目指すは美尻!お尻痩せ&ヒップアップ方法15選

おしり

 

ぴよこ
お尻を小さくしたいピヨ。。。

 

あなたも同じように思っていませんか?

キュッと引き締まった美尻といえば、多くの女性の憧れですよね♪

体の中でもお尻というのは、女性らしい魅力を演出するとても大切な部分。

 

しかしお尻に脂肪がたっぷり付いていると、太ももとお尻の境界線がなくなってしまい、メリハリのないだらしない体型に・・・。

特に細身のパンツやデニムを履いた時に、あなたのお尻の形はより強調されてしまいます。

ということで、このページでは美尻を目指したい全ての方に向けて、今日から始められるお尻痩せ&ヒップアップ方法15選をご紹介!

今日からあなたも外国人モデルのような、キュッと引き締まったハート型の美尻を目指して頑張りましょう♪

 

目次

 

  1. キュッと引き締まった美尻&小尻の作り方
  2. お尻痩せ&ヒップアップ方法15選
  3. 短期間でお尻を小さくするには?
  4. そもそも垂れ尻になる原因って?
  5. 垂れ尻はデメリットがたくさん!

 

1.キュッと引き締まった美尻&小尻の作り方

驚き

 

ぴよこ
気が付いたらお尻がブヨンブヨンしてるピヨ!

 

あなたもこんな経験ありませんか?

お尻は自分で見えにくい位置にありますので、積極的にチェックしないと変化に気づきにくいですよね。

そのため気が付いた時には、既にお尻がダルンダルンに垂れ下がっているなんてことも・・・。

 

■ お尻が垂れる3つの原因

  • 脂肪の付きすぎ
  • 筋力の衰え
  • 骨盤の歪み

 

お尻は様々な原因によって垂れてしまいますが、その中でも特に多いのが上記の3つのポイント!

お尻の筋肉(大臀筋)が衰えてしまったり、この筋肉の周りに脂肪がたっぷり付いてしまうと、ダラシなくたるんだ大きなお尻となってしまいます。

通称『垂れ尻』というやつですね。。。

 

そんな垂れ下がったお尻を解消&予防するためにも!

ぜひ以下でご紹介する、お尻痩せ&ヒップアップ方法を参考にしてみてください♪

今日から、メリハリのある魅力的なお尻を目指しましょう!

 

2.お尻痩せ&ヒップアップ方法15選

 

お尻痩せ&ヒップアップを目指すためには、日頃のエクササイズやトレーニングがとても大切。

以下でご紹介する運動を行って、より効率良くキュッと引き締まった美尻を目指しましょう♪

さらに効果的にヒップアップするためにも、日頃から気を付けたい生活習慣についてもご紹介!

 

2-1.筋トレでお尻をキュッと引き締め!

筋トレ

 

まずは垂れ下がったお尻を、筋トレでキュッと引き締めましょう!

お尻には大臀筋という、体の中でも非常に大きな筋肉があります。

この筋肉をしっかり鍛えることで、垂れ尻とは無縁な引き締まった美尻が手に入るんです!

 

2-1-1.ヒップアップ筋トレ①(スクワット編)

スクワット

 

お尻を含む、下半身全体の筋トレといえばスクワット!

スクワットはお尻だけでなく、太ももや背中の筋肉も鍛えることができます。

つまりヒップアップに加えて、ホッソリとした太ももが特徴的な美脚や、背筋がスッと伸びた美しい姿勢を手に入れたい方にもおすすめ♪

さらに同時に腹筋も鍛えることができるため、ポッコリお腹でお悩みの方にも非常に効果的です。

 

■ スクワットのやり方

  1. 足を肩幅に広げて真っ直ぐ立つ
  2. 手は頭の後ろで組むか、両手を前に突き出して肩の高さまで上げる
  3. ゆっくりと膝を曲げながら、太ももと床が平行になるまで腰を落とす
  4. ゆっくりと元の位置に戻る
  5. 膝を曲げる時に息を吸い、元の位置に戻す時に息を吐く
  6. 1日10~15回を目安に行う

 

スクワットは、お尻痩せ&ヒップアップに非常に効果的なトレーニング!

しかし少々キツい種目のため、途中で飽きてしまったり三日坊主になってしまうかも。

筋トレはとにかく継続することが大切ですので、毎日続けるためにも負荷の軽いハーフスクワットでもOKです♪

 

■ スクワットの種類

✓フルスクワット

太ももが床と平行、もしくはそれ以上に深く腰を落として行うスクワット。

✓ハーフスクワット

太ももが床と平行になる前で止めるスクワット。膝の角度が90度になったところで止める。

 

普通のスクワットがどうしてもキツいという方は、まず最初にハーフスクワットを行うようにしましょう♪

しかし負荷が軽すぎてもあまり効果的ではないため、上手く調節しながらスクワットを行うようにしましょうね。

より効果的にヒップアップするためには、毎日の努力が必要です!

 

■ スクワットを行う際の注意点

  • 腰を反らない
  • 膝がつま先よりも前に出ない
  • 猫背にならない
  • 背中を丸めない
  • つま先と膝を同じ向きに揃える

 

スクワットは正しい方法で行わないと、膝や腰を痛めてしまう可能性が高くなります。

安全にお尻痩せ&ヒップアップするためにも、正しい方法でスクワットを行うように意識しましょう。

そしてスクワットを行った翌日などに筋肉痛を感じたら、痛みが引くまで約2日ほどトレーニングを休むようにします。

休むこともトレーニングの1つです♪

 

2-1-2.ヒップアップ筋トレ②

バレエ

 

次にご紹介するトレーニングは、バレエダンサーのような動きを意識して行いましょう♪

この種目は壁に体重を支えて行いますので、筋トレ初心者の方にも簡単に行えるはず!

 

■ やり方

  1. 壁を使って左手で体重を支える
  2. その状態で右足を後方へゆっくり真っ直ぐ伸ばす
  3. そのまま片足立ちの状態で、息を吸いながら右足をさらに上に持ち上げる
  4. お尻の筋肉を意識しつつ、右足の付け根がしっかり伸びているのを感じる
  5. 息を吐きながら、ゆっくり元の位置に戻る
  6. 片足10~15回ずつ

 

このトレーニングの最大の魅力は、テレビを見ながらでも行えちゃうところ♪

空いた時間を上手く活用して、継続的にトレーニングするようにしましょう!

 

2-1-3.ヒップアップ筋トレ③

ストレッチ

 

最後にご紹介するフロントランジも、お尻痩せ&ヒップアップに非常に効果的な筋トレです♪

フロントランジもスクワットと同じく、お尻や太ももを含む下半身全体のトレーニングが行えます。

フロントランジは片足ずつトレーニングしますので、体重バランスがとても重要となり、同時にバランス感覚を鍛えることができます。

 

■ フロントランジのやり方

  1. 両足を軽く開いて真っ直ぐ立つ
  2. 両手を腰に添える
  3. 息を吸いながら片足を大きく前に踏み出す
  4. 両方の膝が90度に曲がるように意識して、膝が床につかないギリギリのところまで腰を落とす
  5. 息を吐きながらゆっくり元の姿勢に戻る
  6. 左右10~15回ずつ

 

こちらもスクワットと同様に、筋トレ初心者の方にはややキツい種目かもしれません。

ただお尻痩せ&ヒップアップに凄く効果的ですので、以前よりも筋力が付いてきたなと感じたら行ってみてください♪

 

■ フロントランジを行う際の注意点

  • 腰を反らない
  • 膝がつま先よりも前に出ない

 

フロントランジは片足ずつ行うトレーニングですので、腰や背中を痛めにくいというメリットがあります。

しかし間違った方法で行うと怪我に繋がりますので、上記の注意点をしっかり守って行いましょう。

 

2-2.お尻を小さくするヒップアップエクササイズ

エクササイズ3

 

ぴよこ
ヒップアップしたけど筋トレが続かないピヨ。。。

 

お尻痩せ&ヒップアップするためには、継続的なトレーニングがとても重要!

とは言っても、毎日トレーニングを続けることが一番難しいんですよね。

そんなあなたには、自宅で寝ながらでも行えるヒップアップエクササイズがおすすめ!

お尻を小さくしたいと思っている方にも、とても効果的なエクササイズをご紹介します♪

 

2-2-1.ヒップアップエクササイズ①

エクササイズ5

 

まず最初にご紹介するヒップアップエクササイズは、効率的にお尻の大臀筋を鍛えられるショルダーブリッジです♪

このショルダーブリッジは、まさに垂れ尻解消にもってこいのエクササイズ!

しかも寝ながら行えるエクササイズですので、どんなにズボラな方でも毎日続けられるはず♪

 

例えばテレビを見ながら行ったり、就寝前にベッドの上で寝ながら行うなど。

スクワットなどのキツい筋トレだと毎日続かない、もっと楽にお尻痩せ&ヒップアップしたいという方におすすめです!

 

■ ショルダーブリッジのやり方

  1. 膝を曲げた状態で仰向けになって寝る
  2. 手は体の横に置き、足を少し広げる
  3. 肩から膝までが一直線になるように、お尻と腰を床から持ち上げる
  4. その状態で10~20秒間キープ
  5. ゆっくり元の姿勢に戻す
  6. 1日10~15回を目安に

 

あまり負荷を感じられない場合は、お尻と腰を持ち上げるスピードをなるべくゆっくりにしましょう。

ゆっくりにすればするほど、お尻の筋肉に効いているのが分かるはず!

そして10~20秒じゃ足りない場合は、しっかり筋肉に効くように時間を調節してくださいね♪

 

■ ショルダーブリッジを行う際の注意点

  • 腰を反らない
  • 勢いをつけて体を持ち上げない

 

ショルダーブリッジを行う際も、いくつか注意点があります。

寝ながらとはいえ、せっかくエクササイズを行うのなら、安全にしっかり筋肉に効くように行ってくださいね♪

 

2-2-2.ヒップアップエクササイズ②

エクササイズ4

 

次にご紹介するエクササイズも寝ながら簡単に行なえます♪

ぜひヒップアップエクササイズ①に続けて、毎日継続的に行うようにしてみましょう!

こちらは主にお尻の下の筋肉を鍛えるエクササイズとなっています。

 

■ やり方

  1. うつ伏せになる
  2. 手は肩幅に開いて肘を曲げ、上半身をしっかり起こす
  3. イメージとしてはスフィンクスのような姿勢
  4. 片足の膝を曲げて、そのまま天井に向かって持ち上げる
  5. その状態を10~20秒間キープする
  6. 左右10~15回ずつ

 

しっかりお尻の下の筋肉を意識して行いましょう♪

 

2-2-3.ヒップアップエクササイズ③

エクササイズ

 

より効果的にお尻痩せ&ヒップアップするのなら、お尻の筋肉だけでなく太ももの筋肉も鍛える必要あり!

ハムストリングと呼ばれる、太ももの裏側の筋肉も積極的にエクササイズしましょう♪

 

お尻の筋肉と同時にハムストリングも鍛えることで、お尻と太ももの境界線をハッキリさせることができます。

そうすることで、メリハリのあるキュッと引き締まった美尻に大変身!

プリンとした女性らしい魅力的なお尻を目指している方も、ぜひお尻だけでなく太もものトレーニングも行ってみてください♪

 

■ やり方

  1. 四つん這いの姿勢になる
  2. その状態で片足の膝を真っ直ぐに伸ばし、天井に向かってゆっくり持ち上げる
  3. ゆっくり元の位置に戻し、10~15回繰り返す
  4. 反対の足も同じく行う

 

続けていく内に負荷を感じなくなったら、ゴムチューブや重りなどを使って負荷を調節してください。

上記の方法がやりにくい場合は、膝を曲げてゆっくり持ち上げるのもOKです♪

また注意点としては、背中が反らないように注意して行いましょう。

 

2-2-4.お尻歩きで簡単エクササイズ!

エクササイズ2

 

あのクレヨンしんちゃんでお馴染みのお尻歩きも、お尻痩せ&ヒップアップにとても効果的なんです♪

お尻歩きの重要なポイントは、腰回りをクイッとひねるようにして歩くこと!

というよりも、腰回りをしっかり捻らないとお尻で歩くことはできません。

つまりお尻歩きは腰回りの運動にもなるため、お尻を小さくするだけでなくくびれ作りにも非常に効果的なんです!

 

■ お尻歩きのやり方

  1. 両足を前に伸ばして床に座る
  2. 腰をしっかり捻ってお尻を使って前に歩く

 

お尻で歩くなんて、普段では全く行わない動きですよね。

そのため1日たった数分行っただけでも、適度な疲労感のある良い運動になるはず♪

しかもお尻歩きには、他にも様々なメリットがあるんです!

 

■ お尻歩きの効果

  • 骨盤矯正
  • ポッコリお腹の解消
  • インナーマッスルを鍛える
  • くびれ作り
  • 背中やお尻のシェイプアップ
  • 腰痛改善
  • むくみの解消
  • 冷え性の改善
  • 便秘解消

 

最初はちょっと難しいかもしれませんが、慣れると簡単にお尻歩きができるようになります♪

前に進むのが難しいという方は、後ろに進むのでもOKです!

 

2-3.お尻&太ももがみるみる痩せる生活習慣

仕事

 

日頃の生活習慣の中にも、お尻痩せ&ヒップアップするための重要なポイントがいくつかあります。

その重要なポイントというのが・・・

 

■ ヒップアップするための生活習慣

  • 正しい歩き方
  • 正しい立ち方
  • 正しい座り方

 

あなたは常に正しい歩き方・立ち方・座り方を意識して生活していますか?

おそらく多くの方が、無意識の内に間違った歩き方や立ち方をしているはず。

実はその間違った歩き方や立ち方こそが、お尻がどんどん垂れ下がってしまう原因なんです!

 

2-3-1.お尻が痩せる正しい歩き方

ウォーキング2

 

より効率良くお尻痩せ&ヒップアップするためには、姿勢よく正しく歩くことが絶対に欠かせません!

私たちが普段歩いている時というのは、下半身全体の筋肉を満遍なく動かしています。

つまり正しい歩き方を行えていれば、自然とお尻や太ももの筋肉も働かせるため、歩くだけでお尻痩せ&ヒップアップすることができるんです♪

しかし逆に間違った歩き方を続けていると、お尻や太ももの筋肉をしっかり動かすことができず、どんどん筋力が低下してしまうことに繋がります。

 

■ 歩き方を意識してヒップアップ!

  • 背筋を伸ばす
  • 膝を伸ばす
  • お尻の下の筋肉を意識
  • 少し大股で歩く

 

特に歩く時に注意してほしいのが、とにかく背筋を伸ばして猫背にならないこと!

そうすれば自然と正しく歩くことができ、下半身全体の筋肉をしっかり動かすことができます。

その上で少し大股で歩く意識を持てれば、より効率良くヒップアップ効果が期待できます♪

大股で歩くようにすると、より下半身の筋肉を使うことができるため、美脚作りにも大きな効果が得られますよ!

 

■ こんな歩き方はNG!

  • 猫背
  • 膝が曲がっている
  • O脚
  • そもそも歩くことが少ない

 

上記に当てはまる歩き方を行っている方は注意!

その歩き方を続けていると、どんどんお尻が垂れ下がってしまうかも。

以下ではそれぞれの間違った歩き方について、なぜNGなのか簡単に説明しますね♪

 

■ 猫背

最近では歩きスマホが問題視されているように、歩きながらスマホを使用している方が増えていますよね。

歩きスマホは事故などの危険が伴うだけでなく、ヒップアップにも非常に悪い影響を与えてしまいます。

姿勢が悪くなり猫背になりやすいのはもちろん、肩甲骨の動きが悪くなるため肩コリ・首コリにも影響します。

お尻痩せ&ヒップアップのためにも、今後からは歩きスマホをしないようにしましょう♪

 

■ 膝が曲がっている

これは特にお年寄りに多い歩き方ですね。

しかし実はお年寄りだけでなく、若い方でも膝が曲がった状態で歩いている人は多いんです。

特に女性の場合、普段からハイヒールを履いていると膝を曲げて歩いてしまいがち。

膝が曲がった状態で歩いていると、お尻や太ももの筋肉をあまり使っていないため、筋力の低下に繋がり垂れ尻を引き起こしてしまいます。

 

■ O脚

O脚の方は膝が開いているため、重心が外に逃げてしまいがち。

そうするとお尻も同じように、横へと広がりやすくなってしまいます。

お尻痩せ&ヒップアップのためにも、O脚はしっかり治したいところ。

 

■ そもそも歩くことが少ない

そもそも日頃からあまり歩くことがないというのも、お尻がどんどん垂れ下がってしまう原因の1つですね。

普段から仕事などで歩くことが多い方は問題ないのですが、室内でのデスクワークが基本の方にとっては当てはまるケースが多いはず。

仕事終わりや休日など空いた時間を使用して、積極的に外に出てウォーキングするようにしましょう♪

 

2-3-2.お尻が痩せる正しい立ち方

姿勢

 

立ち姿が美しい人って、それだけで素敵に思えてしまいますよね♪

しかし一方で立ち姿がだらしないと、スタイルが悪く見えてしまい、色々と残念に思えてしまいます・・・。

正しい立ち方というのは、あなたの魅力を最大限に発揮するだけでなく、お尻痩せ&ヒップアップにも大きなメリットを与えてくれるんです!

 

■ ヒップアップのための正しい立ち方

✓足を揃えてしっかり立つ

あなたは立っている時に片足に重心がかかっていませんか?重心がズレてしまうと骨盤の歪みにも大きな影響を与え、骨盤が歪んでしまうとお尻に脂肪が付きやすくなってしまいます。立つ時はしっかりと足を揃えて、両足にバランスよく体重がかかるようにしましょう♪

✓真っ直ぐ立つ

先ほど『正しい歩き方』でもお伝えしましたが、背筋を伸ばして猫背にならないように真っ直ぐ立つことはとても大切!あなたは気が付くと足をクロスさせて立っていたり、背中が丸くなって猫背になっていませんか?どうしても猫背になってしまったり、肩が前に出てしまう(巻き肩)の場合は、胸を張るように意識して姿勢を正すようにしましょう♪

✓お尻の穴をキュっと締める

お尻の穴をキュッと締める意識で立つと、お尻周辺の筋肉もしっかり引き締めることができます。しかも日頃からお尻の穴をキュッと締める意識を持っておくと、非常に多くのメリットを期待することができるんです!

  • 肩こりの改善
  • 頭痛や腰痛の改善
  • 骨盤の歪み解消
  • 猫背の改善
  • 便秘解消
  • 内臓の活性化

気が付いた時に、お尻の穴をキュッと締める癖を身に付けておきたいですね♪

 

2-3-3.お尻が痩せる正しい座り方

猫背

 

あなたは仕事中や勉強中などに、しっかりとした正しい姿勢で座っているでしょうか?

実は日本人というのは、椅子に座る時に骨盤が後ろに倒れやすいのだそう。

つまり日本人は骨盤後傾が起こりやすいのですが、それによってヒップアップにも様々な悪影響を与えてしまうんです。

 

■ 日本人と欧米人の座り方の違い

日本人:骨盤を後傾して椅子に浅く座る

欧米人:骨盤を立てて椅子に深く座る

 

椅子に浅く座ってしまうと、自然と骨盤が後傾しやすくなってしまいます。

そうすると猫背になりやすくなって、お尻や太ももの筋肉をあまり使わなくなり、どんどんお尻が垂れ下がってしまう・・・。

1日の中で座っている時間が多い方は、特にこの負のループに陥りがちです。

 

この負のループから脱出するためにも、とにかく座る時は骨盤を後ろに倒さない意識がとても大切!

しっかりと骨盤を立てるようにして、椅子に深く座って勉強や仕事をするようにしましょう!

もし椅子に深く座るのが難しい場合は、腰にクッションを挟むのも効果的です♪

 

■ こんな座り方はNG!

  • 足を組む
  • 背中が丸くなる
  • 猫背
  • 椅子にもたれかかる

 

座る時に意識するのは、骨盤を立てることだけではありません!

もちろん足を組んだり、猫背になって座るのもNGです。

正しく座ることができると、ヒップアップ効果が期待できるだけでなく、太りにくい体質作りや疲れにくい体作りにも大きく影響してきます♪

 

2-3-4.毎日のマッサージでお尻痩せ!

マッサージ

 

さらにお尻の脂肪が気になる方は、毎日のバスタイムの際にリンパマッサージを行ってみましょう!

お尻の血流やリンパの流れが悪くなると、垂れ尻だけでなくセルライトの原因にもなってしまいます。

しっかりとリンパを流すことで、キュッと引き締まった小尻を作ることができますよ♪

 

■ お尻のリンパマッサージのやり方

  1. お尻から太ももの周りを手で優しく擦る
  2. お尻を手で軽く叩く
  3. お尻を優しく揉む
  4. 下から上にお尻を持ち上げる

 

お尻は自分でマッサージがしにくい場所ではありますが、毎日のケアはとても大切です!

特に筋トレやエクササイズを行った日こそ、積極的にマッサージをしてほぐすようにしましょう♪

 

2-4.骨盤矯正で簡単ダイエット!

骨盤

 

先程もお伝えしましたが、日本人は欧米人と比べて骨盤が後傾しやすい体質です。

そのため元々、日本人は垂れ尻になりやすいんですね。

しかし骨盤を前傾にすることができれば、お尻がキュッと上がりやすくなります♪

 

そこで骨盤を整えるためにも、お尻や太ももの裏側の筋肉を積極的にストレッチするようにしましょう♪

骨盤が後傾する原因は様々ありますが、中でもハムストリングと大臀筋が硬くなっているケースが多いです。

特に日頃からスマホやパソコンを長時間使用しており、猫背など姿勢が悪くなっている方は要チェック!

 

2-4-1.骨盤後傾を治すストレッチ方法①

ストレッチ2

 

まずは太ももの裏側の筋肉である、ハムストリングのストレッチを行いましょう♪

これは誰もが一度は行ったことがあるストレッチのはず!

 

■ やり方

  1. 床に座った状態で行う
  2. 片方の足を前に伸ばし、もう片方の足は膝を曲げて横に開く
  3. 伸ばした方の足の爪先に向かって体を前に倒す
  4. この時に骨盤から前に傾けるようにする
  5. 腰が丸くならないように注意
  6. 辛い場合は伸ばした足を少し曲げてもOK

 

このストレッチは非常に有名ですが、中には太ももの裏側が痛くなって苦手という方も多いかもしれません。

ストレッチは無理をして行うと逆効果ですので、気持よく伸ばすことを最優先で行いましょう!

毎日コツコツと続けていくことで、痛みがなくなり気持よく伸ばすことができます♪

どうしてもやりにくいという場合は、タオルやゴムチューブを使ってストレッチするのも効果的!

 

2-4-2.骨盤後傾を治すストレッチ方法②

ストレッチ3

 

次はお尻の筋肉(大臀筋)のストレッチです♪

まさにこの大臀筋は、お尻痩せ&ヒップアップに直接関わってくる筋肉!

筋トレやエクササイズを行って、お尻をキュッと引き締めることも大切ですが、ストレッチによって柔軟性のある筋肉を保つというのも重要です。

 

■ やり方

  1. 仰向けになって寝る
  2. 片足の膝、もしくは太ももの裏を両手で抱える
  3. そのまま自分の胸の方に足を引っ張る
  4. 太ももの裏とお尻の筋肉が伸ばされているのを意識する
  5. 30秒ほど伸ばして反対の足も行う

 

より筋肉をしっかり伸ばしたい場合は、両手で抱えた方の足を逆側の肩の方向に引っ張るようにしましょう♪

例えば右足を両手で抱えていたら、左側の肩に向かって引っ張るイメージです。

 

2-5.補正下着で小尻ゲット!

TIG89_benchinikoshikakerujyosei_TP_V

 

ぴよこ
今すぐ大きなお尻をどうにかしたいピヨ!

 

中にはこのように思っている方も多いはず。

お尻痩せ&ヒップアップするためには、毎日コツコツとトレーニングやエクササイズを行う必要があります。

ですので、最低でも約1ヶ月くらいは時間が掛かるとお考えください。

しかし何かイベント事が近かったり、大事な男性とのデートの用事が入ってしまったとなると・・・。

 

そんな時にとても役立つのが、ヒップアップショーツと呼ばれる補正下着ですね♪

もちろんあくまでも一時的な対処とはなりますが、履いた瞬間にお尻がキュッと引き締められるのは嬉しいポイント!

しかも今では履きながら運動することで、よりお尻痩せ&足痩せケアがアップする商品もあるのだそう。

より効果的にお尻痩せ&足痩せをしたいという方にも、毎日の運動の際にヒップアップショーツはとてもおすすめできるアイテムです♪

履くだけで痩せる!着圧ソックス&着圧タイツの効果が凄い!

2017.02.23

3.短期間でお尻を小さくするには?

女性

 

以下では短期間でお尻を小さくするために重要となる、3つのポイントをご紹介します♪

上記のお尻痩せ&ヒップアップ方法15選と同時に、ぜひ今日から実践してみてください!

 

1.とにかく続けてみる

お尻痩せ&ヒップアップするためには、上記でご紹介したトレーニングやエクササイズを、とにかく毎日コツコツと継続して行うことが大切!

仕事などで忙しく、毎日エクササイズを行うのが大変なら、せめて正しい歩き方・立ち方・座り方だけでも意識して生活しましょう。

どんなに仕事で忙しかったとしても、1日の中で全く歩くことがないという人はいないはず!

ヒップアップに効果的な歩き方を常に意識するだけでも、1ヶ月後くらいには何らかの効果を実感できるはずです♪

 

2.生活習慣の乱れを直す

より効果的にお尻痩せ&ヒップアップするためには、日頃の筋トレやエクササイズだけでなく、生活習慣の乱れを整えることも非常に大切!

特に脂肪の付き過ぎが原因で、あなたのお尻が垂れ下がっている場合は、毎日の食生活を整えることも重要です。

ダイエットの基本は、食生活の改善と適度な運動!

当サイトでもご紹介していますが、より手軽にダイエットしたいという方には、デトックススープを使ったダイエットが非常におすすめ!

ぜひ以下のリンクから、デトックススープダイエットの方法をご覧になってみてください♪

デトックススープの3つの効果が凄すぎる!?

2017.01.14

 

3.正しい姿勢を常にキープする

現代人はスマホやパソコンの長時間使用により、どんどん姿勢が悪い人が増えている傾向にあります。

このページでもずっとお伝えしていますが、悪い姿勢はヒップアップを妨げる最も大きな原因!

悪い姿勢を続けていることで、ヒップアップに重要な筋肉が衰えてしまい、それによってお尻周りにどんどん脂肪が付いてしまう・・・。

しかし逆に言えば、正しい姿勢さえ常にキープできていれば、お尻をキュッと引き締めるための筋肉を自然と使うことができるということ!

 

4.そもそも垂れ尻になる原因って?

 

このページの最初の方でお伝えしましたが、お尻が垂れ下がってしまう大きな原因は、筋肉の衰え・脂肪の付き過ぎ・骨盤の歪みなどが考えられます。

実はこの他にも様々な原因が積み重なって、垂れ尻を引き起こしてしまうんです。

では具体的にはどういった原因が考えられるのか、以下ではそれについて見ていきましょう♪

 

4-1.ハイヒールをよく履いている

ハイヒール

 

日頃からハイヒールをよく履くという人は、それが原因でお尻が垂れ下がっているかもしれません。

ハイヒールを履いている時って、膝が曲がってしまったり、猫背になりやすくなったりしませんか?

ハイヒールを履くと、その高さに合わせて体がバランスを取るため、自然と膝が曲がってしまったり猫背になってしまうんです。

そうすると、お尻や太ももの筋肉はあまり使われなくなってしまい、お尻に脂肪が付きやすくなって垂れ尻に・・・。

 

しかも中には、ハイヒールを履いている時の姿勢が癖になってしまい、ヒールを脱いでも膝が曲がったり猫背になってしまう場合も。

さらにハイヒールは、太ももや足が太くなる原因にもなりますのでご注意を。

 

4-2.間違った歩き方・立ち方・座り方をしている

ウォーキング

 

日常の歩き方・立ち方・座り方が間違っていると、お尻の筋力が低下してしまい垂れ尻に繋がります。

この3つ全てに言えるのが、とにかく猫背にならないこと!

背筋をピンと伸ばして、しっかり骨盤を立てる意識を持ちましょう♪

 

正しい姿勢で歩いたり立ったり、座ることができると、自然にヒップアップに必要な筋肉を働かせることができます。

さらに正しい姿勢をキープできると、お尻を小さくするだけでなく、骨盤の歪みやポッコリお腹の解消にも効果的!

他にも腰痛で悩んでいる人や、ダイエットをしても痩せないという人にも、常に正しい姿勢をキープすることはとても大切です♪

 

4-3.下着のサイズが合っていない

ダイエット

 

あなたは、自分の体に合っていないサイズの下着を履いていませんか?

実はこれも、お尻が垂れ下がってしまう原因の1つなんです。

サイズが合っていなかったり、キツい下着をずっと履いていると、お尻や太ももが締め付けられてしまいますよね。

そうすると、リンパの流れや血流が悪くなってしまい、むくみや冷えなどを引き起こしてしまいます。

むくみや冷えというのも、ヒップアップを妨げる大きな原因なんです!

 

5.垂れ尻はデメリットがたくさん!

 

もう既に垂れ尻でお悩み中のあなた!

実はお尻が垂れ下がってしまうと、そこには様々なデメリットがあるんです。

しかもそのデメリットというのは、自分ではなかなか気付くのが難しい・・・。

もしかしたらあなたも、垂れ尻によるデメリットを抱えてしまっているかも。

 

5-1.スタイルが悪く見える

%e5%a4%aa%e3%82%8a%e3%81%99%e3%81%8e

 

お尻が垂れ下がってしまうと、お尻と太ももの境界線がなくなってしまいます。

この境界線は、メリハリのある美しいボディラインを保つために凄く大切なもの。

つまりお尻が垂れ下がっていると、メリハリのない不格好なスタイルに・・・。

 

■ あなたは大丈夫?

  • 後ろ姿がカッコ悪い
  • シルエットがカッコ悪い
  • スタイルが悪い
  • メリハリのない体型

 

女性なら誰もが、ファッションモデルのような美しいスタイルを手に入れたいですよね♪

そのためにも日頃からヒップアップトレーニングを行って、キュッと引き締まった小尻を保つようにしましょう!

 

5-2.脚が短く見える

むくみ

 

これはスタイルが悪く見えてしまう最も大きな原因ですね。

先程もお伝えしましたが、お尻が垂れ下がっていると、お尻と太ももの境界線がなくなってしまいます。

それによって、美脚とはほど遠い短くて太い脚に見られてしまうことも。

他にも細身のパンツやスキニーデニムなど、着たい服が着られなくなってしまうというデメリットもあります。

 

5-3.老けて見える

老化

 

キュッと引き締まった美尻って、女性らしい魅力と共に若々しさも感じられますよね♪

日頃からしっかり運動を行って、自分の体型を崩さないようにキープしているんだなと、美に対する努力も感じられるほどです。

しかし一方でお尻が垂れ下がっていると、年齢以上に老けている印象を与えてしまいます。

日頃から運動などを全く行っておらず、あまり努力が見られないと思われてしまうことも。

 

まとめ

 

かなり長い記事となってしまいましたが、いかがでしたでしょうか。

お尻痩せ&ヒップアップするためには、毎日の努力の積み重ねが大切です!

ぜひ今日からコツコツと、トレーニングやエクササイズを行ってみてください♪

魅力的な美尻を手に入れるためには、それしかありませんからね!

ほうれい線・顔のたるみを解消するリフトアップ方法7選

2017.01.18

即効スッキリ!二重あごの解消法10選

2017.01.11