女性必見!妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)の原因と症状について

 

このページでは、"妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)の原因と症状"について詳しくご紹介しています。

妊娠中毒症は"別名『妊娠高血圧症候群』"と呼ばれており、妊婦さんの"10人に1人"の確率で発症する病気と言われています。

特に妊娠中の女性や妊活中の女性は、ぜひこのページを参考にしてみてください。

 

目次

 

  1. 妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)の主な症状とは?
  2. 妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)の主な原因とは?
  3. 妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)を予防&対策するためには?

 

1. 妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)の主な症状とは?

 

まずは、"妊娠中毒症の主な症状"について見ていきましょう。

妊娠中毒症は重症化してしまうと、母子ともに"命の危険"にさらされる可能性があります。

大切な赤ちゃんの命を守るためにも、今のうちから妊娠中毒症の症状をしっかり理解しておきましょう。

 

1-1. 妊娠中毒症の主な症状

妊娠中毒症の主な症状

  • 高血圧
  • 頭痛
  • めまい
  • むくみ
  • 急激な体重の増加
  • 蛋白尿
  • 子癇発作

 

妊娠中毒症は人によって様々な症状を引き起こしてしまいますが、その中でも特徴的な自覚症状と言われているのが"むくみ"です。

しかし、身体のむくみは日々の生活の中でも比較的起こりやすい症状ですので、自分自身で妊娠中毒症を見極めるのは非常に難しいです。

妊娠中はホルモンバランスや自律神経の乱れなどによって"免疫力"が低下していますので、妊娠中毒症に限らず、妊娠中に引き起こしやすい様々な病気を予防するためにも、定期的に"妊婦健診"を受けるように心がけましょう。

 

2. 妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)の主な原因とは?

 

以下では、"妊娠中毒症の主な原因"について見ていきましょう。

先程もお伝えしましたが、妊娠中毒症は母子ともに命の危険にさらされてしまう可能性のある非常に怖い病気です。

大切な赤ちゃんとあなたの身体を病気から守るためにも、妊娠中毒症の原因をしっかり理解しておきましょう。

 

2-1. 妊娠中毒症は"原因不明"の病気?

 

残念ながら、妊娠中毒症の"明確な原因"は分かっておらず、人によって様々な原因が考えられると言われています。

しかし、"妊娠中毒症を引き起こしやすい人の特徴"は公表されていますので、以下ではその特徴について詳しく見ていきましょう。

 

◆ 妊娠中毒症を引き起こしやすい人の特徴

妊娠中毒症を引き起こしやすい人の特徴
年齢 15歳以下,35歳以上
体型 肥満(BMI数値が25以上)
持病 高血圧,糖尿病,甲状腺機能障害,腎臓病
遺伝 母親が妊娠中毒症になったことがある
出産経験 初めての妊娠
その他の特徴 過去に妊娠中毒症になったことがある 多胎妊娠

 

特に妊娠中毒症は"急激に体重が増えた人"に起こりやすいと言われており、さらに日々の生活の中で"塩分を摂り過ぎている人"も注意するべきだと言われています。

妊娠を機に体重が急激に増加してしまう妊婦さんは非常に多くいますが、妊娠中毒症を予防するためには体重増加を"10kg以内"に抑えることが大切なのだそう。

 

3. 妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)を予防&対策するためには?

 

以下では、"妊娠中毒症を予防&対策する方法"について詳しく見ていきましょう。

先程もお伝えしましたが、妊娠中毒症は"明確な原因"が分かっていない病気のため、具体的な予防法や対策法がありません。

しかし、妊娠中毒症に限らず、妊娠中に起こりやすい様々な病気を未然に防ぐためには、以下でご紹介する"5つのポイント"が非常に重要になります。

 

3-1. 食生活を整える

 

先程もお伝えしましたが、妊娠中毒症は"急激に体重が増加した人""塩分を過剰に摂取している人"に起こりやすい病気と言われています。

つまり、妊娠中毒症を未然に防ぐためには、まずは毎日の"食生活"をしっかり整えることが大切です。

特に塩分の摂り過ぎは"血圧を上げる大きな原因"になりますので、食事をする時は塩分を控えることを心がけてください。

さらに、青魚などに含まれる"EPA"は血液をサラサラにする効果を期待できますので、日々の食生活の中でバランス良く摂取したいところです。

 

3-2. 適度な運動を行う

 

妊娠中毒症は"肥満体型"の人に発症しやすい病気と言われていますので、今の体型を整えるためにも"適度な運動"を行うように心がけましょう。

例えば、外の風を感じながら散歩をしたり、自宅で簡単な体操を行うなど。

適度な運動は"ストレス解消"に繋がりますので、ぜひ積極的に日々の生活の中に取り入れてみてください。

 

3-3. ストレスを溜めない

 

実は"ストレスと高血圧"は非常に深い関係があることをご存知でしたか?

日頃からストレスを感じやすい生活を送っている方は、そのストレスによって血圧が上昇しやすい状態になっています。

特に妊娠中は様々なことに対してストレスを感じやすいと思いますので、心の底からリラックスできるような"ストレス解消法"を最低でも1つは見つけておきましょう。

 

おすすめのストレス解消法

  • 適度な運動を行う
  • 睡眠不足を解消する
  • 美味しいものを食べる
  • 適度に甘いものを食べる
  • 趣味に没頭する
  • 湯船にゆっくり浸かる
  • 友達と食事を楽しむ

 

3-4. 定期的に妊婦健診を受ける

 

本格的に妊娠中毒症を予防&対策したいという方は、必ず"定期的に妊婦健診を受ける"ことを忘れないでください。

定期的な妊婦健診は妊娠中毒症の早期発見に繋がりますし、妊娠中毒症だけに限らず、他にも様々な病気の早期発見と改善に繋がります。

特に"身体のむくみ"などの症状に悩んでいる妊婦さんは、なるべく早く信頼できる医師の診察を受けるようにしましょう。

 

まとめ

 

このページでは、"妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)の原因と症状"についてご紹介しました。

妊娠中毒症に限らず、妊娠中は様々な病気を引き起こしやすい時期ですので、今のうちから病気を未然に防ぐことを意識して生活しましょう。

 

前のページ:確実に消す!超おすすめの妊娠線予防クリーム&オイル4選

次のページ:妊婦さん必見!妊娠中に超おすすめの食べ物&飲み物15選