グリーンスムージーダイエットの効果&やり方8選

グリーンスムージー2

 

このページでは、"グリーンスムージーダイエットの効果&やり方8選"について詳しく見ていきましょう!

特にグリーンスムージーは数多くの女優&ファッションモデルに愛飲されており、彼女たちの抜群なスタイルを日々支えています♪

 

グリーンスムージーの効果・効能4選

 

グリーンスムージーの効果・効能①『ダイエット』

28fd50ba85b4bb60bfad015e6a2b0760_s

 

グリーンスムージーは"ビタミン・ミネラル・食物繊維"など、生の野菜や果物に含まれる豊富な栄養素がギュッと詰まっています!

そして、これらの栄養素をバランス良く摂取すると、"痩せやすく太りにくい体作り"を行うことができます。

そもそも、ダイエットに成功するためには、日々の食生活の中で"五大栄養素"をバランス良く摂取することが絶対に欠かせません!

 

ダイエット成功に必須『五大栄養素』

✓炭水化物

  • 私たちにとって一番のエネルギー源であり、脳にとっては唯一の栄養素。炭水化物が不足してしまうと脳や神経に支障をきたし、逆に過剰に摂取すると体内で脂肪として蓄積してしまう。

✓タンパク質

  • 私たちの体を作ってくれる大切な原料。タンパク質が不足すると、筋肉量や免疫力が低下してしまう。特に筋肉量の低下は、太りやすく痩せにくい体質になってしまう大きな原因に。

✓脂質

  • 非常に効率の良いエネルギー源。過剰に摂取すると肥満や生活習慣病を引き起こす原因に。

✓ビタミン

  • 私たちの体調を整える大切な栄養素。炭水化物・タンパク質・脂質の働きをサポートする。それぞれのビタミンには、健康・美容・ダイエットに嬉しい働きが多くある。

✓ミネラル

  • 身体全体で約4%という非常に微量な栄養素。しかしミネラルには幅広い働きがあり、身体機能を正しく維持する上で欠かせない。ビタミンと同じく各ミネラルには、健康・美容・ダイエットに対する様々な働きがある。

 

この5つの栄養素が互いに影響し合って、私たちは生命活動を維持することができています。

そして、これらのどれか1つでも不足してしまうと、食べたものを体内で効率良く燃やすことができなくなり、あまり食べていないのに太ってしまうという悪循環な体に・・・。

つまり、バランスの良い食事というのは、基礎代謝アップ&痩せやすい体作りには欠かせないということ!

それに、五大栄養素がバランス良く摂取できていないと、ダイエットだけでなく健康・美容に関してもデメリットを与えてしまいます。

 

そこで、手軽に栄養バランスを整えることができるのが"グリーンスムージー"なんです。

日頃から積極的にグリーンスムージーを飲んで、さらに食生活の乱れを改善することができれば、食べても太りにくい痩せやすい体へと変わってくれます。

グリーンスムージーの最大の魅力といえば、ドリンク感覚で豊富な野菜や果物を摂取できるところですよね!

もちろん、野菜や果物を食べることも大切ですが、それを毎日続けるのって結構大変なんですよね・・・。

 

グリーンスムージーの効果・効能②『便秘解消』

便秘

 

グリーンスムージーには、非常に豊富な"食物繊維"が含まれています。

そして、この豊富な食物繊維の働きによって、腸内環境のバランスを整えて便秘解消のサポートをしてくれます!

グリーンスムージーは2種類の食物繊維が含まれており、この2種類の食物繊維をバランス良く摂取することこそが、より効率良く便秘を解消するためには欠かせないんです!

 

不溶性食物繊維・水溶性食物繊維

✓不溶性食物繊維

  • 水分を吸収して大きく膨らむ特性がある。この特性によって便のかさを増して腸を刺激することで、腸の運動を良くしてくれる。

✓水溶性食物繊維

  • 善玉菌の餌となり腸内環境を改善してくれる。水に溶けやすくゲル化する働きがあるため、それによって便を柔らかくしてスムーズに排出してくれる。

 

そもそも、不溶性食物繊維は野菜に多く含まれており、一方の水溶性食物繊維は果物に多く含まれています。

つまり、野菜と果物から作られるグリーンスムージーは、この2種類の食物繊維をバランス良く配合しているということ!

さらに、グリーンスムージーには酵素もたっぷり含まれているため、それによっても体内のデトックス効果を期待できます。

 

関連記事

デトックススープの3つの効果が凄すぎる!?

2017.01.14

デトックスウォーターは本当に効果がある?実は超危険!?

2015.07.14

 

グリーンスムージーの効果・効能③『美容の維持』

ニキビ

 

シワ、シミ、たるみ、くすみ・・・。

これらの肌トラブルといえば、特に女性は絶対に避けたい老化現象ですよね。

そもそも、こういった老化現象というのは、体内で"活性酸素"が増えすぎてしまうことが大きな原因とされています。

しかも、活性酸素が増えすぎてしまうと、生活習慣病やガンなど様々な病気を引き起こすことも・・・。

 

グリーンスムージーはたっぷりの野菜や果物を使用して作るため、ビタミンC・ビタミンAなどの"抗酸化作用を持つ栄養素"が多く含まれています。

活性酸素を上手く除去するためには、抗酸化作用のある食材を積極的に摂取することが非常に大切!

特に野菜や果物の皮の部分には、"ファイトケミカル"という抗酸化作用を持つ栄養素が豊富に含まれています。

グリーンスムージーなら、普段は捨ててしまう皮の部分も美味しく摂取することができますね♪

 

食材

 

それに、グリーンスムージーは生の野菜や果物を使用するため、加熱処理などによって栄養素が減ってしまう心配もありません。

さらに、複数の食材を一度に摂取できるというのも、より効率的な美肌・アンチエイジング効果を期待するためには大切なポイント!

他にも活性酸素を除去してくれる食品は多くあり、その中でも特に"ルイボスティー"は非常に大きな注目を集めています!

 

関連記事

ルイボスティーの4つの効能・効果が凄すぎる!?

2015.05.20

 

グリーンスムージーの効果・効能④『健康の維持』

ニオイ2

 

栄養バランスの改善・便秘解消・活性酸素の除去など、グリーンスムージーには健康に嬉しい様々な効果を期待することができます。

特に活性酸素が体内で増えすぎてしまうと、がん・認知症・糖尿病など様々な病気を引き起こしてしまう大きな原因に。

なんと、"病気の約90%は体内で活性酸素が増えすぎることで起こる"とも言われているんです!

いつまでも若々しい美肌を保つためだけでなく、健康で長く行き続けるためにも、積極的に活性酸素を除去するということは欠かせません!

その他にもグリーンスムージーには、免疫力アップ・血液をサラサラにする効果など、私たちに嬉しい効果を期待させてくれます。

 

グリーンスムージーダイエットのやり方4選

 

グリーンスムージーダイエットのやり方①『グリーンスムージーを飲む量』

コップ

 

まず1つ目のポイントは、"1日にグリーンスムージーをどれくらい飲むのか"ということ。

グリーンスムージーダイエットでは、特に決まった量を飲まなければいけないというルールはありません。

基本的にはあなたが飲みたい時に飲んでOKなのですが、できれば"1日500ml~1L"の量のグリーンスムージーを飲むのがおすすめ!

例えば、置き換えダイエットとして、朝食代わりにグリーンスムージーを飲むようにすれば、より効率的なダイエット効果を期待することができます!

さらにグリーンスムージーを噛みながら飲むと、より腹持ちが良くなり満腹感を得られますよ。

 

グリーンスムージーダイエットのやり方②『グリーンスムージーを飲む時間帯』

時間

 

そして2つ目のポイントは、"グリーンスムージーをいつ飲むのか"ということ。

グリーンスムージーダイエットは、朝食代わりにグリーンスムージーを飲むのが基本!

お腹に何も入っていない朝の時間に飲むことで、より効率良くグリーンスムージーに含まれる栄養素を摂り入れることができます。

グリーンスムージーはドリンク感覚で豊富な野菜や果物を摂取できるため、いつも朝はお腹が空かないという人にもおすすめですね!

それに通勤や通学で忙しい朝の時間でも、手軽に飲めるというのもグリーンスムージーの魅力の1つ!

 

ぴよこ

朝食をしっかり食べたい人はどうするピヨ?

 

体を動かす仕事やスポーツを行う方は、朝食にグリーンスムージーだけだと物足りないという人もいるかもしれませんね。

その場合は、小腹が空いた時にグリーンスムージーを飲むようにしてみてください!

例えば、小腹が空きやすい午後3時頃に、スナック菓子や甘いお菓子を食べるよりも、グリーンスムージーを飲んで豊富な栄養素を摂取する方がおすすめです。

 

グリーンスムージーダイエットのやり方③『グリーンスムージーに使用する食材』

食材2

 

そして3つ目のポイントは、"グリーンスムージーにどんな食材を使用するか"ということ。

グリーンスムージーは使用する食材によって、含まれる栄養素や期待できる効果が大きく変わってきます!

中には、グリーンスムージーと相性の悪い食材もあるため、事前にしっかりチェックしておきましょう!

 

【目的別】おすすめの食材

✓ダイエット目的

  • バナナ
  • りんご
  • グレープフルーツ
  • 小松菜

✓美容目的

  • ミニトマト
  • ラズベリー
  • 赤パプリカ
  • ブルーベリー
  • プルーン
  • いちじく

✓便秘解消目的

  • ほうれん草
  • 小松菜
  • アボカド

✓健康目的

  • マンゴー
  • にんじん(※)
  • バナナ
  • グレープフルーツ
  • しょうが

 

グリーンスムージーは、あなたの目的に合わせて食材を変えられるのが魅力的です。

しかし、一度にたくさんの食材を使用せず、シンプルなグリーンスムージーを作るように意識しましょう!

毎日同じグリーンスムージーを飲むよりも、毎回使う食材を変えて作った方が、栄養バランスも良くなり味にも飽きづらくなります。

野菜と果物を使用する比率は、野菜:果物=6:4くらいがおすすめです。

 

避けるべき食材
  • じゃがいも
  • さつまいも
  • かぼちゃ
  • とうもろこし
  • なす
  • キャベツ
  • カリフラワー
  • オクラ
  • ズッキーニ
  • さやえんどう
  • にんじん

 

上記のような"でんぷん質を多く含む食材"は、グリーンスムージーと相性が悪いためおすすめしません。

特にでんぷん質は柑橘系の果物と相性が悪く、腸内でガスが発生しやすくなったり、お腹が張って腹痛などを起こしてしまうことも。

お腹が張るとポッコリお腹になってしまい、むしろダイエットに悪い影響を与えてしまいます。

 

関連記事

超簡単!お腹痩せに効くダイエット方法10選

2017.02.09

 

グリーンスムージーダイエットのやり方④『グリーンスムージーを継続的に飲む』

グリーンスムージー

 

グリーンスムージーは薬やサプリではなく、あくまでも野菜や果物から作られたドリンクです。

ですので、グリーンスムージーダイエットの効果を確実に実感したいのなら、"継続的にグリーンスムージーを飲み続ける"ことが必須です!

いくら栄養が豊富だとしても、1回くらい飲んだだけではあまり効果は期待できません。

 

まとめ

 

グリーンスムージーダイエットは、美味しく楽しく痩せることができるダイエット方法です!

しかし、確実にダイエット効果を実感するためには、とにかくグリーンスムージーを飲み続けることが大切!

グリーンスムージーを毎回手作りするのが面倒くさいという場合は、"粉末状のグリーンスムージー"を選ぶのがおすすめです!

 

前のページ

コールドプレスジュースの5つの効果!正しい飲み方とは?

2017.02.28

次のページ

【徹底検証】フルーツ青汁は痩せない?効果がない?

2017.02.18