【保存版】妊娠初期の下痢の原因と対処法まとめ

 

このページでは、"妊娠初期の下痢の原因と対処法"について詳しくご紹介しています。

妊娠初期は様々な症状が起こりやすい時期ですので、特に妊婦さんや周りに妊娠中の方がいる場合は、ぜひこのページを参考にしてみてください。

 

目次

 

  1. 妊娠初期の下痢の原因とは?
  2. 妊娠初期の下痢の対処法

 

1. 妊娠初期の下痢の原因とは?

 

昔から"下痢は流産を引き起こす"と言われてきたほど、妊娠初期の下痢は非常に危険な症状として扱われてきました。

今は"下痢と流産に直接的な関係はない"とされていますが、どちらにしても妊娠中の下痢の症状には注意しなければいけません。

そこで以下では、"妊娠初期の下痢の原因"について見ていきましょう。

 

1-1. ホルモンバランスの乱れ

 

妊娠初期は"ホルモンの分泌"が非常に不安定な時期ですので、それによって下痢の症状を引き起こしてしまうケースは少なくありません。

そもそも、妊娠初期はホルモンバランスが最も大きく変化する時期ですので、他にもあなたの心身に様々な症状を招いてしまいます。

 

1-2. 自律神経の乱れ

 

前項でもお伝えしましたが、妊娠初期はホルモンバランスが乱れやすい時期のため、それによって下痢などの様々な症状を引き起こしてしまいます。

そして、ホルモンバランスの乱れは"自律神経のバランス"を崩してしまうため、この自律神経の乱れによっても下痢を引き起こしてしまう大きな原因になります。

自律神経とは、私たちが生きていく上で欠かせない生命活動を自動的に行ってくれている機能ですので、そのバランスが崩れてしまうと心身に様々な影響を及ぼしてしまいます。

 

1-3. 冷え

 

妊娠初期の下痢の症状は、身体の"冷え"によっても引き起こしてしまいます。

妊娠中は運動不足によって身体の冷えを引き起こしたり、将来の不安やストレスによって自律神経のバランスが乱れてしまうことでも冷えを招いてしまいます。

他にも、妊娠中は様々な原因によって冷えを引き起こしてしまいますので、妊娠初期の女性は常に身体を冷やさないように心がけましょう。

 

1-4. 食生活の乱れ

 

妊娠初期の下痢の症状は、日頃の"食生活の乱れ"によっても引き起こしてしまいます。

あなたは日頃から規則正しい食生活を心がけているでしょうか?

特に妊娠初期は"味覚の変化""食に対する好み"が大きく変わりやすいため、急に酸っぱいものや脂っこいものが無性に食べたくなることが多くなります。

さらに、冷たいものが食べたくなったり、いくら食べてもお腹が満たされないといったケースも少なくないため、これらの食生活の乱れによって下痢の症状を悪化させてしまいます。

 

1-5. "つわり"による影響

 

食生活の乱れと同じく、妊娠初期は"つわり"によって下痢の症状を引き起こしてしまうケースも少なくありません。

中には、つわりの影響で"匂い"に敏感になってしまい、それによって食事がなかなか摂れなくなってしまったり、食欲がなく水分だけを摂るような生活になってしまう方もいます。

このような生活を続けていると"胃腸の働き"を悪くしてしまうため、それによっても下痢の症状を引き起こしてしまいます。

 

1-6. 便秘

 

妊娠初期はホルモンバランスの乱れが起こりやすいため、それによって"便秘"に悩まされてしまう妊婦さんは少なくありません。

中には、便秘によって下痢の症状を引き起こしてしまう方も多く、他にも便秘は"腹痛""出血"などの症状も招いてしまいます。

 

1-7. 感染性胃腸炎

 

下痢の症状だけでなく、他にも吐き気や嘔吐、腹痛などの症状がある場合は、もしかすると"感染性胃腸炎"の可能性があります。

感染性胃腸炎は体内にウイルスが侵入することで発症してしまい、お腹の中の大切な赤ちゃんにも悪い影響を与える可能性があります。

 

2. 妊娠初期の下痢の対処法

 

以下では、"妊娠初期の下痢の対処法"について見ていきましょう。

あなたの身体とお腹の中の大切な赤ちゃんを守るためには、事前に正しい対処法を知っておく必要があります。

 

2-1. 食生活を整える

 

妊娠初期の下痢の症状は主に食生活の乱れによって起こる場合が多いですので、まずは日々の"食生活を整える"ことから始めましょう。

先程もお伝えしましたが、妊娠初期は"味覚""食に対する好み"が大きく変わりやすい時期であり、人によって食欲が止まらなくなってしまったり、逆に食欲がなくなったりすることもあります。

他にも、妊娠初期は心身に様々な変化が訪れますので、そういった変化に対応しながら、毎日の生活を規則正しく送りたいですね。

 

2-2. 身体を冷やさない

 

妊娠中は運動不足や日々のストレスなどの原因によって、身体が"冷えやすい状態"になっています。

身体の冷えは下痢の症状を引き起こすだけでなく、他にも様々な身体の不調を招いてしまいますので、常日頃から身体を冷やさないように対策しましょう。

 

妊娠中の冷え対策

  • 湯船にゆっくり浸かる
  • 適度に身体を動かす
  • 身体を温める食べ物を食べる
  • 服装を工夫する
  • 水分を摂り過ぎない
  • エアコンの温度設定に注意する
  • ストレスを溜め込まない

 

2-3. ストレスを溜め込まない

 

先程もお伝えしましたが、日々の生活の中で"ストレス"を溜め込んでしまうと、それによっても身体の冷えを招いてしまいます。

特に妊娠初期はお腹の中の赤ちゃんを守ることを考え過ぎてしまったり、将来に対する不安や心配などによってストレスを感じることが多くなります。

しかし、ストレスの溜め過ぎは心身に様々な不調を招いてしまいますので、日頃から適度にストレスを発散するようにしたいですね。

 

妊娠中のストレス発散方法

  • 友達と話す
  • 甘いものを食べる
  • 好きな音楽を聴く
  • 思いっきり泣く
  • 散歩をする

 

2-4. 睡眠の質を高める

 

妊娠初期の下痢の症状を早く治したいという方は、毎日の"睡眠の質"を高めるように工夫しましょう。

日々の睡眠は心身の"メンテナンス"のような役割りがあり、毎日ぐっすりと眠ることができると効率的に疲労とストレスを解消してくれます。

 

妊娠中の睡眠の質を高める方法

  • 早起きを心がける
  • 寝る前に湯船にゆっくり浸かる
  • 食生活を整える
  • 日中に適度に身体を動かす
  • 寝室を最適な温度に設定する
  • 寝る前にパソコンやスマホを見ない

 

2-5. 免疫力を高める

 

先程もお伝えしましたが、妊娠初期の下痢の症状は"感染性胃腸炎"によって引き起こされる場合もあります。

特に妊娠中は免疫力が低下しやすいと言われていますので、他にも様々なウイルスに感染しないためにも、日頃から"免疫力を高める生活"を心がけましょう。

 

妊娠中の免疫力を高める方法

  • 適度に身体を動かす
  • 睡眠の質を高める
  • ストレスを溜め込まない
  • 乳酸菌を多く含む食べ物を食べる
  • 身体を冷やさない
  • 食物繊維を摂る

 

まとめ

 

このページでは、妊娠初期の下痢の原因と対処法について詳しくご紹介してきました。

特に妊娠初期は様々な症状が起こりやすい時期ですので、他にも"出血""腹痛"などの症状を招いてしまうケースも少なくありません。

現在、妊娠をされている女性は以下の関連記事も併せてご覧くださいね。

 

前のページ:【保存版】妊娠初期に起こりやすい15の症状まとめ

次のページ:【保存版】妊娠初期の出血の原因と対処法まとめ