょっと水が多いかな?』と思うかもしれませんが、チアシードの高い吸水力によって水をしっかり吸収してくれます。

 

戻し方②『容器にチアシードを入れる』

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%ae%e6%88%bb%e3%81%97%e6%96%b930

 

チアシードを水に戻す際の容器は何でもOKですが、なるべく蓋が付いているタッパーなどがおすすめです。

 

戻し方③『チアシードに水を加える』

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%ae%e6%88%bb%e3%81%97%e6%96%b940

 

チアシードを入れた容器の中に、用意した水150mlを加えます。

 

戻し方④『かき混ぜる』

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%ae%e6%88%bb%e3%81%97%e6%96%b960

 

水を加えた瞬間からチアシードは吸水を始めます。

水を加えてすぐかき混ぜることで、チアシードがダマになりにくくなります。

しっかりかき混ぜても多少はダマになりますので、20~30回程かき混ぜればOKです。

 

戻し方⑤『冷蔵庫に約30分ほど置いておく』

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%ae%e6%88%bb%e3%81%97%e6%96%b970

 

そしてしっかりかき混ぜたら、容器に蓋をして冷蔵庫などに30分ほど置いておきます。

約30分ほど置いておくと、上の写真のようにチアシードがしっかり膨張します。

しかしダマが少しありますので、用意したスプーンでダマを潰すようにしてかき混ぜます。

この状態でも食べてOKなのですが、まだ水をしっかり吸水できていない場合は、さらに30分~60分ほど冷蔵庫に放置します。

 

戻し方⑥『完成』

 

チアシードに水を加えて約1~2時間ほどで、しっかりとチアシードが水を吸水してくれます。

これでチアシードを水に戻す下処理は完成です。

 

チアシードを水に戻す理由

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%ef%bc%93

 

チアシードを"生の状態"で食べると、むしろあなたの身体に悪影響を及ぼす可能性があります。

生のチアシードには"発芽毒"があると言われており、それを体内に摂り入れることで、人によって様々な症状が現れる危険性があります。

そもそも発芽毒は玄米などにもあるそうで、種が危険から身を守るためのものなのだそう。

 

関連記事

 

チアシードを生の状態で食べる場合は、料理やスイーツに"少量をふりかける程度"にし、そして食後にコップ1杯ほどの水分を摂るようにしましょう。

チアシードは水分を吸収する働きがありますので、生の状態で大量に食べると、あなたの体内の水分を吸収してしまう恐れがあります。

 

チアシードは水に戻すことによって、"チアシード本来の効果"を最大限に発揮することが出来ます。

ですので基本的には水に戻した状態を食べるようにし、たまに生の状態で少量を食べるくらいがおすすめです。

チアシードを水に戻すことによって期待できる効果については、チアシードの効果・効能|健康や美容に嬉しい10のメリットの記事で詳しくお伝えしております。

 

チアシードの効果的な食べ方

 

以下ではチアシードの効果を最大限に発揮させる、"効果的な食べ方"についてご紹介します。

チアシードには豊富な栄養素が含まれていますので、ただ食べるだけでも様々な効果を期待することができます。

しかしより効率的にチアシードの効果を実感するためには、どのようにして食べるかという工夫も重要になってきます。

特にダイエット目的や健康・美容目的でチアシードを食べる方は、以下の効果的な食べ方をしっかり覚えておきましょう。

 

チアシードの効果的な食べ方①『噛んで食べる』

%e5%99%9b%e3%82%80

 

チアシードを"1粒1粒しっかり噛んで食べる”ことで、チアシードに含まれる豊富な栄養素を体内に吸収しやすくなります。

今まで噛まずに飲んでいたという方は、今後はしっかり噛んで食べるようにしてみてください。

特にダイエット目的でチアシードを食べている方は、しっかり噛んで食べることで満腹中枢が刺激されるため、より効率的なダイエット効果を期待できます。

 

チアシードの効果的な食べ方②『食べる時間帯』

%e6%99%82%e8%a8%88

 

◆ ダイエット目的の場合

 

ダイエット目的でチアシードを食べたいという方は、"朝食"にチアシードを摂取することで、昼食までの腹持ちが良くなり小腹が空きにくくなります。

もしくは昼食後に小腹が空きやすいという方の場合は、昼食にチアシードを食べるのがおすすめです。

特に夕方の時間帯に仕事や家事をしていると、お昼にしっかりご飯を食べたのに、なぜか小腹が空いてしまって、菓子パンやスナック菓子を食べてしまうという方は多いと思います。

たまに食べる分には問題ないですが、菓子パンやスナック菓子は非常にカロリーが高く、まさにカロリーのお化けと言っても過言ではないほど。

ダイエットに成功したいのなら、無駄なカロリーを摂取しないためにも、事前に小腹を空かせない工夫が大切です。

 

◆ 健康や美容のサポート目的の場合

 

そして健康や美容のためにチアシードを食べたいという方は、"夕食時や寝る前"にチアシードを食べるのがおすすめです。

私たちの内蔵は夜に活発に働いているため、夜にチアシードを食べることで、より効率的にチアシードの栄養素を体内に摂り入れることができます。

ただ夜にチアシードを摂取する場合は、美容のゴールデンタイムと言われている、"夜10時~深夜2時"までにはしっかり寝ておきたいですね。

もちろん夜中にお腹が空いてしまうという方の場合でも、寝る前にチアシードを食べることで空腹を感じにくくなり、ダイエット効果にも繋がってきます。

 

チアシードの効果的な食べ方③『置き換えダイエット』

daiet

 

"1日の1食をチアシードに置き換える"というのも、ダイエット目的の方におすすめの食べ方です。

チアシードは少量でも満腹感を得やすく腹持ちが良いため、ダイエットに最適なスーパーフードとされています。

本格的に短期間でダイエットをしたい方の場合は、"1週間"などの期間を設定して、チアシードを置き換えダイエットに利用するのもおすすめです。

 

チアシードの効果的な食べ方④『食前に少量を食べる』

07827ab1f227bce8a5c2cb447b3bd675_s

 

食事もしっかり楽しんで、ゆっくりダイエットをしたいという方は、"食前に少量のチアシードを食べる方法"がおすすめです。

チアシードの1日の摂取目安量は、"大さじ1杯(約10~15g)"とされています。

食事をする30分前に3~5gの少量のチアシードを食べることで、食べ過ぎを防いだり、食後の空腹感もなくしてくれます。

 

チアシードには、豊富な"食物繊維"が含まれています。

食前に食物繊維をたっぷり摂取すると、血糖値の上昇を緩やかしてくれます。

一番最初にメインのお肉料理やお魚料理を食べて、ご飯をかきこんでしまうと、急激に血糖値が上昇して肥満の原因になります。

将来の健康や肥満予防のためにも、食前にチアシードを食べるのはおすすめです。

 

チアシードの効果的な食べ方⑤『チアシードは熱に弱い』

%e7%81%ab

 

チアシードに含まれる栄養素は、熱を加える事で壊れやすくなってしまいます。

より効率的に栄養素を摂取するためにも、基本的には常温や冷えた状態でチアシードを食べるようにしましょう。

 

まとめ

 

チアシードは味のない食べ物ですので、様々な料理に加えて、あなた好みの食べ方で摂取できるスーパーフードです。

チアシードの様々な効果を実感するためには、継続的に食べ続けることがポイント。

毎日チアシードを摂取するためにも、無理なくストレスを感じない食べ方を見つけてみてください。

 

前のページ

次のページ