妊婦さん必見!妊娠中期に絶対にやってはいけない8つのこと

 

このページでは、妊婦さんが"妊娠中期に絶対にやってはいけないこと"について詳しくご紹介しています。

今まさに妊娠中期の妊婦さんはもちろん、これから妊娠中期を迎える方や妊活中の方は、ぜひこのページを参考にしてください。

 

1. 妊娠中期に絶対にやってはいけない8つのこと

 

妊娠中期といえば、妊娠中の妊婦さんが体調面&精神面ともに安定した状態で落ち着いて過ごすことができる時期と言われています。

しかし、あなたのお腹の中には大切な命を授かっているのですから、いくら落ち着いて過ごせると言われていても、中には"やってはいけないこと"がいくつかあります。

あなたのお腹の中の大切な赤ちゃんを守るためにも、以下でご紹介する"8つ"のことを心がけて生活しましょう。

 

1-1. 食生活の乱れ

 

これは妊娠中期だけに限ったことではありませんが、妊娠中の妊婦さんは"食生活の乱れ"にとにかく気を付けて生活するようにしてください。

お腹の中の大切な赤ちゃんの身体は、あなたが日々の食生活の中で食べているものから作られています。

そのため、あなたの日々の食生活が乱れていると、それがお腹の中の赤ちゃんにも大きく影響してしまいます。

大切な赤ちゃんを安全に出産するためにも、毎日の食生活をバランス良く摂取することを忘れないようにしましょう。

 

◆ 妊娠中期の食生活のポイント

 

妊娠中期の食生活のポイント

  • 栄養バランスを整える
  • 1日3食をしっかり摂る
  • 塩分を控える
  • 油を控える
  • 甘いものを食べ過ぎない
  • 鉄分をしっかり摂る ⇐ 重要!
  • カルシウムをしっかり摂る ⇐ 重要!
  • 葉酸をしっかり摂る ⇐ 重要!

 

お腹の中の大切な赤ちゃんの成長を妨げないためにも、妊娠中は"1日3食の食事"をしっかり摂るように心がけましょう。

特に妊娠中は"鉄分・カルシウム・葉酸"などの栄養素が不足がちですので、サプリなどを上手く使って栄養バランスを整えるようにしましょう。

 

1-2. 運動不足

 

先程もお伝えしましたが、妊娠中は体調面&精神面ともに"落ち着いて生活できる時期"と言われています。

ですので、妊娠中の"運動不足"を予防&解消するためにも、日々の生活の中で積極的に"適度な運動"を行うようにしましょう。

妊娠中に運動不足になってしまうと"妊娠中毒症"を引き起こしてしまったり、いざ出産をするとなった時に"体力"がもたなくなってしまいます。

特に日頃から運動不足を感じている方は、以下でご紹介する"妊婦さんにおすすめの運動"を参考にしてみてください。

 

◆ 妊婦さんにおすすめの運動

 

妊婦さんにおすすめの運動

  • 散歩
  • ウォーキング
  • ストレッチ
  • スイミング
  • スクワット
  • マタニティヨガ
  • マタニティビクス
  • マタニティピラティス

 

妊娠中期は落ち着いて過ごせるとは言え、無理をして運動を行ったり、過度に運動を行ってしまうと、お腹の中の大切な赤ちゃんにも悪い影響を与えてしまいます。

より効率的に妊娠中の運動不足を解消するためにも、とにかく"適度な運動"を意識して行いましょう。

 

1-3. 激しい運動

 

先程もお伝えしましたが、妊娠中に運動不足になってしまうと母子ともに様々なデメリットを引き起こしてしまうため、日々の生活の中で積極的に"適度な運動"を行うことが大切です。

しかし、妊娠中はあくまでも"適度な運動"を意識することが大切ですので、逆に"激しい運動"を行ってしまうと、こちらも母子ともに大きな負担を掛けてしまいます。

 

◆ 妊娠中に避けるべき運動

 

妊娠中に避けるべき運動

 

上下に激しく飛び跳ねる運動

  • 縄跳び
  • バレーボール
  • トランポリン
  • ジョギング

 

身体をひねる運動

  • テニス
  • ゴルフ
  • 卓球

 

転倒や衝突を伴う運動

  • バレーボール
  • バスケットボール
  • サッカー
  • ボルダリング

 

特にバレーボールやバスケットボール、サッカーなどの運動は、お腹の中の赤ちゃんに大きな負担と衝突を与えてしまう原因になります。

これらのスポーツが好きな人には辛いかもしれませんが、大切な赤ちゃんを安全に出産するためにも妊娠中は控えるようにしましょう。

 

1-4. 睡眠不足

 

お腹の中の大切な赤ちゃんの成長を妨げないためにも、日々の生活の中で"睡眠不足"にならないように注意しましょう。

よく"妊娠すると眠くなる"と言われていますが、実は睡眠中はお腹の中の赤ちゃんに栄養を送る機能が活発になるため、それによって妊娠中に眠気を感じる妊婦さんが多いと言われているんです。

つまり、妊娠中に睡眠不足になってしまうと赤ちゃんに効率良く栄養を送ることができなくなってしまうため、妊娠中の睡眠不足は絶対に避けましょう。

 

◆ 睡眠の質を高める方法とは?

 

睡眠の質を高める方法

  • 寝る前に湯船にゆっくり浸かる
  • 寝る前のスマホ・パソコンの使用を控える
  • 寝室の温度を調整する
  • 日中に適度な運動を行う
  • 日中に太陽の光を浴びる
  • 寝る前の飲食を控える
  • 寝る前の飲酒を控える

 

毎日の睡眠の質を高めるためには、上記のポイントを意識して生活することが非常に大切ですり

お腹の中の大切な赤ちゃんを安全に出産するためにも、ぜひ今日から始めてみてください。

 

1-5. 体を冷やす

 

こちらも妊娠中期だけに限ったことではありませんが、妊娠中の妊婦さんはとにかく"体を冷やさない"ことを意識して生活するようにしてください。

妊娠中の体の冷えは母子ともに様々な病気を引き起こす大きな原因になってしまい、中には"切迫流産・切迫早産"などを引き起こしてしまうケースもあります。

今現在、お腹の中に大切な赤ちゃんを授かっている妊娠中期の方はもちろん、妊娠初期や妊活中の方も常に体を冷やさないように心がけましょう。

 

◆ 妊娠中の冷え対策

 

妊娠中の冷え対策

  • 適度な運動を行う
  • 服装を見直す
  • 湯船にゆっくり浸かる
  • エアコンを上手く活用する
  • 体を温める食べ物を摂る

 

1-6. ストレスの溜め過ぎ

 

特に妊娠中は日々の生活の中で何かと"ストレス"を感じる瞬間が多いと思いますが、お腹の中の大切な赤ちゃんのためにも"ストレスを溜め過ぎない"ということを心がけましょう。

妊娠中にストレスを溜め過ぎてしまうと、体内の"ホルモンバランス""自律神経"のバランスを崩してしまうため、それによって母子ともに様々な病気を引き起こす可能性が高くなってしまいます。

 

◆ 妊娠中のストレス解消法

 

妊娠中のストレス解消法

  • 適度な運動を行う
  • 友達と食事を楽しむ
  • 美味しいものを食べる
  • 甘いものを食べる
  • 趣味に没頭する
  • 瞑想

 

先程もお伝えしましたが、特に妊娠中は様々なことに対して"ストレス"を感じてしまう時期です。

例えば、お腹の中の大切な赤ちゃんを守るために常に気を張っていないといけなかったり、これから産まれてくる赤ちゃんの子育てに対して不安を感じてしまうなど。

さらに、妊娠中はホルモンバランスや自律神経のバランスが乱れやすくなっているため、ちょっとしたことでイライラしてしまうことも多くなります。

日々の生活の中でストレスを溜めないようにするためにも、上記のストレス解消法を参考にしてみてください。

 

1-7. お酒・タバコ

 

中には、"お酒・タバコ"が大好きな妊婦さんも多いと思いますが、お腹の中の大切な赤ちゃんを安全に出産するためには、常日頃から"禁酒・禁煙"をしっかり守ることが大切です。

妊娠中の飲酒・喫煙は母子ともに悪影響を及ぼしてしまい、特に"妊娠中の喫煙は論外"と言われているほど、あなたの大切な赤ちゃんの病気のリスクを高めてしまいます。

 

◆ 妊娠中の飲酒・喫煙による胎児への悪影響

 

妊娠中の飲酒・喫煙による胎児への悪影響

  • 流産・死産の可能性が高まる
  • 先天異常の可能性が高まる
  • 成長障害の可能性が高まる

 

お腹の中の大切な赤ちゃんを安全にしっかり出産するためにも、妊娠中の飲酒や喫煙は絶対に控えるようにしましょう。

あなたの体はあなたが食べたもので作られているように、お腹の中の赤ちゃんはあなたの生活習慣によって非常に大きな影響を受けています。

 

1-8. 葉酸の摂取不足

 

お腹の中の大切な赤ちゃんを安全に出産するためには、日頃から"葉酸"を充分に摂取することが重要です。

葉酸といえば、特に妊活中や妊娠初期の女性に必要とされている栄養素の1つです。

しかし、葉酸は赤ちゃんの様々な病気や障害のリスクを下げる効果を期待できるため、妊活中や妊娠中の女性は常に葉酸不足にならないように注意しておきましょう。

 

◆ より効率的に葉酸を摂取するには?

 

葉酸を多く含む食材とは?
食材 1日400μgの葉酸を摂るには
枝豆 1袋(約140g)
アスパラガス 約10本
うなぎ 約15匹

 

葉酸は"アスパラガス・枝豆・うなぎ"などの食材に豊富に含まれているのですが、これらの食べ物を毎日しっかり食べるというのは大変なことです。

ですので、より効率的に葉酸を摂取したいという方は、日頃から"葉酸サプリ"を摂取することをおすすめします。

葉酸サプリは1日に"たった数粒"を摂取するだけで、葉酸の1日の摂取目安量を簡単に摂ることができます。

 

まとめ

 

このページでは、妊婦さんが"妊娠中期に絶対にやってはいけないこと"についてご紹介しました。

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんの安全を優先的に考えないといけませんので、今までの生活と比べて様々なことができなくなってしまう場合があります。

しかし、特に妊娠中のストレスは大切な命に悪影響を与えますので、ぜひこのページを参考にして日々の生活を快適に過ごすように心がけてください。