全然痩せない!食べてないのに太る7つの原因とは?

 

美子さん
食べてないのに体重が減らない!むしろ体重が増えたし太ったよ!

 

ダイエットに成功するためには、バランスの良い食生活を意識して、余分なカロリーを摂取しないということが大切です。

しかし、あまり食事を摂っていないのに、何故か一向に痩せる気配がなく、むしろ以前よりも太ったと感じている方は多いようです。

そこで今回は、食べてないのに太る・痩せない原因と理由についてまとめました。

 

食べてないのに太る・痩せない7つの原因

 

ネット上の口コミやツイッターなどを見てみても、『食べてないのに全然痩せない!』といった書き込みをされている方は非常に多いです。

しかも、ほとんどの方がその原因や理由を分かっていないようで、かなり悩まされているみたいですね。

そこで以下では、食べてないのに太る・痩せない原因に加えて、その改善策についてもご紹介します。

 

1.実は食べ過ぎている

 

美子さん
なんで“食べてない”のに痩せないの?

 

このように多くの方は言いますが、そもそも、『食べてないのに太る』というのは普通はあり得ないことです。

もしかすると、当の本人は気付いていないだけで、実は意外と余分なカロリーを摂取し過ぎているのかもしれません。

例えば、普段から甘い物やスナック菓子、菓子パン、インスタント食品ばかり食べていると、知らず知らずのうちにカロリーを過剰に摂取してしまいます。

こういった食品はカロリーが異常に高い上に、いくら食べても満足感を得ることができず、たとえお腹が満たされたとしても、すぐに空腹を感じてしまいます。

 

日頃から食事の代わりに菓子パンやインスタント食品で済ましているという方は、もう一度しっかりとした食生活を意識してみましょう。

特に早く痩せたいと強く思っている方は、毎日の食事をしっかり摂るということに抵抗があるかもしれません。

しかし、『ご飯+おかず+味噌汁+サラダ』といった、バランスの良い食事というのは、意外と少量でも満足感を得やすいんです。

ダイエットの基本はバランスの良い食事ですので、まずは今までの食生活を見つめ直すことが解決に繋がるかもしれません。

 

2.基礎代謝が落ちている

 

ダイエットに成功するためには、1日の消費カロリーが摂取カロリーを上回る必要があるってよく言われてますよね。

まさに、これこそが痩せる仕組みであり、消費カロリーと摂取カロリーのバランスコントロールがダイエットの全てと言っても過言ではありません。

そして、1日の消費カロリーの約7割を占めているのが『基礎代謝』なんです。

 

基礎代謝とは?

『呼吸をする』『心臓を動かす』『体温を保つ』など、私たちの生命維持に必要なエネルギーのこと。

 

つまり、基礎代謝が高い人は勝手にカロリーがどんどん消費されるため、いくら食べても太りにくい体質になりやすいんです。

しかし、基礎代謝が低い人はカロリーが消費されにくいため、たとえ食事をあまり食べていなくても太りやすい体質になってしまいます。

特に過度な食事制限によるダイエットを行なったことがある方は、脂肪と同時に筋肉まで落ちてしまうため、それによって基礎代謝が落ちてしまった可能性があります。

基礎代謝は体内の筋肉量によって大きく左右されますので、日頃から運動をしっかり行うことが重要です。

 

3.睡眠不足

 

睡眠不足は食欲を増進させるホルモンの分泌を促してしまい、さらに食欲を抑えるホルモンの分泌を抑制してしまいます。

つまり、普段から睡眠不足の方は、無駄な食欲を感じやすい負のループに陥っているかも。

それに、睡眠不足は健康や美容にも悪い影響を与えますので、毎日ぐっすり眠るように心がけましょう。

 

4.スマホ・パソコンの使い過ぎ

 

普段からスマホやパソコンを使う機会が多いという方は、それこそが食べてないのに太ってしまう原因かも。

最近では『スマホ太り』という言葉もあるほど、スマホやパソコンの使いすぎが原因で太ってしまう方が急増しているんです。

思い返してみると、スマホやパソコンを使っている時って以下のような状態になっていませんか?

 

  • 長時間同じ姿勢を続けている
  • 猫背になっている
  • 腹筋や背筋を使っていない
  • 首や肩が前に出ている

 

長時間同じ姿勢を続けていたり、猫背など姿勢が悪くなっていると、使うべき筋肉が全く使われないという状態になってしまいます。

筋肉を使っていない状態が続いてしまうと、これもまた基礎代謝が低下してしまう原因になります。

 

さらに、スマホやパソコンを長時間使用していると悪い姿勢が習慣となってしまい、それによって慢性的な肩こりや首こりを引き起こしてしまうことも。

こうなってしまうと、日々の健康や美容にも悪い影響を与えてしまいます。

思い当たる節がある方は、もう一度スマホやパソコンとの向き合い方を見直してみましょう。

 

5.ストレスの溜めすぎ

 

美子さん
もうムカつく!こうなったら爆食いしてストレス解消してやる!

 

あなたもこんな経験がありませんか?

実はストレスとダイエットには、非常に深い関係があるんです。

 

私たちは強いストレスを受けると、『コルチゾール』というホルモンの分泌量が増えます。

なんと、このコルチゾールには体重を増やしてしまう働きがあるのだそう。

つまり、日頃からストレスを受ける機会が多い人は、コルチゾールの過剰分泌によって太りやすい体質になってしまっているかも。

 

ストレスを減らすためには?

  • 質の良い睡眠をとる
  • バランスの良い食事を摂る
  • 適度な運動を行う
  • 趣味に没頭する

 

特に好きなスポーツを行うというのは、ストレス解消と同時に運動不足の解消にも繋がるためおすすめです。

どうしても運動が苦手という方は、とにかくあなたの好きなことを思い切り楽しんでみてください。

正直、ダイエットよりも溜まったストレスを解消する方がよっぽど大切ですので、思い切って美味しい食事を食べるというのも良いですよ♪

 

6.太りやすく痩せにくい体質になっている

 

食べてないのに太るということは、そもそも『太りやすく痩せにくい体質』になってしまっているのかもしれません。

太りやすい体質になる原因は様々ありますが、特に女性に多いのが冷え性や低体温による影響です。

女性は男性よりも筋肉量が少ないため、それによって体の冷えを引き起こしてしまう方は非常に多いです。

そして、特にダイエット中の方に多いのですが、なるべくヘルシーな食事を摂ろうとして、生野菜ばかり食べているという人も体の冷えを招く原因になります。

 

体の冷えを解消する方法

  • 適度な運動を行う
  • 毎日しっかり湯船に浸かる
  • 生野菜だけでなく温野菜も食べる
  • 朝食をしっかり食べる

 

7.腸内環境の悪化

 

腸内環境のバランスが乱れてしまうことによっても、太りやすく痩せにくい体質を招く原因になります。

腸の働きが低下してしまうと、これもまた基礎代謝が落ちてしまう原因になるんです。

それに、腸内細菌の中には『ファーミキューテス』という菌が存在します。

ファーミキューテス菌は通称『デブ菌』と呼ばれており、消化されたものを吸収し体内に溜め込んでしまう働きがあります。

 

腸内のファーミキューテス菌の割合は人によって異なり、日頃から糖質や脂質を過剰に摂取している人は増えてしまうのだそう。

とある研究結果によると、太っている人の腸内細菌を痩せている人に移植したところ、痩せている人が急激に太りだしたというデータもあるとのこと。

それほど腸内細菌による影響は大きいですので、思い当たる節がある方は大豆製品を積極的に食べるようにしましょう。

納豆や豆腐などの大豆製品には、ファーミキューテス菌を減らす効果が期待できると言われています。

 

まとめ

 

あなたに当てはまる原因は見つかったでしょうか?

健康的に痩せるためには、まずは生活習慣を整えることが大切です。

努力した分だけしっかり痩せるためにも、ストレスのない生活を心がけてくださいね♪