赤ニキビを治す方法7選|絶対に跡に残さない!

%e8%b5%a4%e3%83%8b%e3%82%ad%e3%83%93

 

このページでは、"赤ニキビを治す方法"について詳しく見ていきましょう。

今現在、赤ニキビで悩んでいる方は必見です!

 

赤ニキビを治す方法7選

 

赤ニキビを効果的に治すには、なるべく早めのケアが非常に大切です。

ぜひ今日から、以下でご紹介するケア方法を実践して、ニキビ知らずの美しい肌を取り戻しましょう!

 

赤ニキビを治す方法①『生活習慣を整える』

%e7%9d%a1%e7%9c%a0

 

生活習慣や食生活の乱れによっても、赤ニキビを引き起こす大きな原因となります。

あなたは普段から、"規則正しい生活習慣"を送れているでしょうか?

 

赤ニキビを起こす生活習慣
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • 運動不足

 

この中でも、特にニキビに大きな悪影響を与えるのが"睡眠不足"です。

毎日の十分な睡眠は、ニキビを早く治すためだけでなく、そもそも“ニキビを起こさない肌環境”を保つためには欠かせません。

では何故、毎日の睡眠がニキビを治すために重要なのでしょうか?

それを証明するのが、"肌のターンオーバー機能"についてです。

 

◆ 肌のターンオーバー機能とは?

 

お肌は常に生まれ変わっており、この生まれ変わりのサイクルを、"肌のターンオーバー(新陳代謝)"と呼びます。

私たちは、この肌の再生力によって、肌に傷ができたり日焼けを起こしても、また新たな美しい肌に生まれ変わることができているんです。

そして、肌のターンオーバーは"約28日"の周期で行われているのですが、加齢や生活習慣の乱れなどによって、そのサイクルはどんどん遅れてしまうんです。

さらには、肌が生まれ変わらず、ニキビ跡やシミとして肌に残り続けてしまうことも多いため、美肌を保つためには規則正しいターンオーバーが欠かせません。

 

%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e4%b8%8d%e8%b6%b3

 

そして、肌のターンオーバーは、私たちが"眠っている間"に毎日行われています。

つまり、夜更かしをしたり睡眠不足が続いていると、肌の免疫力はどんどん低下し、肌のターンオーバーも乱れやすくなってしまいます。

そうすると、ニキビができやすい肌環境になり、さらにはニキビが大きく腫れやすくなってしまうんです。

 

"毎日6時間以上の睡眠を確保!"

 

肌のターンオーバーを整え、様々な肌トラブルを防ぐためにも、毎日6時間以上の睡眠を確保するようにしましょう。

しかし、ただ6時間寝れば良いというわけではなく、早寝早起きを意識して、規則正しい生活を心がけることが重要です。

ぜひ今日から、規則正しい生活習慣を意識し、体の内側から赤ニキビを早く治す工夫をしたいですね。

 

関連記事

 

赤ニキビを治す方法②『ニキビに効果的な栄養素を摂取する』

%e9%87%8e%e8%8f%9c

 

先程もお伝えしましたが、赤ニキビは、日頃の"食生活の乱れ"によっても起こりやすくなります。

そこで以下では、赤ニキビの改善に効果的な栄養素をご紹介します。

食生活の乱れは、美容だけでなく健康にも悪い影響を与えるため、常日頃から意識しておきたいポイントですね。

 

赤ニキビの改善に効果的な栄養素

ビタミンA

  • にんじん
  • かぼちゃ
  • うなぎ

ビタミンB1

  • 豚肉
  • レバー
  • 豆類

ビタミンB2

  • うなぎ
  • レバー
  • 乳製品

ビタミンB6

  • かつお
  • まぐろ
  • バナナ

ビタミンC

  • 果物
  • 野菜

ビタミンE

  • ナッツ類

亜鉛

  • かき
  • うなぎ

セラミド

  • こんにゃく芋
  • 大豆

 

 

中でも、特におすすめなのが、野菜や果物に豊富に含まれている"ビタミンC"です♪

ビタミンCは肌のターンオーバーを促進させるだけでなく、シミなどの肌トラブルに効果的な作用があります。

まさに若々しい美肌を保つためには、絶対に欠かすことができない美容成分です!

ぜひ毎日の食事の中で、野菜や果物から積極的に補給したいですね。

 

関連記事

 

赤ニキビを治す方法③『赤ニキビの炎症を抑える』

%e3%83%8b%e3%82%ad%e3%83%93%e7%82%8e%e7%97%87

 

赤ニキビを早く治すためには、まず"炎症を抑える"ことが非常に重要。

しかし、赤ニキビは赤く腫れると同時に痛みや痒みを伴う場合も多いため、つい気になってニキビに触れてしまう事って多いですよね。

早く炎症を抑えるためには、とにかくニキビに刺激を与えないことが大切です!

 

ニキビに刺激を与える原因
  • 手で触る
  • 叩く
  • 掻く
  • 潰す

 

他にも、洗顔後やお風呂上がりに、タオルで強くニキビ部分を擦らないようにしましょう。

そして、特に注意したいのが、"寝ている間"にニキビに触ったり掻いてしまうこと。

寝ている間は無意識のため防ぐのが難しいですが、日頃からニキビに触れないという意識を常に持っておくことは大切です。

 

赤ニキビを治す方法④『正しい洗顔を行う』

%e6%b4%97%e9%a1%94

 

赤ニキビを早く治すためには、"洗顔"を行って余分な皮脂を落とすことも大切です。

そもそも、ニキビというのは、毛穴の中で"アクネ菌"が繁殖することで起こる肌トラブル。

では何故、アクネ菌が繁殖してしまうのかというと、アクネ菌は"毛穴の中に溜まった皮脂を栄養にして増殖"するんです。

しかし、皮脂を洗い落とそうとして、頻繁に洗顔を行うのも、実は赤ニキビを増やしてしまう原因になるんです。

 

間違った洗顔方法とは?
  • 泡立てが足りない
  • ゴシゴシ強く洗う
  • すすぎ不足
  • 時間をかけて洗う
  • 熱いお湯ですすぐ
  • 何度も洗顔を行う
  • 冷水で仕上げる

 

あなたは、上記の項目に当てはまった洗顔を行っていませんか?

中でも、特に多いのが、洗顔の仕上げに"冷水"で顔を引き締めるという方法。

たしかに、毛穴が引き締まった感じはありますが、"急激な肌の温度変化"によって、赤ら顔などの肌トラブルを引き起こす原因になります。

ぜひ今日から、以下でご紹介する正しい洗顔方法を実施してみてください。

 

◆ 正しい洗顔のやり方

正しい洗顔のやり方
  1. 手を洗って雑菌を落とす
  2. ぬるま湯で顔を素洗いする
  3. 洗顔料を適量手にとり、よく泡立てる
  4. 水を加えながら空気を含ませるように泡立てる
  5. 最初は皮脂の多いTゾーンから泡を乗せて優しく洗う(おでこ~鼻)
  6. 次にUゾーンに泡を乗せて優しく洗う(頬~あご)
  7. 最後に目元や口元に泡を乗せ、さらに優しく洗う
  8. ぬるま湯で泡が残らないようにしっかり落とす
  9. 清潔なタオルで優しく水を拭き取る

 

洗顔の時間は、"約1~1分半"を目安に行いましょう。

時間をかけて洗顔を行うと、その分だけ肌に負担をかけることになります。

あくまでも、洗顔料は"肌の洗浄剤"だと考えて短時間でしっかり行うようにしましょう。

 

そして、洗顔後に忘れてはいけないのが、すぐ肌に"化粧水"をつけて潤いを与えること。

しかし、実は使用する化粧水によっても、ニキビの悪化に繋がることがあるんです。

次の項では、ニキビを早く治すための化粧水の選び方を見ていきましょう。

 

関連記事

 

赤ニキビを治す方法⑤『ニキビに効果的な化粧水を使う』

%e5%8c%96%e7%b2%a7%e6%b0%b4

 

洗顔後、まず最初に肌につけるのが化粧水です。

洗顔後は急速に肌の乾燥が起こるため、化粧水の成分がダイレクトに肌に浸透します。

そのため、あなたの肌に合っていない化粧水を使用していると、それによってもニキビを引き起こす原因となってしまいます。

ということで、以下では、赤ニキビで悩む方が"避けるべき化粧水"の3つのポイントをご紹介。

あなたの肌に合った化粧水を使うことも、早くニキビを治すためには大切なんです!

 

◆ ニキビで悩む方が避けるべき化粧水

 

1.オイルを多く含む化粧水

あなたの肌質が"脂性肌"の場合は、オイルを多く含んでいる化粧水を避け、"オイルフリー"の化粧水を選ぶのがおすすめです。

アクネ菌は油分を栄養に繁殖するため、化粧品にオイルが多く含まれていると、それを餌にして増殖してしまうことも。

 

2.アルコール成分を含む化粧水

あなたの肌質が"乾燥肌"であったり、もしくは"インナードライ肌"の場合は、アルコール成分を含む化粧水は避けるようにしましょう。

"さっぱりタイプ"と書かれている化粧水の多くには、アルコール成分が含まれており、それによってサッパリと肌が引き締められた感じを与えてくれます。

しかし、アルコールは水分と一緒に蒸発してしまうため、さらに肌の乾燥を促しニキビを悪化に繋がります。

 

3.肌に必要な皮脂までも奪ってしまう化粧水

化粧水の中には、皮脂の分泌を抑える効果が期待できる商品もあります。

しかし、洗顔を何度も行うと皮脂が分泌されやすくなるように、化粧水によって皮脂を取り過ぎても、ニキビの悪化に繋がってしまうことがあります。

その他にも、"拭き取り化粧水"の場合も、肌に強い刺激を与えてしまうため使用は控えるようにしましょう。

 

4.思春期ニキビ向けの化粧水

大人ニキビと思春期ニキビは、起こる部位や症状の特徴が異なります。

そもそも、思春期ニキビ用の化粧水は、皮脂の分泌を抑えることを目的に作られている商品が多いです。

そのため、大人ニキビの方が思春期ニキビ用の化粧水を使用してしまうと、さらに肌の乾燥を促進させてしまうため、むしろニキビを増やしたり悪化させてしまうことも。

 

ニキビだけに限らず、どんな肌トラブルで悩んでいる場合でも、まずあなたの肌質に合う化粧水を見極めて選ぶことが最優先です。

化粧品を購入する際には、あなたの肌質に合う商品を選んで使うようにしてください。

 

赤ニキビを治す方法⑥『皮膚科で薬を処方してもらう』

%e5%8c%bb%e5%b8%ab

 

先程もお伝えしましたが、赤ニキビを早く治すためには、まず炎症を抑えることが第一です。

もし、炎症した状態を放置したり、間違ったケアを行ってしまうと、ニキビ跡の原因となるため注意しましょう。

そこで、安全に早く炎症を抑えたい場合は、"皮膚科で医師に相談する"のも効果的な方法です。

皮膚科では、主に"内服薬""外用薬"での治療がオーソドックスです。

 

赤ニキビを治す方法⑦『オロナインで即効ケア?』

%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%b3

 

美子さん

赤ニキビを早く治したいけど、あまりお金を掛けたくない・・・

 

このように思っている方は多いのではないでしょうか?

毎日ニキビに効果的な食品を食べたり、新しい化粧品を買うとなると、どうしてもある程度のお金が掛かってしまいます。

そこで、コスパ良くニキビを治す方法として、ネット上では"オロナインH軟膏"を使ったケアが話題となっています。

 

オロナインH軟膏を使ったニキビケア方法
  1. 洗顔をして顔の汚れを落とす
  2. 化粧水などでスキンケアを行う
  3. ニキビ部分にオロナインを塗る(やや多め)
  4. その上に絆創膏で軽く蓋をする(※)
  5. その状態で夜10時頃までには寝るようにする

 

つまり、オロナインを使用した"ニキビパック"という感じでしょうか

実際に、この方法で赤ニキビが早く治ったという方は多いのだそう。

 

しかし!

 

しかし、人によっては、この方法を行ったことで、むしろ"ニキビが悪化した"というケースもあるようです。

どうやら、ニキビの上に絆創膏を貼ったことで、ニキビの悪化に繋がったと感じている人が多いのだそう。

人によっては肌に合わないという場合もあるため、実際にこの方法を行う際には、安全を最優先して行うようにしましょう。

 

まとめ

 

赤ニキビを早く治すためには、とにかく早めのケアが大きな鍵となります。

特に毎日のスキンケアは、ニキビを早く治すためだけでなく、ニキビ知らずの肌作りをする上で欠かせません。

ぜひ今日から、ニキビとは無縁の美しい肌を保つケアを行ってみませんか?

 

次のページ